「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »日本人はキリスト者かもしれない 112-114

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

日本人はキリスト者かもしれない 112-114  

「言い過ぎでしょうか」と、但し書きしながらも、
井上神父は日本の精神史は、
「しらずしてイエスの説いた神の国、天の国、永遠の生命を求め続けてきていた」
という。
--------------
これは、キリスト教史においても、
画期的な発言だろう。

カール・ラーナーの「無(記)名のキリスト者」が想起される。

とすれば、日本人がキリスト信仰に入っていく時、
欧米に目を向けるのではなく、
むしろ、日本文化を十分に味わい直すこと、
その方が、イエスの教えに近づけるのだろう。

category: 『日本とイエスの顔』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 1

コメント

初めましてアリョージャと言います。

日本を称賛する外国人も多くいますが、あまり日本文化を美化して買い被らない方が良いと思います。
男社会の下世話な醜さも多々あります。
いきなりすみません。

アリョージャ #- | URL
2010/10/02 22:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1555-b6ce27d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop