「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »句日記

句日記  

楽チンなひと日賜わり春立ちぬ   栄一

冬の日々新旧約を各一章

母より出で母へ帰りし事コトバ

乱れ飛ぶ雲にイエスの指触るる

「私は、イエス・キリストとひとつであるキリスト者です。今、語っているのは、あなたを救うために来たキリストです。あなたの手を握っているのは、あなたを愛しているキリストです。安心してください。もう大丈夫です。今まで本当につらかったでしょうけれども、今日、ここに、救いが訪れました。」(晴佐久昌英神父・カトリック新聞2/5号)

宣教は自分に自信のあるなしではないのですね。
私たちと一体となったキリストを伝える。

2/9
不肖の子が見せる精一杯の笑顔

この頃ややに自由律懐かしく、つくってみた。「層雲」に回帰か。

層雲に回帰か五十の冬御空

しかしこれは自然に定型。
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 俳句

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/136-30b161d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop