「南無アッバ」を生きる ホーム » 連載「井上神父の言葉に出会う」 »4.「ファリサイ派の人と徴税人」のたとえ-第22回「謙遜」という在り方-『風』誌第81号

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

4.「ファリサイ派の人と徴税人」のたとえ-第22回「謙遜」という在り方-『風』誌第81号  

 <9自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。10「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。11ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。12わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』13ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』14言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」>(『ルカによる福音書』一八章九~一四節)

まず、井上神父の処女作『日本とイエスの顔』から見ていきましょう。
最初に右のペリコーペに触れるのは、次のような文脈においてです。

<・・・・神はまずパパなのだ。私にとっても、そしてあなたがたにとっても(11)。
それが信じられるようになるためには、あなたがたは、どんなに苦しくとも悲しくとも、またどんなに現実が不合理に見えようとも、勇気をだし、心を改め(12)、知恵ある者のように振舞わず(13)、小賢しい人間のさかしらを捨て、ただひたすら神の前に手を合わせ頭を下げねばならぬ(14)。・・・・>(第四章「イエスの神・アバ」八八頁:北洋選書版)

井上神父の注目すべき業績のひとつとして、これまで神学者とよばれる人たちが、おそらく聖句翻訳の逐語的正確さを優先したために顧みなかったような、現代日本語による、思い切った聖書敷衍訳、あるいは意訳の工夫があることは、すでに述べたとおりです(『心の琴線に触れるイエス』第七章「文学になった神学」)。そのまとまった形での最初の試みが、右の箇所を含む三頁にわたって書かれた文章です。

この箇所では、神が「パパ(アッバ)」と親しく呼べる、慈父のような方だということ、そして、その神に「ただひたすら」「頭を下げ、〝よろしくお願いします〟と祈れば、どんな人でも救いに預かれるのだ、という確信に満ちた訳になっています。そして文中には三十四箇所にも及ぶ丁寧な参照聖句註が付されており、右引用部分についてはそれぞれ、(11)マルコ14:36・ローマ8:15、(12)マルコ1:15、(13)マタイ11:25、(14)ルカ18:10-14となっています。

こうして参照聖句と照らし合わせながら、井上神父の意訳を読んでいくと、いま話題にしている<「ファリサイ派の人と徴税人」のたとえ>について、神父が処女作――著作のはじめから、端的に何を言いたかったのかが、明らかとなります。すなわち、「神はまずパパ(アッバ)なのだ」から、「小賢しい人間のさかしらを捨て、ただひたすら神の前に手を合わせ頭を下げ」ればいいのだ、ということです。文脈上、文言は「・・・・頭を下げねばならぬ」となっていますが、本来は、おまかせするだけでいいのだ、それ以外にないのだというのが、神父の本意だと、わたしは思っています。

 この部分は、右に引用したように、当該ペリコーペへの言及が、脚注という形で出てくるので、うっかりすると読みすごしてしまいます。しかしイエスのこのたとえを、神父がどのように受取ったかを端的に示した箇所、しかもそれが処女作における初出という点でも、重要なものだと思います。「小賢しい人間のさかしらを捨て」「頭を下げ」るとは、人間理性の限界を「わきまえ」、そのはからいを「ひかえる」というケノーシス・タペイノース的態度の基本をなすものです。そして、「ただひたすら神の前に手を合わせ」るとは、その具体的行為――心の中で手を合わせるということも含め――祈りであり、わたしたちを悲愛へと向かわせる契機にほかなりません。

これがのちに、「南無アッバ」という、文字通り具体的な祈りの言葉――「献祷」となって結実することになるわけですが、もちろんこの時点(一九七六年以前)では、井上神父自身そこまで見越していたわけではなかったでしょう。それゆえにこそ、こうした細部において、神父の無意識の一念にアッバが働きかけ、ついには「南無アッバ」へと導いていったのではないか、わたしにはそう思えてならないのです。

category: 連載「井上神父の言葉に出会う」

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1320-f14db40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop