「南無アッバ」を生きる ホーム » 今日、心に残った言葉 »蛇脳で見る

蛇脳で見る  

>マルコによる福音書 / 3章 11節
汚れた霊どもは、イエスを見るとひれ伏して、「あなたは神の子だ」と叫んだ。

聖書世界では、天使や悪霊は、人間より霊的能力が高いとされている。
マルコ福音書で最初にイエスを「神の子」と見抜いたのは、「汚れた霊ども」であった。

今、『ナムの道もアーメンの道も--ある隠修士との対話』(藤原直達神父編)を興味深く読んでいる。
この「ある隠修士」であるせん足カルメル会士・田中輝義神父は、次のように語る。
「(私たちは)主観的なものである生身の「生命単位」(=蛇脳)の内に思索の材料を頂いているのだから、それをベースに思索せよ」と(15頁)。

「蛇脳」とは、「脳幹と小脳の間にある爬虫類脳」であり、「生命単位が電光石火の如く光るのは、大脳における自我意識においてではなく、脳幹にある生命単位、蛇脳においてです。私はこれこそが生命の共通性であるという立場をとっています。」云々。

霊的な目でものを見る、イエスを見る、というのは、理性的・客観的・合理的な大脳の働きではなく、主体的・主観的・「生身」の「底」から見る、ということなのかもしれない。

http://www.com-unity.co.jp/naikan/annai.htm
関連記事


category: 今日、心に残った言葉

thread: 心・脳・言葉・人工知能

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/132-f56d5276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop