「南無アッバ」を生きる ホーム » 高校「倫理」キリスト教 »金持ちの男

金持ちの男  

まずは、カネの話が出てきたところで、それにまつわる第一の話――
               *
17)イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。」
18)イエスは言われた。「なぜ、わたしを『善い』と言うのか。神おひとりのほかに、善い者はだれもいない。
19)『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ。」
20)すると彼は、「先生、そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言った。
21)イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」
22)その人はこの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。
23)イエスは弟子たちを見回して言われた。「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。」
24)弟子たちはこの言葉を聞いて驚いた。イエスは更に言葉を続けられた。「子たちよ、神の国に入るのは、なんと難しいことか。
25)金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」
26)弟子たちはますます驚いて、「それでは、だれが救われるのだろうか」と互いに言った。
27)イエスは彼らを見つめて言われた。「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ。」(『マルコによる福音書』10章)
               *
「イエスが・・・・」という書き出しでわかると思いますが、この話は、『新約聖書』におさめられている「福音書」にある話です。
おカネにまつわる、有名な話なんですが、一般には25節の「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」っていうところだけが一人歩きして、こういうところから、「キリスト教ってきびしー!」ってよくいわれます。
う~ん、そうじゃない。いやそういう解釈も一つかもしれないけど、それだけじゃないんだよー!ってなことを、ちょっと言いたい気持ちもあって、この話を最初に選びました。
関連記事


category: 高校「倫理」キリスト教

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/153-83410612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop