「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »113-115 「アッバ」と呼びかけることの意味

113-115 「アッバ」と呼びかけることの意味  

主客をこえた空が、
神の息であることをどう体験し、
知ることができるかを示したところに、
イエスの教えの意味がある。

またそれを可能にすしたところに、
イエスの生涯の意味がある。

それはどのように可能か?

幼子の心に立ち返り、
アッバに信頼すること。

ただし、「アッバ」は、
概念言葉でなない、
むしろ、自他同時体験の叫び、
自分をあらしめる根源的「何か」への呼びかけである。
関連記事


category: 『日本とイエスの顔』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1557-2a760b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop