「南無アッバ」を生きる ホーム » ○書評 »それぞれの野望

それぞれの野望  

テキスト:講談社:遠藤周作歴史小説集2(1995年発行)

p9「それぞれの野望」
天正10年6月2日、京都、早朝。
カリオン神父、聖堂へ。
                        
前日、徳川家康、京都泊。
信長の訃報。 
    
17
羽柴秀吉、備中、石井山にて。
近習たちの思惑。
秀吉の教育方針--競わせる。

水攻めの高松城

26
カリオン神父、本能寺の変を知る。




章名はないが、第1章にふさわしく、速いテンポで、
人物の思惑や、生い立ちに触れながら、
登場人物が、本能寺の変を、知る場面を、
わかりやすく、描写している。
関連記事


category: ○書評

thread: 歴史大好き!

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/1020-8cf0db93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop