「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »第155号-作品とエッセイ3

第155号-作品とエッセイ3  

外野愛子

  強さ
弱さの中に強さがあり
優しさの中にも強さがある

自分は弱い人間だと思っている人ほど
その弱さは強さかもしれないという
希望を持っている

誰かと口げんかで勝てることが
本当の強さではない

強さは
人間の弱さの中にあり
人間の優しさの中にある

強さは
弱さと紙一重のところにある

強さは
必ず人の心の奥底にある


(「こみち」二三八号より)

*自分の中にも、強い人と弱い人が共存して、交互に顔をのぞかせているように感じます。本当の「強さは弱さの中にある」――深い真理を高校生の愛子さんに教えていただきました。なにやら「後の者が先になり、先の者が後になる」という聖句が思い浮かびました。
つづく
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

thread: 詩・想

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1201-157c6181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop