「南無アッバ」を生きる ホーム »2019年12月
2019年12月の記事一覧

加藤智神父のミサ説教 2019.12.29  

聖家族A年ミサ説教
マタイ2・13~23


category: カトリック川越教会

tb: 0   cm: 0

12/28のツイートまとめ  

yohaku5

本日予定どおり南無アッバの集い&平田講座おこないます。https://t.co/k1oAii59Wb
12-28 08:02



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

自由を凌駕する摂理  

聖書はしばしば、第二原因(被造物の自由)に触れずに、さまざまな行為を神に帰している。(304)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

クリスマスに  

おみ風さま(聖霊)は、マリアを通して私たちをキリストとの交わりに迎え入れ始める。(カテキズム725)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

神に隠れることができるものは何一つない  

から、恐れるのではなく、
安心してそのあわれみ、力に寄り頼むのです。
(カテキズム302より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

全能の神はなぜ悪をゆるすのか  

それをこの世で私たちは、完全に知ることはできない。
しかし、悪からさえ善を生じさせ得なかったら、
神は悪の存在をゆるさなかっただろう。
(カテキズム324より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

摂理は人間の自由を妨げない  

摂理は、被造物の行為を通して、神の計画に自由に協力させてくださる。
(カテキズム323より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

運命と摂理  

運命は冷たく、摂理は温かい。
なぜなら「摂理」は、すべてもものを「英知と愛」をもって、アッバが導かれるから。
(カテキズム321より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

目的地はわかっても、どう行くかはわからない  

私たちは、「多くの場合、摂理によって敷かれた道を知りません。」
しかし神は「最終の安息の日へと導いておられるのです。」(カテキズム314より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 0

究極の信仰  

「起こることは何であれ、神さまのお望みなのだ。・・・たとえ私たちには最悪に見えても」(トマス・モア、カテキズム313より)


category: 『カトリック教会のカテキズム』を読む

tb: 0   cm: 1

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop