「南無アッバ」を生きる ホーム » 平田栄一求道詩歌(1) »求道短歌コレクション-第149号 2008年5月発行

求道短歌コレクション-第149号 2008年5月発行  

石川啄木

わが村に
初めてイエス・クリストの道を説きたる
若き女かな 
        
                      「一握の砂」

クリストを人なりといへば、
妹の眼がかなしくも、
われをあはれむ。   
  
                      「悲しき玩具」
一食の麺麭をさくにも天にます神よと呼べる人を笑はず 
(明治四一年歌稿ノート暇な時)

はじめに言葉ありきといふ言葉ひかる卯月の壁に掛けたり
関連記事


category: 平田栄一求道詩歌(1)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1116-7190255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop