「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(2) »2008年3月発表作品

2008年3月発表作品  

「麦」より

広場に座して
ルカ7・31-35

虎落笛聞きて遊行の道遥か

御言葉を蒔く
ルカ8・4-15

首筋の齢隠せず秋彼岸

十二人の旅
ルカ9・1-6

青き踏む回峰行の気分もて

ヘロデ、イエスに会いたがる
ルカ9・7-9

彼岸明け道よぎる犬と目の合うて

天使ら昇降する
ヨハネ1・47-51

明け切らぬ御堂に灯しミカエル祭

アッバミサ
幼子に示す知恵
ルカ10・17-24

花蕎麦や倒れしままに咲き盛り

からし種一粒ほどの信仰
ルカ17・5-10

宵闇に出口は見えずとも信ず
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(2)

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1142-1f83709c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop