「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » ツイッター記事 »11/08のツイートまとめ

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

11/08のツイートまとめ  

yohaku5

ルカ17:1-6 罪を何度でもゆるすということ。【「ゆるしなさい。」「ゆるしたいけど ゆるせない」アッバが先にゆるせしことを  栄一】
11-08 13:01

ゆるし??なかなかできることではありません、アッバのお恵みがなければ。世の中には、歴史を見ても、なんでこんなことがゆるされるのか?!と思うことって、たくさんあります。
11-08 13:04

そういう思いの中には、神に代わって裁きたい、という欲望があることがわかります。世の中の不条理を、そのままなんでもほうっていていいというのではありません。
11-08 13:06

しかし、全能である神が、そうした悪をゆるしているというのは事実です、(たぶん悲しみながら。。。。)つまり、この世に起こったことは、やはり全能の神がゆるしてくださっているのです。
11-08 13:10

だからなんでもゆるされるという理屈じゃない。でも起こったことはゆるされている。。。。言葉で言うとどうどうめぐりになっちゃいますが、アッバの限りない憐れみを信じ、あやかりたいと思います。
11-08 13:13

@yukoMJ >自分を省みて縮こまります<でもそういう謙虚さを、アッバは受け入れてくださっています。
11-08 13:15

いまさらながらですが、最後の南無アッバミサで、400人からの参加者、それも高齢者多数で、3時間近く、よく具合の悪くなった人が出なかったなあと。。。。。
11-08 20:58

救護室、というような想像はつきませんでしたが、今ふりかえったら、当然、そういう配慮があってしかるべきだったのかもしれない。。。
11-08 21:00

それでも、ミサが無事に終わったのは、アッバのお計らいとしか思えません。今さっき、井上師から、引越しのことで電話があって、気がついたのでした。
11-08 21:08

category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1596-018f6ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。