「南無アッバ」を生きる ホーム » ○雑記 »復活信仰の根拠1.「復活」につまずく

復活信仰の根拠1.「復活」につまずく  

平田栄一
(以下は、二〇〇八年四月十二日(土)ニコラバレ聖堂で行われたアッバ・ミサ前の小話原稿に加筆訂正したものです。)

みなさま、こんにちは。ミサ前に、わたくし平田の方から、少しお話しさせて頂きます。

今週は、復活節真っ最中でもありますので、復活ということについて、最近思うところを、お話をさせていただこうと思います。

「復活」につまずく

さて、先日、親しくしている同僚の英語教師がわたしの準備室から、何冊かキリスト教の本を借りていきました。たまたま扱っていた教材をきっかけにして、キリスト教に興味をもった、といいます。

ところが、ほどなくそれらの書物を返しに来ました。「あれ、もう読んでしまったの?」と訝しがるわたしに、彼は答えました。

「いやあ、最初は快調に読み進んでいたんだ。だけど、〝復活〟という話が出てきたら、どうにもついていけなくなってしまってね・・・・」と苦笑しながら言うのです。
関連記事


category: ○雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1108-e1fc9cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop