「南無アッバ」を生きる ホーム » 『日本とイエスの顔』 »09/17のツイートまとめ

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

09/17のツイートまとめ  

yohaku5

『日本とイエスの顔』p.77-78 前項を受けて、古代ギリシア教父3名の事例--神が対象化し得ない、「無」としかとらえようのない方であることを、学ぶ。
09-17 18:17

すなわち、バジリウス(4C)は「根底」としての神、ニッサのグレゴリオはあらゆる概念の否定に立つ神として、そして偽ディオニシモは、「言語」「知解」を絶し、すべての対概念を超える「~に非ず」としか言いようのない神として、定立させる。
09-17 18:23

只今、来週の講座に向けて準備中。ツイッター井上本通読の学びは、講座の準備にも役立ちます。しかし、今週のお仕事はちょっとハードだったので、けっこうきつい。
09-17 21:13

category: 『日本とイエスの顔』

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1479-b21747a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop