「南無アッバ」を生きる ホーム » キリスト教の難しさと問題 »聖書の言葉に立つ

聖書の言葉に立つ  

*私は「聖書の言葉に立つ」とお互いに思っていても、

その聖書の言葉は一元的に解釈できるものは、

むしろ少ないんじゃないかと思っています。

ものすごす詩的で、文学的で、象徴的で、暗喩に満ちている。

熱心な信者にはよく、キリスト教は宗教じゃない、

それ以上の真理だ、というような人がいますが、

やっぱり私はどう考えても宗教だと思います。

学問的真理と張り合ってもしょうがない。

関連記事


category: キリスト教の難しさと問題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1030-eef96732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop