「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(3) »

  

入学金は
あえて
子供に持参させる
体で知るべし
金銭感覚

関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 2

コメント

金銭感覚、大切なことですよね、、でも親からポンと耳を揃えて渡された高額なお金、これだけ得るまでの辛苦分かるかナァ・・、感覚といえば、時間感覚(?)がずれているらしい私、真夜中に正確に時を刻んでいるこの青色の時計にとても惹かれました。。。さてこれからお風呂、、マンション生活なんてとても出来ません。。。

マルコ #MI90ei/o | URL
2006/02/23 02:31 | edit

たしかに

たしかに、稼ぐ苦労は、苦学生でもないかぎり、社会に出ないとわからないのでしょうねー。
わたしなんかもそうだったしー。
とりあえず、無事に納めてきたみたいです。

ところで時間感覚の方。今も、呼び出した生徒が来ないので、電話口で怒ったところ。
不登校生徒はほとんどが生活の乱れ、夜更かしです。
こうした子供が増えていることと、日本社会が夜型になっていることとは、かなり相関関係があると思います。

栄一 #oBO5MkqQ | URL
2006/02/23 10:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/148-23ebbe29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop