「南無アッバ」を生きる ホーム » 南無アッバの集い&四谷講座 »講座:井上神父の言葉に出会うノート 第3回 2010-5-22

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

講座:井上神父の言葉に出会うノート 第3回 2010-5-22  

井上神学の体験主義・実践主義(2)
導入:この講座の経緯・・・・
講義といっても、「わたしが出会った井上師・・・・」、考えるきっかけ作り+分わかち合い

1.前回まで
 前回は『心』p.10、井上神父の聖書との出会いということから、井上神父の青年時代に経験した
ハンセン病院慰問での聖書体験

ルカ18章によるリヨンでの回心(1953年 26歳)
という、私見までお話ししました。

2.補足
今日はこのことから補足しますと、やはり(私見)なのですが、井上神父が『わが師』(2005年)
「福音書=イエスのまなざしによる回心物語」
という視点を持ったのも、ハンセン病院体験に遠因あるのではないか、
つまり、聖書を介し、
イエスを裏切った弟子の罪とゆるし体験

ハンセン病者から受けた井上の自己嫌悪とゆるし体験――心情的理解・体験的共感「病人」のゆるし
→イエスのまなざしを予感として準備(平田想像)
→井上神学における罪意識の萌芽
・・・・罪については、■「罪」と「ゆるし」の諸相で改めてまとめます。

テキスト『心――』に戻ります。
p12
3.■ヒルティを読む
就職難、三田『幸福論』
『眠られぬ夜』、当時はキリスト教抜きで、
ストア派エピクテトス、マルクス・アウレリウスに惹かれ、
実践的キリスト教「イエスの教えを実行せよ、納得したら信じよ」――実践的、その日に使えると思った。
しかし挫折、強くないとついていけない。-ヒルティの限界:ストア主義的キリスト教
p14
4.■聖書は実践指導書
井上『日本』引用⇒「ものを知る」ということの意味
知識で「~について」知っても、「ほんとうの意味でものを知る」ことにならない。
『日本』第1章「ことばといのち」
井上、言葉へのこだわり――いろいろな所に書いている
先のハンセン病院体験――聖書・イエスとの出会いのすぐ後に、次のように書いています。お読みします。『すべて』お持ちならp55にも引用
「ふつう私たちがものを知るのには、二通りの方法があります。概念、言葉によって知る場合と、体験によって知る場合です。たとえばスキー・・・・   
しかし概念や言葉だけでは、そのものについて知ることはできても、ほんとうの意味で、ものを知るということはできないと思います。」(選書版「日本」p.14 やはり傍点あり。)
「ついて知る」ことVS「を知る」の違い
以下、この章では「ことば」を巡ってあれこれ考察し、最後の方に、さっき『心』に引用した言葉が述べられている。
⇒これについては平田はさきの『すべて』p55で「罪がわかるとはどういうことか、をめぐって論じた。
私「浪花節的キリスト教」の所で引用した。
  └怒られると思ったが、前の「演歌」と同じ
――井上神父は、理性・個を重視する(理性知)西欧近代の危険性と体験重視(体験知)の日本の発想を見直すことを指摘。
もう少し、かいつまんで『日本』第1章追ってみよう。
さっきのスキーの話のあとに、
(p.15)旅-井上にとっての旅=一人自然と触れ合うこと-石ころ一つでも-飛鳥寺の橘寺(奈良県高市たけち郡明日香村、現在天台宗、聖徳太子誕生地と伝う。推古天皇開創606年-1864再興、太子建立-四天王寺・法隆寺・中宮寺など)七寺の一)へ
-(始めての短歌)-飛鳥へどう行くか-実践指導書=ガイドブック-(p17)新約聖書は
①私たちへの問いかけの書物-宿題-遠藤
②どうしたら永遠の生命に至れるかの実践指導書
-しかしガイドブック・理論書・言葉は本当の意味で教えることはできない。
ここで、ベルグソンという哲学者が出てきます。

5.ベルグソンの教え
ゼノンの逆理(パラドクス):8つ伝えられている。『時間と自由』第2章で論破。(岩波文庫、(1889年学位論文、新訳2001年)
エレアのゼノン=BC5Cギリシア自然哲学――自然を解釈・説明する哲学――者。政治活動で死?
主張「実在は感覚や経験を超えた不生不滅不変浮動の一者なり、変化も運動も存在しない」――師パルメニデス(エレア学派の粗)を弁護VS万物流転のヘラクレイトス思想と対立。
パラドクスの特徴:結論は「そんなばかな!」と思うが、論証過程は一見「なるほど」と思う点。
「運動のパラドクス」の一つ
他例:「飛んでいる矢は止まっている」
ある時間、ある場所にある矢は、わずかな時間に区切って見れば、わずかしか動かない。これをどんどん短くすれば、矢は動く時間がない。次の瞬間も同じ理由で留まる。

-アキレスと亀(10m/s 対 1cm/s)図示
←1/100s・・・亀←・・・・・・・・10s・・・・・・・・・アキレス
10秒後、1/100秒後・・・・
ベルクソンは、無限に分割できる空間とちがって分割できない運動を、静止した点の集りと見る間違いを指摘。「実在は常に持続し動いている」(日本p.18)――この「持続」キーワード
-スナップ写真は躍動しているバレリーナの実相を静止的にしかとらえられないp18-静止画像は運動そのものではない。

最近よく、ベルグソンも話す井上、金祝でも。
そこで、少しベルグソンについて、補足。
神父が最近書いたものでは、「風」76号2007年「漂流――「南無アッバ」まで(1)――」で、
「南無アッバの祈りの岸辺に流され着くまでに、アッバが私のために用意しておいてくださっていた、数多くの感謝の思いを捧げたい方々」として、6項目8人を上げている――ベルグソン、テレーズ、グレゴリオ・パラマス、ヨアヒム・エレミアス――その一人。「命の恩人」としてる。

category: 南無アッバの集い&四谷講座

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1697-e2fd5db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop