「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »ルカ6・12-19

ルカ6・12-19  

たっぷり黙想材料のある箇所

>イエスの教えを聞くため
知的理解をこえて、共にいるため

>病気をいやしていただくために来て
共にいること=癒しとも

>イエスから力が出て、すべての人の
癒しの交わりを通して交流

この福音物語一場面に居合わせるように



招かれて福音にある吾思う癒しの力満ち充てる中に  栄一



福音から即教訓や道徳を導き出そうとしてはいけない。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1376-b8f38900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

▲ Pagetop