「南無アッバ」を生きる ホーム »2006年02月
2006年02月の記事一覧

洗礼者ヨハネの誕生予告(ルカ1)より  

父の前に父
母の前に母
私の前に誰か
先駆ける
人の一生


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 2

献呈の言葉(ルカ1)より  

それぞれが語り
それぞれが聞く
福音
私には私の
物語がある


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 1

  

ときに
春の陽気もあって
晴れたり
曇ったり
受験終盤


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

  

入学金は
あえて
子供に持参させる
体で知るべし
金銭感覚



category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 2

  

息子がようやく合格した日
私は小さな花束を買って帰った
妻は大きな安堵のうちに
静かに
吐いた


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 1

  

春霞の
向こうから延びて
あっちへ抜ける
一本道
ボクはどこへ行くのか


category: 平田栄一求道詩歌(3)

tb: 0   cm: 1

  

なあに
何とかなるさ
長い目で見れば
神様の心が
わかってくる

***

擬似的
春だったのか
なにか
吹っ切れたような
予感


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

  

そろそろほしい
トリノのメダル
いや
息子の合格通知
今は試練を楽しんでしまえ

***

眠れぬ夜の闇へ
思いをこらす
この時間
この静けさが
祈りと化す

***

イエスが祈ると
パンが増え
みんなが満腹した・・・・(マルコ8)
そんなバカなことがあるはずはないと
いつから思わなくなったのだろうか

***

ぼろきれのように
死んだ人が
よみがえった
わたしの心に
小さな灯


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

求道詩歌会--若干の投稿規定  

○趣旨:詩歌を祈りとして、また生き方を模索する求道形式ととらえ、その視点で創作と鑑賞する人々の集まりです。
○資格:主宰はカトリックですが、宗教・宗派の別は問いません。また特定の信仰を持たなくても、自ら生きる道を模索し、「趣旨」に賛同される方なら、どなたでも歓迎します。初心者大歓迎。
○投稿:掲示板に。
○互評:相互の間で祈りの題材とし、またお互い良い点を指摘しましょう。。
○削除:この会の趣旨にふさわしくないと主宰が判断した作品や評は一方的に削除させていただきます。
○機関紙:ここに投稿された作品・評等は、主宰の選により、毎月発行の「余白の風」に掲載します。

以上の規定は、よりよい場にするため、常に練り直します。あしからずご了承ください。主宰:平田栄一(06年2月13日改訂)

投稿はこちら


category: 平田栄一求道詩歌(1)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 1

  

自由律
定型ときて
二十年
今 五行歌を
青春する

-----------------------

右脳で
読み飛ばす
聖書
左脳で考える
今日の予定


category: 平田栄一求道詩歌(3)

thread: 五行歌

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 1

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop