「南無アッバ」を生きる ホーム » 井上神父の思い出 »東京教区・井上洋治神父の模索(下)

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

東京教区・井上洋治神父の模索(下)  

カトリック新聞 第4033号 20O9年12月20日付 3面記事
(この記事は、著作権者の許諾を得て転載しました。中央協著承第CS2010-1号)

インカルチュレーション(文化内受肉)とΓ風(プネウマ)の家」運動

東京教区の井上洋治神父(82)は、長年にわたって日本の文化的風土にキリスト教を定着させる「インカルチュレーシヨン(文化内受肉)」の問題に正面から取り組んできた。

前回は、1950年代のフランスで7年間修道生活を送った井上神父が、「日本人が真のキリスト者になれるとするなら、それは日本キリスト者になる以外にはない」と、カルメル修道会を退会し、帰国して東京教区の司祭に叙階されるまでの経攣を紹介。

今回は、井上神父が二十三年前から精力を傾けてきたインカルチュレーシヨンヘの取り組み「風(プネウマ)の家]運動について。

「日本に〝直輸入″された西欧キリスト教は、西欧の文化の中で開花したもので、長い年月をかけて西欧の人々の血と汗でつかんだもの」と井上神父は話す。

日本人としてそれを尊重しつつも、日本の文化的風土の中にイエスの福音を根付かせ、「日本キリスト教」として
″自分たちのもの″にしていく努力は不可欠なものと確信した井上神父は1986年、59歳の時、白柳誠一枢機卿(当時東京教区大司教)に、インカルチュレーンョンの問題に正面から取り組んでみたいという思いを打ち明けた。

そして白柳枢機卿の賛同を得て、東京教区のインカルチュレーション担当者となり、小教区から離れて、若者たちと「風の家」運動を開始した。

日本人の心に触れるイエスを

この運動は、「日本人の心琴線に触れる〝イエスの顔(キリスト教の在り方)〟を探しながら、一人でも多くの日本人にイエスの福音の喜びを伝えたい」という願いを込めた試みだ。

典礼なども、作家の友人たちを相手にする時は、自由に新しい試みを行うことも白柳枢機卿は許可してくれた。

井上神父はこれまでに、若者たちが自由に語り合う場を提供したり、機関誌『風(プネウマ)』を発行したりするなど、さまざまな取り組みを行ってきた。

また10年前から「南無(なむ)アッバ」のミサも始めた。

このミサは毎月1回、東京・千代田区六番町のニコラ・バレ修道院でささげられるが、信者でない人々(非信者)を含む百人以上が参加する。

キリスト教を知らない人にもミサを身近に感じてもらいたいと、「奉献文」以外のミサ式文の一部を「風の家」独自の言葉に置き換えてささげている。

例えば「アッバ、アッバ、南無アッバ」という祈りを挿入したり、聖霊を「おみ風様」という言葉で呼んだりする。

そしてミサの後は、西欧メダイの代わりに、「南無アッバ」と書かれた木製の札(ふだ)が入った、井上神父手作りの〝お守り〟を、信者、非信者を問わず希望者にプレゼントしている。

これもインカルチュレーションへの一つの試みだ。

<写真(略)>井上神父の霊性を理解する聖会神学院校長の広谷和文司祭と。

やさしい御父にすべてを委ねる

「南無アッバ」とは、井上神父がちょうど10年前、ふと思いついた言葉だ。
「南無」はサンスクリット語で、「すべてを委ねます」という意味。

そして「アッバ」は、ヘブライ語・アラム語で「お父ちゃん」だ。

神様への親しさと絶対的な信頼を込めて、「神であるお父ちゃんにすべてを委ねます」という祈りの言葉だ。

この霊性は、聖テレジアの霊性そのもので、イエスの教えの本質だと井上神父は強調する。

「病院の待合室で、『主の祈り』を唱えている間に、自分の名前が呼ばれて、途中で祈りが中断してしまうと、神様に申し訳ない気がします。

でも『アッバ、アッバ、南無アッバ』という短い祈りなら病床でもどこでも祈れます。

それに、日本人の心にピタッとくるでしょう?」

井上神父は、今までに数多くの著書を出版しているが、イエズス会のアルフォンス・デーケン神父からは「井上神父の本を読んで、教会を訪れる人は多いですよ」と、うれしい〝報告〟を受けたこともある。

長年、「イエスの人間的な魅力」を伝えようと、故・遠藤周作氏と共に努力してきたが、一方で「イエスを単なる人間だと思ってしまったらどうするのだ」という厳しい批判を何度も受けてきた。

今、井上神父はこう答える。
「とにもかくにも、キリスト教を知らない日本の人々に、イエスの魅力を伝えるのが(自分の)一番の使命。

まずは、キリスト教の本質を伝えたいのです。
人々がイエスを本当に神と思えるかどうかは、神様からの恵みによるものだと考えているからです」

キリスト教が日本に入ってきてまだ四百六十年に過ぎない。

まずは「日本キリスト者」の一歩として、井上神父は、一人一人がイエスの教えについて分かりにくいところは
″風呂敷に包ん″で、「いつか分かる時に教えてください」と神に委ね、分かる部分を自由に大きく広げていくことが大事だとアドバイスを送る。

そして井上神父は、「私の人生は、リジューの聖テレジアに始まり、聖テレジアに終わるのですね」と、神にすべてを委ねた聖女の霊性に感謝する言葉で締めくくった。(おわり)

category: 井上神父の思い出

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1456-4aa7d9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop