「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »色即是空 111-112

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

色即是空 111-112  

般若心経の「色即是空、空即是色」
形あるものは形のない「空」によって成り立つ。
紙の表裏も然り

色即是空→万物の変化
空即是色→真の存在、真の実在と一体の空

小笠原長生の句が印象的

舎利子見よ 空即是色 花ざかり
---------------
今日の箇所は短いですが、
奥が深い。

人口に膾炙されている言葉ですが、
この言葉によって、
私たちの身の回りのものを眺めたとき、
不思議なリアリティがあります。

category: 『日本とイエスの顔』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1554-9f19b2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop