「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道俳句・短歌の作り方 »求道俳句の作り方3-句またがりと言葉重ね

求道俳句の作り方3-句またがりと言葉重ね  

<あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる>
(ヨハネ1/19-28より)

  わが内にわが知らぬ方住む二日  栄一

 中七下五が句またがりになっています。
 内容は聖句をアレンジしました。


  父老いて吾が老いを知る三日かな

 毎年定例の親族の集まりにて一句。

 ただでさえ短い俳句のなかに、
同じ言葉「老い」をあえて重ねることで、効果が出る場合もあります。

その場合、わざとらしくならないように気をつけましょう。
関連記事


category: 求道俳句・短歌の作り方

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1269-530d017b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop