「南無アッバ」を生きる ホーム » 今日、心に残った言葉 »御心のままに

御心のままに  

ルカによる福音(1:26-38)

待降節最終週です。
クリスマスまで、ルカ1章が読まれます。

「恐れることはない。」(30)
「神にできないことは何一つない。」(37)
「お言葉どおり、この身に成りますように。」(38)

マリアへの言葉は、私たちへの言葉でもあります。
マリアはイエスの受難に向けて、後にどんなにか心配し、不安を抱き、悲しんだことでしょう。
しかし、どんなに辛くても、不安でも、悲しみに打ちひしがれてしまうようなことはなかったのではないでしょうか。
マリアの心は、このお告げ以来、アッバへの全幅の信頼が、文字通り心底に重石のようにしっかりと据えられたからです。

不可能を可能にする確信(37)と、ただしそれは、自分のエゴを通すのでなく、どこまでもアッバの御心の実現へのゆだね(38)--
このマリアに、イエスのオリーブ山での祈りの予兆を見る思いがします。
それはどちらも「南無アッバ」の祈りです。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」(22:42)
関連記事


category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohaku5.blog6.fc2.com/tb.php/101-0acfdaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop