「南無アッバ」を生きる ホーム »2019年03月
2019年03月の記事一覧

03/30のツイートまとめ  

yohaku5

@mitakaforest そう、そうして「積分」された「今ここ」は、「アッバの記憶のうちに きざみこまれていく」(井上選集別巻154)。
03-30 18:36

@mitakaforest そしてそれは、「アッバ、どうして私を見捨てたのですか?!」という言葉を含めての「よくやった、それでいいよ」であることも忘れないようにしたいです。
03-30 18:42



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/29のツイートまとめ  

yohaku5

@yomutokaku 今までは、書店で見かけた本を、ネットで買う、ということが多かったが、ある方から図書カードをもらったことがきっかけで、ネットで検索した本を、書店で買うようになった。置いてなければ注文するが、その待ち時間も楽しい。そして目に付いた本を買うことも。。。(続)
03-29 14:05

@yomutokaku 若松・山本著『キリスト教講義』もそのように手に入れた名著だった。
03-29 14:06



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

人生の主役はアッバ寒戻る  

 マタイ一七・二二~二三。イエスは「引き渡され・・・殺され・・・復活する(させられる)」――すべて受動態です。イエスの受難と復活は神が主導するものであったことが暗示されています。ひとりイエスだけではなく、私たちの人生の主役も、アッバなのです。このことを深く味わうとき、真の安らぎが訪れます。


category: 求道俳句一言

tag: 悲愛のこころ,アッバを呼ぶ,俳句でキリスト教,
tb: 0   cm: 0

キリストにありて歩まん花曇り  

 「・・・キリストにあって歩みなさい。」(コロサイ二・六、聖書協会共同訳他)新共同訳で「キリストに結ばれて」と訳されていた箇所は、直訳の「~において」(英語のin)に戻されています。この方が、キリストの包容力、生きとし生けるものを生かす「場」というニュアンスがよく出てきます。


category: 求道俳句一言

tb: 0   cm: 0

03/21のツイートまとめ  

yohaku5

@minnano_dougaww 人生の揺らぎと秩序かな
03-21 08:37

<帳尻は神が合わせる春の雨>ルカ一六章。死んで金持ちは陰府に下り貧しいラザロは天に上げられたという話です。アッバは良いことも悪いこともこの世とあの世をトータルで考えていてくださいます。自分だけが損をしていると卑屈にならず自分は得をしていると自惚れず南無の心で毎日を過ごしましょう。
03-21 12:19



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/20のツイートまとめ  

yohaku5

<イエスこそ近づき来たる春の闇>ルカ二四章。イエスを裏切って自己嫌悪に陥りつつエマオへ旅する二人の弟子たち。とぼとぼ俯いて歩いて行く所へイエスご自身がそっと近づいてきて一緒に行かれます。悩み苦しみにあるとき私たちはけっして一人ではありません。たとえそのような自覚がないとしても。
03-20 18:01



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/19のツイートまとめ  

yohaku5

@yomutokaku まず、「日常」の「深化」から。
03-19 13:47

<春の日をあまねく入れしガラス窓>イエスは「ガラス窓」のような方だと井上神父は言います。そういう透明な方だからこそアッバの暖かな眼差しをそのまま私たちに注いで下さる。しかし完全にアッバの息吹を注ぐためにはイエスというガラスは壊れなければ――十字架上に死ななければならなかったのです。
03-19 13:59

私の聖書の読み方(1)一度にたくさん読まない。(2)たびたび読む。
03-19 16:28

@mitakaforest (1)そう「どの部分も南無アッバ」につながる。(2)やっぱり、孤島へ持っていく一冊は聖書です!
03-19 20:25



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/18のツイートまとめ  

yohaku5

<十字架の果てにおみ風薫りけり>イエスの苦難の死を通して私たちに注がれる神様の息吹=聖霊を井上神父は「おみ風さま」や「守導者」と造語しました。勧善懲悪の恐い神でなく、どこまでも赦してくださる神「アッバ」。そのまなざしは、おみ風さまにより時間と場所を超えて私たちに注がれています。
03-18 08:35

@yomutokaku 「自己実現」は気持ちのいい境地とは違うのですね。
03-18 08:39



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/17のツイートまとめ  

yohaku5

@yomutokaku そこで神は、御心のままに、体に一つ一つの部分を置かれたのです。」(一コリント12:18)
03-17 09:55

@mitakaforest アーメン、南無アッバ
03-17 09:58

<十字架に成し遂げられし御業かな>イエスは「成し遂げられた」と言って息を引き取りました。しかしイエスの十字架の死は全てが虚無に帰するような終わりではなく「救い」という役割、アッバの「御業を完成させる時」なのです。この十字架に心を寄せるとき私たちそれぞれの人生も完成へと導かれます。
03-17 11:27



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

03/16のツイートまとめ  

yohaku5

<主と負える十字架軽し冬日向>イエスは人には皆「日々」背負うべき「自分の十字架」があると言います。「十字架」と聞けば誰でも腰が引けます。しかしイエスが「ついて来なさい。従いなさい」と言うとき、私たちは孤独ではありません。主がすぐそばにおられ、共に十字架を荷なってくださるのです。
03-16 09:08



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop