「南無アッバ」を生きる ホーム »2002年09月
2002年09月の記事一覧

「余白の風」第77号  

02/9/10

金雀枝やキリストに抱かると思へ        石田 波郷

 五・五・七(八)というリズムとともに、下句の「抱かると思へ」が印象的です。波郷にはこの他にも、男性的な命令調で大胆に詠った作品が多くみられます。

  万緑を顧みるべし山毛欅峠
  グノー聞け霜の馬糞を拾ひつつ
  雀らも海かけて飛べ吹き流し

 若い頃から俳壇の注目を浴びた実力派でしたが、その活躍の時代はちょうど第二次世界大戦の拡大期にあたり、いわゆる京大俳句事件などで句友の検挙が相次ぎました。そうした時局の重圧に耐えながら、彼自身も召集され、華北戦線で戦病を得、さらに終戦後にも再発、入院、手術と闘病の日々を送ることになります。
 こうした苦悩の歳月にあえて命令調で詠うということ。それはとりもなおさず第一に、ぎりぎりの地点で自らを励まし支えるための祈りではなかったでしょうか。右の例句と比べても、掲句の「抱かると思へ」はあまりにも強引な措辞のように思えます。しかしそれだけに、気をゆるめれば即一縷の希望さえ見失いそうになる、切羽つまった波郷の心境が偲ばれるのです。




●奈菜(565) 題名:初めまして☆



初めまして 奈菜と申します。
遠藤周作に導かれキリスト教に出会い、「風」と出会い、
山根道公先生にこのページを紹介していただいて、たどり着きました。
2年前に洗礼を受けたばかりですが、
今年になって
日本人の自分と、キリスト教を信仰したい自分に
少し葛藤がありました。
「風」との出会いは私にとって本当に大切なものです。
よろしくお願いします☆★☆

「白い道」

低い山々
小川
田畑
蓮華の花々
小さなお堂
目の細い鋼色の仏像
かすかな念仏の声
響く鐘の音

山から山へ
山から田の苗の辺りへ
花々の間を、仏像の横側を渡っていく


山の上
うすい空に白い虹のような道が斜めに上がっていた

私はそこをあなたのあとをついていく
空の上のほうへ
木魚の音、念仏の声を聞きながら


突然、長いものを・・・失礼しました・・。




--------------------------------------------------------------------------------



Res:余白(392) 題名:ようこそ
奈菜さん、ようこそおいでくださいました。
山々や田畑を巡って、そして、
「私はそこをあなたのあとをついていく」。
イエス様のお姿の発見、ということは、普遍的なものなのだと思います。
今後とも、このサイトへ遊びにおいで下さい。



--------------------------------------------------------------------------------

●余白(249) 題名:帰国



長き夜の夢に押されて発つヨセフ





--------------------------------------------------------------------------------

●tears(803) 題名:黙想



秋雨に 頭冷やされ 黙想す



--------------------------------------------------------------------------------

●余白(582) 題名:夭逝



重吉の秋に会うてか老い進む





--------------------------------------------------------------------------------

●tears(869) 題名:秋雨



秋雨に 心洗われ 光さす




--------------------------------------------------------------------------------



Res:余白(199)
はい、日々復活の希望を新たにしたいものです。



--------------------------------------------------------------------------------

●余白(887) 題名:避難



友は去りカナンを去りて後の月





--------------------------------------------------------------------------------


Res:猫目(634) 題名:キリスト教俳句



花冷えの一灯ほのかマタイ伝    奥村 花

とてもよい句ですね。余白さんの鑑賞もすばらしい。聖書の知識があれば、鑑賞もずっと深くなりますね。私は、キリスト教信者(プロテスタント)で、俳句を創っていますが、信仰を俳句で表現することには、非常に困難であると考えていました。心情が深くなると、俳句はつい「言いおおせてしまう」からだと思います。しかし、このような句をみると、キリスト教俳句の可能性はあるような感じがしてきました。現在は、キリスト者俳人の句を、できるだけたくさん読んでいます。そのうち、実作もしてみたいと思っています。キリスト教と俳句を主題とするこの句会は、貴重な存在です。


Res:余白(434) 題名:猫目さん、ありがとうございます。
遠藤文学と井上神学に出会い、そして俳句に出会ったわたしとしては、なんとか俳句的表現でイエスの福音を詠い、日本的感性でキリスト教を受け止めたい、というのが念願なんです。
ぜひ、ご一緒に実作もしていきましょう。よろしくー。


Res:比田井一歩(641)
聖書も読んだことのない私ですが、マタイ伝の句と句評は、ただただ感銘しました。
つつましさとひたむきな勇気が感じ取れ、俳句をやっていて、この句に出会えて本当によかった。知らず、勇気がわいてきます。



--------------------------------------------------------------------------------

●比田井一歩(594)



人間に言ってやろう 被爆をどうする

カナカナ 今日何をした

風は、神様からのおやつです

○あこさんんへ、
心が貧乏ですので、風そのものが、私の心のおやつなのです。



--------------------------------------------------------------------------------

●余白(930) 題名:博士



星学に励みて救いを見る晩夏






--------------------------------------------------------------------------------

●tears(902) 題名:希望



躓いた 石の先に 咲くリンドウ





--------------------------------------------------------------------------------

●余白(757) 題名:誕生



神共に在して蒼き秋の空



--------------------------------------------------------------------------------

●余白(556) 題名:系図




系図ごと背負いて御国へ秋の空




--------------------------------------------------------------------------------

●しんご(398) 題名:残暑




夕暮れに優しく香る秋の風

立ち止まり去りし想い出駆け巡る

風鈴を眺めつ今日がまた終わる

聖堂に想い馳せつつ中也舞う


--------------------------------------------------------------------------------



Res:余白(950)
皆よく整った佳句で、安心して読めます。全体に「中也」の香りが漂い、まさに残暑、秋へ向かうにふさわしい哀愁が巧みに表現されています。また、どんどん投句してください。



Res:しんご(054)
余白さん、俳句なんて高校時代ぶりに書きました。楽しいですね。またよろしくお願いします。


--------------------------------------------------------------------------------

●島 一木(613) 題名:主の平和 その2



踊ってよ広場で笛を吹くからさ

迷っている小羊はどこ山を出て

見ても見ず聞いても聞かぬ頑固者

針穴を覗くラクダの顔ですか

ほらメシアはここにいるあそこにいる

サタンよ退けあなたの思いは人のもの

新しいワインは新しい人に

何の役に立つ塩気のない塩なんて

立ち上がって海へ飛び込む山を見よ

サマリアの女は汲んだ 生命の水




--------------------------------------------------------------------------------



Res:島 一木(781) 題名:句評
●こんな私にとんぼ止まりに来てくれる   比田井白雲子

アッシジのフランチェスコを思い出した。指を空に伸ばして木になったつもりでいると、こんなことあります。

●復活祭鳥にも頒つパンと水   猫目

これも映画の「ブラザー・サン・シスター・ムーン」を思い出した。

●歳時記を読んでみてすぐ飽きスイカ食う   あこ

そりゃ、歳時記を読めばすぐ飽きますよ!ぼくは歳時記はチラッと見るものだと思ってますけど。

●和せぬまま別れる雲の速さかな   余白

俳句を長いことやってると、色々なことがありますよねえ。

●肩にくる 十字架行進 恵み満つ   ブライダル司祭

上五中七のつながりに不思議な魅力。下五が惜しい、もっと具体的に。

●柔和なれ 主も交われば 夏遍路   警備のおじ

ぼくなら「柔和なる主と交われり夏遍路」とします。

●七夕と いへども会えぬ 瞳あり   テレジア

展開の上で「瞳」の一語が効いてますね。



--------------------------------------------------------------------------------

●島 一木(847) 題名:教会のある風景 その4. 八月



ミサの鐘つかずなりたる炎天や

炎天に負けじと朝の祈りする

祈るより早く鳴きだす秋の蝉

花火見に行く教会のある方へ

教会は闇なり花火揚がる音

花火から帰る教会の横の道

星月夜星それぞれに神の国

銀河系のみならず神はあまねし

天使群銀河の渦を越えて来る

天国という別次元秋涼し



category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop