「南無アッバ」を生きる ホーム » キリスト教の難しさと問題 »口語訳か新改訳か

口語訳か新改訳か  

*新改訳をよく使っている保守福音派の人たちが、ここで井上神学批判をしていましたが、実はその井上神父は、ず~っと「新改訳」使ってましたよー。

ってホローになってないか。(笑)

同じ聖書使っていても、ものすごく受け取り方に幅がある、ってことがこれだけでもわかります。

(おまけ)ぼくが最初に通っていたプロテスタント教会の牧師さんに「どの聖書がいいんですか?」って聞いたことがあるんです。

そしたら彼は「口語訳がいい。

新改訳はだめだ」って言うんですね。

私は「何でですか?新改訳の方が読みやすいんですけど・・・・」って反論したら、かれいわく「口語訳は日本聖書協会が決めたからだ!」なんて言ってました。

その教会へは、翌週から行かなくなりました。

関連記事


category: キリスト教の難しさと問題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1042-a29d4be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop