「南無アッバ」を生きる ホーム » キリスト教の難しさと問題 »道徳主義的なイメージ

道徳主義的なイメージ  

*明治からの内村鑑三を代表する儒教的キリスト教のイメージ、

戦後のとくにアメリカから入ってきたピューリタン的キリスト教のイメージ、

こういう道徳主義的なイメージを払拭しない限り、

キリスト教は、ただでさえ苦しい日常生活に、

もうひとつ大きなくびきをかけるお荷物、

「いや、うちは間に合っています」と門前払いを食らうもののように思います。

関連記事


category: キリスト教の難しさと問題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1034-8a96800e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop