「南無アッバ」を生きる ホーム » 求道詩歌誌「余白の風」 »後記-第147号-p.6

後記-第147号-p.6  

本日は、勤務校の卒業式。毎年のことながら、感無量。

今年は、復活祭も早く来ますね。慌ただしさの中でも、心は、静かな祈りを持ちたいものです。

皆様が、主のご復活を、大きな喜びをもって迎えられますように。(余白)


主宰著作
『心の琴線に触れるイエス』(聖母文庫 五二五円)
『俳句でキリスト教』(サンパウロ 一六八〇円)
『雨音のなかに』(ヨルダン社 一三六五円)
『人の思いをこえて』(同 一六八〇円)
『今を生きることば』(女子パウロ会 絶版)
『やわらかな生き方』(サンパウロ 絶版)


本誌「余白の風」(一九九〇年創刊)は短詩型文学(俳句・短歌等)を中心として、日本人の心情でとらえたキリスト信仰を模索するための機関誌です。

毎月発行しています。

どなたでもご自由に投句・感想等をお寄せください。(採否主宰一任)

○締切=毎月末

○会費は無料です。

○投稿先:ホームページ「今を生きることば」から。
関連記事


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1076-bdfa0692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop