「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 平田栄一求道詩歌(2) »「短歌人」2010年1月号

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「短歌人」2010年1月号  

汚損した本は現物弁済と律儀に迫る図書館パート

娘がいればきっと美人に違いない女の話じっと聴いてる

去勢したタマを今日からミカちゃんと父は呼ぶなり万年床に

母と娘のカップル男女を凌ぎおり雨の月曜サンマルクカフェ

十二使徒の名を得意気に諳んじし友は京都の宮大工となる

眠られぬ夜には池田晶子がいい美人もすなるその哲学を

(小池光選)

category: 平田栄一求道詩歌(2)

thread: 短歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 3

コメント

日刊短歌より

日刊短歌の矢嶋博士様よりご批評いただきました。
心より、お礼申し上げます。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2010/02/03 20:42 | edit

ご返事遅れました

平田栄一さま

矢嶋博士です。めったにコメントと、いうものを、いただいたことありませんので、平田さまのコメントを今さっきに、気がつきました。 あの記事わたくし、気にいっておりますので。もう随分とまえのような気がしますが、1月17日でした。ここに、再掲お送ります。

日刊短歌  第61号 1月17日2010年   去勢したタマを=ミカちゃんと呼べ
: 2010/01/17 08:42

去勢したタマを今日からミカちゃんと父は呼ぶなり万年床に
平田栄一・短歌人1月号93ページ。

読めば読むほど笑いがこみ上げる。去勢というものは男(動物の=馬、犬、ネコ、ヒトの)の金玉=睾丸を抜く行為である。で……この歌の主人公は、名前からしてネコだろう。

タマ

がタマを抜かれた!という。ケッサク。このタマは牡♂であった←いまや過去形にしかよべぬ。ゆゑに今は、

ミカちゃん

と、呼ばれるまでに変わってしまった。ミカ!とはナニか?。美香、美佳、三花、実夏、美華……行きつけの飲み屋のホステスかはたまた初恋の女か。父といふ人が命名するゆゑはなんらかの必然あって然るべきに。
父といふ人のタマを抜けば牝♀雌になる、という認識=言語遣い、もたいしたものである。作者=子の取材力観察力報告力がまたたいしたものである。その認識=言語遣いは、

万年床に

あり、そこからミカちゃんと呼ぶ。父と子のむくつけし二人暮らしか。不治のやまいではないものぐさゆゑの万年床……だろう。
文体に忠実に読めば、

去勢したタマを

睾丸そのものがごろん!と目の前に来て!そのタマに向かいミカちゃん!と、父が呼びかけている!。文体=文法はそのやうに読め!とヤシマヒロシに命じる。拝火教ならぬその拝玉教!。わが笑いを必死に堪え読む所以だ。

もともとの名がタマではなくヒロシ、ゴン、エイ、シロ、クロ、チャー、ミケランジェロ…………。の場合。この歌の哄笑はない。

タマ

でよかった~。!。
このゆ~もあ、他の5首にも色濃い。この1首のみにではない。新しい天才が出現していたのか。矢嶋博士はこの1月号で初めて平田栄一の名前を見た、のだが。埼玉県。埼タマ県のヒト。名前=栄一からしてかなりの年配か?。日刊短歌は一切の情報は保持していない。が…………。

母と娘のカップル男女を凌ぎおり雨の月曜サンマルクカフェ

十二使徒の名を得意気に諳んじし友は京都の宮大工となる

眠られぬ夜には池田昌子がいい美人もすなるその哲学を
平田栄一

日刊短歌遊軍・在日ブルックリン人・矢嶋博士

日刊短歌・矢嶋博士 #WGj0Orxo | URL
2010/02/04 17:51 | edit

安輝素日記より

黒田英雄様よりコメントをいただきました。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2010/02/10 11:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1412-f6b6a24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。