「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »最後の「南無アッバミサ」と井上洋治神父の講話

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

最後の「南無アッバミサ」と井上洋治神父の講話  

編集したものを、改めてアップしました。
サイドバーの「風の家の声」からアクセスしてください。
WMA形式で、10~17mbです。

最後のミサ、ニコラバレ聖堂の香部屋にて、井上神父と平田
2010-10inoue-hirata_c.jpg

category: 井上神父の思い出

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 2

コメント

すばらしいミサでした

最終ミサでは、すてきな1日をありがとうございました。
ご準備下さった風の家スタッフの皆さまに心から御礼申し上げます。
ほんとうにご苦労様でした。

井上神父さまのお元気なお姿を拝見でき、うれしさでいっぱいでした。
神父さまのご本との出会いからの日々が、走馬灯のように脳裏を巡りました。
神父さまは、ほんとうにとてつもなく大きなお仕事を成し遂げられたのだなと、しみじみと思いました。
もちろん、現在でもそのご業績は高く評価されてはいるのだと思いますが、そのあまりのスケールの大きさに、評価がまだまだ十二分とはいえません。
しかしゆっくりと時間をかけゆけば、真に価値のあるものは、必ず後世が正しい評価をしてくれます。
このすばらしい宝もののメッセージを発信し続けるという重責を担われる、平田先生、山根先生に、僭越ですが心から応援申し上げます。

井上神父のテレーズへの熱い思いがひしひしと伝わるお話でした。
「委ねること」これこそが道徳とも哲学とも違う宗教の神髄のような気がします。
これを直感的に感じ取った天才がテレーズであり、神父さまは、幅広い古今東西の学識をもって、これを体系づけて下さったのだと思いました。
一方向に流れる人生という時の流れのなかで、どの瞬間においても、いつも希望の光を見失わず、次の一歩を踏み出すことができるように、イエスさまが私たちに下さった最高の福音が、この「委ねる」という心の持ち方なのでしょう。
イエスさまの時代から悠久の時を経て、確かにキリスト教はヨーロッパの輝かしい文化の中で、大きな体系を形造ってきました。
そして明治の世になりに日本に採り入れられたときには、「キリスト教徒はかくあるべき」という、すばらしいけれどもかなり厳しいイメージが前面に押し出されるようになっていたことも事実です。
もちろんそれも大切。
けれども、イエスさまが、人生の苦難に喘ぐ当時の民衆に対して、命がけで伝えたかったいちばん大切なメッセージは「慈しみ深い神を愛し、すべてを御手に委ねること」この1点に尽きるような気がします。
このメッセージを、私たち日本人に受け入れやすい言葉で表現して下さったのが、井上神父さまが生涯をかけてご到達された「南無アッバ」の祈りなのだと思います。
イエスさまのご意向を真正面から受け止め、大学生というお若い時期にこの壮大なテーマをご自分のライフワークとされたところにも、井上神父さまのご才能の非凡さが伺えます。
ほんとうにスケールが一桁も二桁も違います。

「人間ひとりひとりは、神さまがこころを込めてお作りになった作品である」
なんとすてきなメッセージでしょう。
神さまが監督の壮大な映画の、かけがえのない役割を、ひとりひとりが精一杯演じること、そしてどんなつらい役回りの場面の時も、ありがたく精一杯演じること、これがほんとうの人生の目的。
あくまで主役は神さま。
この境地に至った時、ふと肩の力が抜け、神父さまのお好きな「裏を見せ、表を見せて散るもみじ」の心に至ることができるのかもしれません。
そしてこの境地こそが、宗教や民族の違いを超えた、人生の目指す到達点なのでしょう。
井上神父さまの私たちへの最高のプレゼント「南無アッバの祈り」を、日々の暮らしのなかで唱えさせていただける幸せをしみじみと噛み締めています。
平田先生、山根先生はじめ風の家の皆さま、今後ともよろしくお願い申し上げます。

mitakaforest #XM8vAG0k | URL
2010/10/20 22:54 | edit

ありがとうございます

mitakaforest様、
たいへん御丁寧なコメント恐縮です。
改めて聞いてみますと、
このミサでの御講話は、「風の家」運動のポイントを、
わかりやすく話されており、
初めての方にも、よく伝わったのではないかと思います。

また、それを丁寧にお聞き下さった方も多く、
メモを取る姿があちこちで見受けられました。

心より感謝しますとともに、
今後とも皆様とともに、
「風に家」運動を盛り上げていけるよう、
努力していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

yohaku5 #oBO5MkqQ | URL
2010/10/21 10:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1571-8697bb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop