「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 『日本とイエスの顔』 »質問に答えて--神の業、人の業

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

質問に答えて--神の業、人の業  

さて、ご質問の件です。

>神の創造は今、現在もであって<

そういうことだと、井上師の文脈からいえましょう。
神が「今ささえて下さっていなければ」我ら滅びる。

>であるならば、最近のこの世界は言葉で言い表せないほど変な感じを受けるのですが<

こういうのを、神学では、神義論といいます。
神は正しいのに、なぜこの世に悪がはびこるか、ってことですね。

>神の意思というものがこの世界に生きる皆の行いの流れの結果<

それはちょっと違うように、私は思います。
イエスの説く「神の国」は、からし種のたとえのように、
人間が寝起きして、知らないうちに「ひとりでに」成長して行きますから。

つまり、今現在、私たちの目にはわからない不可解なことが多くとも、
「南無アッバ」の心で、
不安があっても「あなたにお任せします」と、
おゆだねする、
難しいことですが、
それが私たちの信仰のめざすところだと思います。

category: 『日本とイエスの顔』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1564-c842633e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。