「南無アッバ」を生きる ホーム » スポンサー広告 » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »5.「人の心」に巣くうもの-第22回「謙遜」という在り方-『風』誌第81号

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

5.「人の心」に巣くうもの-第22回「謙遜」という在り方-『風』誌第81号  

右引用箇所の数行のちには、『ルカによる福音書』一八章一一節がもう一度、脚注として触れられています。

<人の心には餓鬼の世界、畜生の世界、修羅の世界が巣くっている。他人を見下げることに幸福を覚え(17)、人の目にある塵を見て己れの目にある梁を見ず(18)、他人を審くことに心の痛みを覚えぬ程に傷つき汚れている人の心は、自らも知らぬ間に神に代わって人を審く暴挙をおこなうであろう(19)。>

 右文中の脚注(17)が当該聖句、

<ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。>
に対応しているわけです。

 「奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でもなく」正しいはずの「ファリサイ派の人」のどこに問題があるのでしょうか。それは、「わたしはほかの人たちのように、」また、「この徴税人のような者でもない」という、

<自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している>(九節)
態度にある、とイエスはいうのです。このことを井上神父は、「他人を見下げることに幸福を覚え」る態度としてまとめ、さらに(18)『マタイによる福音書七章三節<人を裁くな>や(19)『ヨハネによる福音書』八章三~一一節<姦通の女>にもとづいて、自分の真の姿を見ようとせず、「神に代わって」「人を審くこと」こそ、イエスが最も嫌った姿勢であると強調します。ということは、他者を審かないことが、イエスのいう正しさであり、それは「ひかえ」の姿勢そのものということになります。

このように、脚注(14)を巡ってはおもに自分の生き方として、また(17)では他者との関係で、タペイノース的「ひかえ」が奨励されていると考えられます。

 そしてここでとくに注目しておきたいのは、「ファリサイ派」の姿勢の根底にあるものに対する井上神父の言及の仕方です。すなわちまず、「人の心」――ということは「ファリサイ派」だけでなく、わたしたちすべての「心」――の根底には、「餓鬼の世界、畜生の世界、修羅の世界が巣くっている」ということ。これをひとことで「罪」=エゴイズムと括っても差し支えないでしょう。そして、そういう「人の心」は「自らも知らぬ間に」神に代わって人を審いてしまうという点です。

 このことからわたしたちすべての罪が、表層意識としての自己意志ではどうしようもないほど深いところ――無意識に巣くっており、それゆえ「自らも知らぬ間に」――無意識裡に他者を見下げ、裁き、幸福を覚えてしまうという結果を生んでいることを知るのです。遠藤周作氏は、無意識が「我々のひそかな欲望」のいっぱいつまっている「汚れた場所」だと指摘しました(本稿第一九回参照)。つまりそれは、無意識に罪の根(「原罪」というべきでしょうか)が巣くっているという指摘ではなかったでしょうか。これまで罪(意識)のさまざまな側面――広義性・前提性・普遍性・具体性等々を見てきましたが、右のような井上神父の考察や遠藤氏の言葉から、今ここでさらに、<罪の無意識性>ということを指摘したいと思います。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1321-92414207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。