「南無アッバ」を生きる ホーム » キリスト教の難しさと問題 »イエスは救われた。だからわれわれも救われる

イエスは救われた。だからわれわれも救われる  

*私見ですが、キリスト教における終末論や裁き、それから復活論なんかも多く、後期ユダヤ教のメシア待望思想にかなり影響されていると思われます。

復活などは周辺異教の影響なども見られる、といわれています。

つまり今ひとくくりにキリスト教といっても、それだけで成立したのではないということですね。

で、じゃ、一番原初的なキリスト信仰とは何か、といいますと、私はカールラーナーという神学者が言っていることではないかと思っています。要約すると、

「ただ単純素朴に、〝われわれは救われた。なぜなら、われわれと同じこの人間が神によって救われ、このことによって神が御自分の意志を、歴史の上で現実的に、撤回不可能な形で世界的に実在させたからである」ということです。

つまり、「イエスは救われた。
だから同じ人間のおれたちも救われる」
これだけなんです。

あとは全部当時の宗教観念から導き出された「解釈」、「表現方法」でしかない。

したがって、それはユダヤ人思考ではそうであっても、時代や文化が変われば変更可能だ、ということだと思います。

私がキリスト信仰や聖書解釈の多様性を主張するのは、こんなところが根拠になっています。

関連記事


category: キリスト教の難しさと問題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1043-045d088d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop