「南無アッバ」を生きる ホーム »2019年04月
2019年04月の記事一覧

求道俳句誌「余白の風」第237号2019年3月号  

余白の風 237号 2019-03 up.pdf発行しました。

初心の方へ:求道俳句の作り方
入会案内


category: 求道詩歌誌「余白の風」

tag: 悲愛のこころ,アッバを呼ぶ,俳句でキリスト教,
tb: 0   cm: 0

04/20のツイートまとめ  

yohaku5

ソクラテスはただ生きるのではなくよく生きることだと言ったしかし、母の特養に行くたびに思うただ生きることがいかに大変で有難いことかを
04-20 06:15

RT @catholicgraph: 聖木曜日:教皇、ヴェッレトリ刑務所で「主の晩餐」ミサ - バチカン・ニュース https://t.co/VfQRvvlDis
04-20 16:56



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

04/10のツイートまとめ  

yohaku5

RT @tomoshibi_undou: 4/10 今日の「心の糧」は崔友本枝さん(エッセスト)の「わたしの支え」です私の命も人生も、すべて神さまから与えられたものです。朝が来て夜が来ることも、仕事や友人が与えられていることも、健康も、何もかもすべて神さまが支えてくださ…
04-10 17:06

RT @201yos1: 「トマス・アクィナス『神学大全』を読む」は今週土曜日からの開講ですが、既に「残席わずか」となっています。御関心のある方は、満席にならないうちにぜひお申し込みください。『神学大全』を入り口にしながら、聖書やアリストテレス、アウグスティヌスなど、トマスの思…
04-10 17:06

RT @201yos1: 今回の講座では、「聖書」の中でも最も重要な箇所と言える「十戒」「山上の垂訓」「主の祈り」を精読するとともに、最も代表的な「信条」である「使徒信条」を丁寧に読解することによって、じっくりと時間をかけて、キリスト教の教えの最も重要な要素を丹念に分かりやすく…
04-10 17:08

RT @mitakaforest: 受難節のこの時期、やはりどうしても聴きたくなるのがバッハの「マタイ受難曲」、とりわけ、BCJの響きは究極の美しさです。まさに日本の、そして世界の宝物。至高のコラールが、アリアが、脳内を駆け巡ります。新しい録音CD、今からわくわくです。 htt…
04-10 17:08

RT @yomutokaku: ありがとうございます。恐縮しておりますが、素直に喜びたいと思います。改めて深謝いたします。 https://t.co/0ydwKeN0bN
04-10 17:08

RT @tomoshibi_undou: HP #リニューアル しましたよ!!「#心のともしびホームページ」がスマートフォーン対応に リニューアルしスマフォ画面巾でも見やすくなりました。これからも随時リニューアルしていきます。どうぞホームページの「ブックマーク」とお友達へのご…
04-10 17:09

RT @tomoshibi_undou: 4/9 今日の「心の糧」は植村高雄( @pauluemura )さん(心理療法家の)の「わたしの支え」です「私を支えているもの」は「私の生き甲斐」ですが、その生き甲斐を創造していくものは、私の理想設定と現実の解釈です。毎日の私の…
04-10 17:09

RT @yomutokaku: 映画「評論」ではなく、映画「批評」の世界の新しい時代が、まさに動きだそうとしている。非言語的芸術を言語で語ろうとする不可能性と矛盾を知りながら、北村匡平をはじめとした新しい書き手たちは果敢な挑戦をしている。その姿を目撃することは、著作を読むに勝る…
04-10 17:09

RT @yomutokaku: 皆さんもお感じだと思いますが、もっとも問題は、大阪の現職が勝利したことよりも、いわゆる野党が戦うことすらできなかったことです。戦う者には、いくらかでも勝つ可能性がありますが、戦えない者たちには、まったくないからです。次の選挙が「大きな選挙」になら…
04-10 17:09

RT @201yos1: 現代人にとっては、「神の存在証明」というのは、とても興味深いテーマかも知れない。だが、このテーマは、『神学大全』では、冒頭に近い箇所で比較的簡潔に触れられているに過ぎない。キリスト教神学の全領域は、「神の存在証明」を遥かに超えて、より深遠に、より広大に…
04-10 17:10

-- 続きを読む --


category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

04/07のツイートまとめ  

yohaku5

@yomutokaku 少し読む、度々読む
04-07 10:57

RT @mitakaforest: 『愛したいのに愛せない』『赦したいのに赦せない』・・・「・・・にもかかわらず」を可能にするのは、「アッバの御手から頂き直す」という心のステップのみ。 https://t.co/piaJFC4ODI
04-07 11:00

RT @201yos1: 私が主幹として企画した特集「開かれたスコラ哲学」が掲載されているNyx第4号は、版元である堀之内出版で、既に在庫切れとなっています。スコラ哲学の多面的な魅力を知ることができる稀有な書物となっていますので、御関心のある方は、早めに入手されることをおすすめ…
04-07 11:00

RT @201yos1: 分からない箇所だらけであっても、とにかく一度通読しておくことによって多大な力を与えてくれる書物がある。その後の人生において、分からなかったその書物の或る箇所に自ずと手が伸びて多大な洞察が与えられることがあるからだ。一度目を通しておかなければ、そうした「…
04-07 11:01

RT @yomutokaku: 石牟礼道子さんが亡くなってから熊本に行く機会がなかった。先日、水俣の相思社と石牟礼さんが眠る真宗寺に行った。納骨堂の近くには「俱会一處」と書いた石碑があり、横に美しい桜の花が育っていた。石牟礼さんだけでなく、彼女に言葉を託した人と「一處〔処〕」で…
04-07 11:01

RT @yomutokaku: 熊本に行く機会がなかった、というのは偽りで、石牟礼さんがいない熊本に行って、亡くなったのを改めて感じるのが嫌だったというのが本当だ。追悼文を10編書き、追悼の会で講演をし、追悼詩集を出してみたところで状況は変わらなかった。でも、今回の桜は特別の出…
04-07 11:02

RT @tomoshibi_undou: 4/4 今日の「心の糧」はシスター山本久美子さん(聖ヨゼフ修道女会)の「わたしの支え」です 何の希望もないと感じる時でさえ、思いもよらない人に出会って、小さな親切を受けたり、励まされたり。時には、目を上げて、心を開いてみると、必…
04-07 11:02

RT @yomutokaku: 書店に行って気がついたのだが、日本仏教界は、宗祖の言葉を読むのに忙しくて、宗祖が根本経典だとしたものの読み解きに、あまり多くの時間を費やしてこなかったのではないだろうか。法然、親鸞、一遍に関する書物の多さに対し、『浄土三部経』に関する書物は比べも…
04-07 11:03

RT @yomutokaku: ティク・ナット・ハンを敬愛するのは、彼が、容易には抑えがたい怒りとの闘いを経たところで、慈悲を説くからだ。彼の言葉が信用できるのは、どうしたら悟れるかなど、けっして説かないからだ。むしろ、どうしたら世界に遍在する悲しみと嘆きを分かりあえ、分ち合え…
04-07 11:03

RT @201yos1: 4/13(土)よりNHKカルチャー青山教室で開講する「キリスト教入門」は、何の予備知識も必要としませんが、かなり深い所まで話を進めていきます。全六回受講すると、巷に出回っている『キリスト教入門』といった書籍を読むよりも遥かに深く広くキリスト教の本質を知…
04-07 11:04

-- 続きを読む --


category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

04/01のツイートまとめ  

yohaku5

@mitakaforest 昨日、ひさしぶりに本棚を整理していました。岩波のヒルティが出てきました。5冊のうち一番古いのは77年版(大学4年)、メモに「4回目通読88年」とあります。黄ばんだページが懐かしくもあり、ちょっぴり哀しくもある。。。でも捨てられない。その後、白水社版も買いました。 https://t.co/qXo0ykddZF
04-01 21:26

@yomutokaku ぼくに名刺はありませんが、初対面で名刺を出す人は、だいたいすぐ離れていきます。ぼくがその名刺をもらう程の人物ではないと判断したのでしょうか。
04-01 21:32



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop