「南無アッバ」を生きる ホーム » ○雑記 »感動!岩波訳聖書

感動!岩波訳聖書  

ヨハネによる福音書 / 21章 15節:食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。
16:二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。
17:三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。」

以上は新共同訳から。
この下線部、6回の「愛する」という言葉。これが、岩波訳では次のようになっている。(該当部分のみ)
15:イエス「・・・・愛しているか。」
ペトロ「はい、主よ、私があなたにほれこんでいること〔、それ〕はあなたにはわかっています。」
16:イエス「・・・・愛しているか。」
ペトロ「はい、主よ、私があなたにほれこんでいること〔、それ〕はあなたにはわかっています。」
17:イエス「・・・・ほれこんでいるのか。」
ペトロ「主よ、あなたにはすべてがわかっています。私があなたにほれこんでいること〔、それ〕はあなたにはわかっています。」

実は今までの聖書ですべて「愛」と訳されてきたギリシャ語原語は、この箇所では2種類あったのだ。すなわち、「アガペー」と「フィリア」。
高校「倫理」では、これに「エロス」を加えて、それぞれ、「エロス」=「情愛」、「フィリア」=「友愛」、「アガペー」=「無償の愛」などと説明される。

岩波新訳は、この違いを明確に訳し分けている。
イエスは二度「アガペー」で聞き(要求)し、三度目は「フィリア」で 聞く。ペトロは終始「フィリア」に留まろうとする。
そこには、イエスが「アガペー」から「フィリア」に下りて(妥協して)くださっている、イエスの心配り、やさしさを感じ取ることもできよう。

「フィリア」を「ほれこんでいる」と訳したことに、これまでの訳になじんできたキリスト者は戸惑いを感じるかもしれない。
しかし、「男の粋に感じて相手にほれこむ」というニュアンスで、なかなかの名訳ではないだろうか。

寅さんが読んだら、涙がちょちょぎれるような、師弟のやりとりが伝わってくる。浪花節的名訳!
関連記事


category: ○雑記

tb: 0   cm: 5

コメント

「愛」にも色々あるようですが・・・

私はどうもよく分かっていないです。。汗。

確かに高校の倫理の授業では教わった記憶はあるのですが・・・
でも「倫理」自体が私には「?」でしたので。
何で勉強しなきゃいけないのか?とか思ってましたし・・・(^-^A;

信仰を持って以来、「アガペー」の愛しか私には実感できてません。
あとの二つはあまりよく分からない。。
あまり分かろうとする興味もない。

最近「恋愛」について尋ねられたり、
そういう問題を抱えた話を聞くことがあるのですが、
どうもよく分からず、
「すいません。その手の話は経験不足で私には答えられません。」
ということに。

「愛」という言葉は日本人は使ってきてないように思います。
だから「愛」の日本語表現は難しいですね。

「アガペー」だって、
井上師が「赦し」だと仰ってはじめて、想いと言葉がつながった感じですから。

とにかく「愛」は色んな意味で難しい。。うーむ。

NK #Km13rFBM | URL
2005/05/17 18:03 | edit

違う言葉をお使いだったとは・・・!

本当に訳によって、ニュアンスは変わってきますね。
イエスが違う言葉をお使いだったとは・・・!
余白さんの「イエスが下りてくださっている」という解釈も面白く読みました。なるほど。15節と16節では「愛しているか」とたずねていたのですねー。
やっぱりいろんな訳を読むと、発見があるのですね。
岩波訳、ますます欲しくなりました。(^^;)

いう #dfWVfM6A | URL
2005/05/19 12:08 | edit

日本的

まえに、いうさんとのやりとりでも触れたけど、この岩波訳、なにげに日本人の心情にマッチした、思い切った訳がところどころにあるんで、そういう細かいところ探していると、飽きないです。

でもたぶん、従来の訳に慣れている人には、違和感なんでしょうけど。。。。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2005/05/19 13:42 | edit

ほれ

ほれこんでいる、かあ!すごい面白い。でも「男性的」な発言ですね、やっぱり。
イエスが一歩ゆずって「ほれているの?」というのは、やっぱり優しさなんでしょうけど、なんとなく「諦め」っぽい気もしてしまったりする(汗)

修道女は、惚れこむというより、恋する、って感じなんでしょうか?

ako虫 #- | URL
2005/05/20 23:44 | edit

Re:ほれ

ako虫さん、ありがとう。
そうだねー、言われてみれば、たしかに男性寄りの訳かもしれない。。。
そうすると、イエスがペトロの「おまえはおれが好きなのか?」って聞くのも、なんとなくおかしいし、、、むずかしいねー。

余白 #oBO5MkqQ | URL
2005/05/21 05:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/12-4427011f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop