「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »日本人はキリスト者かもしれない 112-114

日本人はキリスト者かもしれない 112-114  

「言い過ぎでしょうか」と、但し書きしながらも、
井上神父は日本の精神史は、
「しらずしてイエスの説いた神の国、天の国、永遠の生命を求め続けてきていた」
という。
--------------
これは、キリスト教史においても、
画期的な発言だろう。

カール・ラーナーの「無(記)名のキリスト者」が想起される。

とすれば、日本人がキリスト信仰に入っていく時、
欧米に目を向けるのではなく、
むしろ、日本文化を十分に味わい直すこと、
その方が、イエスの教えに近づけるのだろう。
関連記事


category: 『日本とイエスの顔』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 1

コメント

初めましてアリョージャと言います。

日本を称賛する外国人も多くいますが、あまり日本文化を美化して買い被らない方が良いと思います。
男社会の下世話な醜さも多々あります。
いきなりすみません。

アリョージャ #- | URL
2010/10/02 22:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1555-b6ce27d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop