「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »06/27のツイートまとめ

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

06/27のツイートまとめ  

yohaku5

ツイッターフォロー返し自動ツール、というのをインストールしたのですが、これは、いちいちIDパスワードを入れないと起動しないようです。
06-27 09:58

さて、話を、「しっくりいく」キリスト教ということに戻します。昨日、講座のために井上神父の書いたリジューのテレジアに関するエッセイを読んでいて、改めて感動しました。
06-27 10:26

まず①テレジアは、旧約聖書を「まともに」読んでいないということ。また、「幼子の道」を発見する大きなヒントになった「箴言」(旧約聖書中、「詩篇」の次の文書)の言葉、
06-27 10:30

それは、箴言9:4ですが、ここ、新共同訳ではどう訳しているかというと、「浅はかな者はだれでも立ち寄るがよい。」これが4節前半。 #namuabba
06-27 10:35

後半は、「知恵」(9:1)(これは神と考えていいと思いますが)は「意志の弱い者には」(9:4b)「わたしのパンを食べ、・・・・酒を飲むがよい」(9:5節) #namuabba
06-27 10:40

ただそれは、「浅はかさを捨て、命を得るために/分別の道を進むために」(9:6)といっているのですね。 #namuabba
06-27 10:43

つまり、旧約聖書では、まあ、常識的といっていいかな、「浅はかな者」を矯正するために、神が招いている、って文脈です。 #namuabba
06-27 10:46

原典は、そのようであってっても、テレジアの読んだのは、箴言の孫引きのようなもので、「小さき者、吾に来たれ」みたいに書かれていた。 #namuabba
06-27 14:04

テレジアが神の愛に身を捧ぐ 神への愛にあらずを知りぬ  今投稿したhttp://bible5.bbs.fc2.com/求道短歌です。この歌に、テレジアに対する私の驚きを、こめました。 #namuabba
06-27 16:23

つまり、こういうことになるんです。テレジアの時代は、まともに旧約が読めなかった。だからわずかな抜粋や誤訳?を通して知った箴言をヒントに、テレジアは自分の「小さな者」の道を、発見したってことです。 #namuabba
06-27 16:31

しかし、そういうことは、ほかにもあります。今度はプロテスタントの人にしかられるかもしれませんが、ルターが「信仰のみ」といったとき、 #namuabba
06-27 16:38

いや、そればかりか、パウロも、もしかしたら、イエスがいろいろ教えた中の、「信仰」の部分を、ぐーっと強調した、って言い方だってで着るかもしれない。 #namuabba
06-27 16:38

その「部分」の「強調」を、「歪曲」ととるか、ずばり「急所」をついたととるか、それは、学問世界のレベルでは、いろいろご意見もありましょう。 #namuabba
06-27 16:42

問題は、学問的正しさの追求ではなく、私たちが具体的に生きる、幸福に生きるためにはどうするか?ということ。 #namuabba
06-27 18:12

よく、「宗教は麻薬だ」という。今の事に関していえば、「じゃあ、幸福感が味わえれば、麻薬だって同じじゃないか」とこうくるわけです。 #namuabba
06-27 18:14

そこまでいわなくても、いわゆる「いわしの頭も信心」という受け取り方ですね。アヘンなら麻薬ですから、「体の健康」という、医学上の視点で、宗教と区別できます。しかし、 #namuabba
06-27 18:17

category: 『日本とイエスの顔』

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1501-d28c2127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop