「南無アッバ」を生きる ホーム »2011年09月
2011年09月の記事一覧

この世の悲惨と御国の希望をつなぐイエス  




天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りする(ヨハネ1:51)



南無アッバ




category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

あちら様から呼びかけてくる人生  

「わたしに従いなさい」(ルカ9:59)


category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

だれにも決断の時がある  

イエスは、エルサレムに向かう決意を固められた。(ルカ9:51)


category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

09/26のツイートまとめ  

yohaku5

@mchl_h_matsu レスありがとうございます。序盤はとっつきにくいかもしれませんが、後半は、どうなるのかと一気に読めます。
09-26 23:15



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

『侍』(新潮文庫)  

「侍」=支倉常長、その他の人物を通じて、「同伴者イエス」の遠藤神学が語られる。
この小説は、遠藤氏自らが話しているように、ご自身の私小説ともいえる傑作。
若い時読んだのとは、まったくといっていいほど違う、強烈な印象を持った。
やはり、よい本は、時を経て何度も読み返すべきものと、改めて痛感した。
★5つ

日本(人)とは何か、キリスト教とは? 信じるとは? 人間とは???
そして自分は・・・・
様々な観点から多くのことを示唆される作品。


category: 遠藤周作文学ノート

thread: 読書感想文

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

アッバの望みとは  

徴税人や娼婦のように信頼すること(マタイ21:32)


category: 求道俳句のすすめ

tb: 0   cm: 0

第17回南無アッバの集い・平田講座報告  

レジメより
1.はじめに――南無アッバの祈り 皆で唱えましょう
アッバ アッバ 南無アッバ
 イエスさまにつきそわれ、
生きとし生けるものと手をつなぎ
 おみ風さまに包まれて
アッバ アッバ 南無アッバ

2.お知らせと報告
(1)井上神父、立川教会にてチェレスティーノ神父と共同司式ミサ(9/18)
 お説教(音声)を平田のブログ「南無アッバ」を生きるにアップしました。
(2)次回、平田講座の予定 第18回 2011年 10月29日(土)

3.講座
(1)前回まで
Ⅰ.井上神父の体験主義・実践主義 Ⅱ.井上神学の救済論――救いはイエスの全生涯から ■U先生の思い出 ■佐古・井上対談 ■罪と苦しみ ■イエスの全生涯を重視-史的イエス研究史概観
―――――――――――――――――――――――――――――
(2)ここから「心の琴線に触れるイエス」
p.30
H.福音書は~
I.しかし井上神父は~
p.31

4.質問と分かち合い

5.おわりに――「風の家の祈り」皆で唱えましょう
アッバ。
利己主義に汚れている私たちの心を、
あなたの悲愛の息吹きで洗い浄めて下さい。
空を行く雲、小川のせせらぎ、
一輪の野の花が捧げる祈りに合わせて、
私たちの祈りを
あなたの御前で澄んだものとして下さい。
人々の弱さ、欠点、罪を裁くことなく、
まずこれらを受け入れられた御子イエスの
悲愛の心に、私たちの心を近づけて下さい。
また、御子イエスが、
深い哀しみと痛みを背負って、
重い人生を歩んでいた人たちの心を映しとり、
受け入れ、友として生きられたように、
私たちにもそのような人々の心を映しとれる
友の心をお与え下さい。
苦しみも、哀しみも、喜びも、すべてを
あなたの御手から受けとることによって、
私たちの日々の生活が、あなたの悲愛の
息吹きの働きの場となることができますように。
主キリストによって アーメン。

*お時間のある方は、このあと喫茶店「エル」へどうぞ。


category: 南無アッバの集い&四谷講座

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

09/23のツイートまとめ  

yohaku5

9月24日(土)予定通り、南無アッバの集い&平田講座おこないます。お気をつけておいでください。http://t.co/tB6XuULu
09-23 21:02



category: ツイッター記事

tb: 0   cm: 0

ふがいないペトロを信頼するイエス様のお姿(井上説)  

「あなたは、神からのメシアです」(マタイ16:13以下参照)


category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

イエスとは何か?と問うことは  

ひとつの愛かもしれない。
「いったい、何者だろう。こんなうわさの主は。」(ルカ9:9)


category: 今日、心に残った言葉

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop