「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »マルコ13・24-32

マルコ13・24-32  



人の子の来る日は人の子も知らずアバの心に納めてありなん  栄一


関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 2

コメント

祭壇でかわいらしいくまちゃんが
お祈りしているのですね。
幼いものの祈りみたいですね。
祭壇は、我が家と同じかもしれませんよ。

そうですよね。
すべては神様のみ旨のままに。
私たちは、今を大事に生き切るという、
なかなかに大変なことを望むだけですね。

やなぎはっか #- | URL
2009/11/16 23:46 | edit

御心のままを願う

はい、祭壇は、もう洗礼を受けてすぐぐらいですから、
だいぶたちます。
たしか、イタリア製の高さ30センチくらいのを、
女子パウロかどこかで買ってきたはずです。
シンプルで気に入ってます。

右下にちょっと写ってる鉦がわかりますか?
これ、100円ショップで買ったものです。

朝晩これでチン!とやって、
お線香上げてます。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2009/11/17 09:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1380-562a282c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop