「南無アッバ」を生きる ホーム »『わが師イエスの生涯』
カテゴリー「『わが師イエスの生涯』」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問合せ 略歴 著書

全幅の信頼ゆえ-第1章 師イエスの故郷・ナザレの村  

しかし生涯を師の弟子として生きることを決意して出家をし、師の心を追い求めてきた私としては、たとえ無謀であろうと、間違っていようと、なんとしても師の心を推しはかってみたいのである。(19頁)

井上神父は、かなり早い時期から、「イエスの生涯」をいつか書こうと決意していた。

それは、自分が「平々凡々たる人間」であっても、イエスを「師・先生」と仰ぎ、「弟子入り」を自認する「日本人」として、どうしても書きたい、書かなければならない、という止むにやまれぬ心があったからある。

神父の全著作、その他の活動は、この「日本人キリスト者」としての自覚に支えられている。

その過程で、ときに「無謀」や「間違い」も辞さないということは、既存のキリスト教からの批判も覚悟するということを推測させるが、その根底には、師イエスまたアッバへの全幅の信頼が読み取れる。

category: 『わが師イエスの生涯』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

イエス誕生物語の真実-第1章 師イエスの故郷・ナザレの村  

師イエスの生涯は、決して高みから私たちを見下ろしているといったようなものではなく、家畜小屋から十字架の上まで、私たちの苦悩と屈辱と孤独とを共に歩んでくださっている方なのだ。(17頁)

イエスの「誕生物語」が告げる「真実」を解釈した井上神父の言葉。
ここではとくに、「ルカによる福音書」を中心に語っている。

一般に「家畜小屋」での誕生は、「貧しさ」の象徴として語られることが多いが、神父の場合はむしろ、「苦痛・屈辱・孤独」の象徴として、またそれらマイナス要素を私たちと「共に歩む」イエスという、二つの点を重視していることに、現代的に大きな意味がある。

なぜなら、飽食の時代にあっても、いな、それだからこそ、様々な苦痛・屈辱・孤独を日常のあらゆる場面で感じざるを得ないのが、私たちの現実だからである。

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

史実よりも真実-第1章 師イエスの故郷・ナザレの村  

いまこの深層意識的原体験の事実を「真実」という言葉で表現してみれば、物語は歴史的事実を伝えていないかもしれないが、しかしその奥には深い真実が秘められているのである。(15頁)

井上神父の福音書解釈の姿勢を端的に表した言葉。
「イエスの誕生物語」を史実として文字通り受け取る必要はない(14頁)という点では、いわゆる逐語霊感説や原理主義とは一線を画す。

むしろ「物語」に隠された「深層意識的原体験」を重視し、それを「噛み締め、どこまでも追体験していく」ことで「真実」をとらえることを重視する。

ユング派深層心理学者・河合隼雄、また遠藤周作の発想に類比できる。

category: 『わが師イエスの生涯』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

第6章 ユダヤ教指導者層たちとの対決  

パレスチナの雨期乾期の特徴描写から安息日論争解説へ 101

引用:申命記23,出エジプト34,5、ヨベル50、安息日遵守の厳しさ。

禁止事項39を守れないための神罰の恐怖 103

●イエスはなぜ旧約を引用したか
イエスにとっては、旧約引用による弁護は不要だったが、旧約に洗脳されていた人々に安心・信頼を与えるために、ファリサイ派以上の知識による彼らの主張の否定を示す必要があった。104

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

第五章 ガリラヤの春・「旧約律法」の重圧からの民衆の解放  

●カナの婚礼の「真実」

この物語(『ヨハネによる福音書2章「カナの婚礼」)によって示されている真実は、アッバのあたたかなまなざしのもとで、禁酒、断食といった禁欲的な生活につらぬかれている洗礼者ヨハネ教団の生活と旧約の精神を打ち破って、にこやかに、おおらかに、そしてあかるく、酒宴というささやかな庶民の楽しみを大切になさった師のお姿を告げることにあったのだと思われる。(84頁)

一般的な解説では、このペリコーぺの主眼は、ユダヤ教を象徴している水が、イエスによって変えられ、更新、凌駕され、イエスの贖罪を通して、ユダヤ教とキリスト教が連続線上にありながら、他方において後者が前者を超克し、全く新しいものとして、人々に永遠の命を与える・・・・(『新共同訳 新約聖書注解Ⅰ』等参照.というところにあるとする。

井上神学は、ユダヤ教とキリスト教の「連続」性については消極的なことは、これまで見てきたとおりだが、前者の「超克」については上記ような解説と一致する。

しかしここでは、井上神父の「主眼」は、そうした神学的解釈にはない。

むしろ、端的に、「大飯ぐらいの呑兵衛」と悪口を言われても(ルカ7:34)酒宴を共にし、「庶民の楽しみ」に共感するイエスのまなざしが、強調されているのである。


●イエスの第一声の意味

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」(『マルコによる福音書』1章15節)
 この第一声で師はガリラヤ伝道を始められたと、『マルコによる福音書』は伝えている。・・・・この福音という言葉を使って、福音書の記者たちは、アッバを告げる師イエスに出会えた限りない喜びを表現しようとしたわけなのである。
(86頁)

 この第一声からして、旧約の父性原理の強い神ではなく、母性的な「アッバ」への信頼を説くイエスの最初の言葉と、井上神父は理解する。

すなわち、「時は満ち、神の国は近づいた。」を、「いまや、私たちをアッバがしっかりと御自分のまなざしのうちに包容しはじめてくださったのだ」と解する。

ここでは、「神の国(バシレイア=支配)」を「アッバの神のまなざしの包容」と訳す。

「悔い改め」も、洗礼者ヨハネの文脈での「禁欲的・苦行的な生活への回心」ではなく、「腕の中の赤子がアッバに向ける全幅の信頼のまなざし」と解す。

その上で、「福音を信じる」とは、「このあたたかなアッバのゆるしのまなざしに信頼し、そのもとで、おおらかに、自由に、のびのびと生きていく」ことに他ならない、とする。

 ここでも、「罪の悔い改め」といった、既存のキリスト教がとる表現は見当たらず、アッバへの全幅の信頼が強調されていることに注目したい。


●福音を信じるとは南無アッバ

私たち日本人に親しい「南無」という言葉は、もともとはサンスクリット語では「帰命」とか「帰依」とか「信従」とかを意味する言葉だと言われているので、「福音を信じる」ということは、日本流にくだいて意ってしまえば、「南無アッバを生きる」ということになるのではなかろうか。(87頁)

前節の「福音」解説をへて、井上神父はこのように結論する。神父には、「悲愛」や「おみ風様」など、日本人が親しめるユニークな造語が数々あるが、そのなかでも「南無アッバ」は、最も端的に井上神学の精髄を表現した言葉であろう。

もともとサンスクリット語の「南無」は、すでに日本人には定着した「親しい」ものと考えるが、井上神父は、この「南無アッバ」を初めて聞くと、多くの人が奇異に感じるだろうことは承知している(06年NHK「心の時代」での発言など)。

それは、「南無」が仏教を直感させることで、カトリックの神父がその用語を使う、ということの違和感(あるキリスト者にとっては警戒感も)、そしてイエスが「アッバ」を使ったことの意味が、まだ一般には理解されていないことが大きな理由だろう。

私は正直、この「南無アッバ」の定着には長い時間がかかると思う。しかし、実際、井上神父にならって、ことあるごとに「南無アッバ、南無アッバ」とやっていると、不思議と心の落ち着き、軽みを感じることが多い。

直接的には、「namuabba」は、「ア」音を多く含むことから、解放感を誘い、「アッバ」に向かって開かれた心を準備する効果がある。


●想像力で読む

師や弟子たちと一緒に食べたり飲んだりしている彼らの歓声がおそらくは道にまできこえていたことであったろう。(91頁)

イエス時代、「罪人」の代表のように毛嫌いされていた「徴税人」レビが、イエスを迎え、友人や娼婦たちも集めて、食事をしていた(『マルコによる福音書』2章15節)ときの様子を、井上神父はこのように想像する。

福音書には「歓声が道まできこえた」とは、直接書かれてはいない。しかし、こうした「想像」は、神父の「創作」ではなく、史的にも無理なものではない。

何気なく書かれたこうした想像力による解説が、福音書の世界を生き生きと甦らせ、わたしたちに身近なものにさせる。

古典である福音書をどう読むかが示唆されている、典型的な例である。


●旧約と無関係に

師の言葉は、そんな『旧約聖書』の引用などなしの、そのものずばりの強い宣言であったことは間違いあるまい。(93頁)

罪人といっしょに食事をする――ということは、律法を破って彼らの仲間になることを意味する――イエスの行動を見たファリサイ派の非難に対して、イエスは、「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。」(『マルコによる福音書』2章17節)と宣言する。

しかし、この言葉にマタイグループは、ユダヤ人向けに旧約の『ホセア書』の言葉、「わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない」(6章6節)を「付加し」「解釈し」ている。これは、すでに学問的通説である。

が、「旧約の神ヤーウェの顔にとって代わる、アッバと呼びかけることのできる神の顔」(p.93)を新約に見る井上神学にとって、この言葉を、旧約と無関係に「そのものずばりの強い宣言」と改めて受けとることは、大きな意味をもっている。


●回心に導いた「たとえ」

このたとえ話には、師イエスが何をもっとも大切にされたかが実によく言いあらわされていると言わざるをえない。これは師にとって、旧約の神ヤーウェの顔にとって代わる、アッバと呼びかけることのできる神の顔の高らかな宣言に他ならなかったのである。(93頁)

「このたとえ話」とは、『ルカによる福音書』18章の「ファリサイ派の人と徴税人のたとえ」。
井上神父は、福音書のなかで最も大切なイエスの教えとは、ここ18章と、同じ『ルカによる福音書』の10章だという。

実際神父自身の宗教体験として、

「私自身信者になってから数年間というものは、自分ではイエスの教えを生きようとしているつもりで、実はパリサイ派の姿勢に近づいてしまっていることに全く気づかなかったのでした。フランスのリヨンの町の灯りがきれいに見おろせるフルビエールの丘の修道院の一室で、ある夜読んだ次の『新約聖書』の一節が、私にそれまでの生き方の間違いを教えてくれたのでした。」(『私の中のキリスト』序章p.22)

と告白し、この「ファリサイ派の人と徴税人のたとえ」を引用している。神父の真の回心を導いた重要な箇所である。


●十字架の理由

師とユダヤ教指導者層との対立は決定的なものとならざるをえない。しかし師は死刑になることを覚悟しても、庶民を律法の重みと恐怖と不安から解放するため、一歩も後にひこうとはなさらなかったのである。(94-95頁)

本書中盤で早くも、明確にイエスの十字架刑の理由が述べられる。掟より悲愛を第一とするイエスのまなざしは、そのままアッバのまなざしと100%同じものであった。

アッバがそのような方であったから、そのままイエスも同じように生きた。その行き着く先に、十字架刑があった、という史的理由を明確に述べているのである。

従来の日本のキリスト教が、この歴史性に十分に言及せず、即パウロ的な十字架のキリスト教的意味――人類の罪を贖う-贖罪死ばかりを強調してきたことが、日本人の感性につまずきを与えたと言える。

この点でも井上神学は、日本人にわかりやすり論を展開している。


●エゴイズムにまみれても

〝・・・・神はアッバと呼べる方で、もしもあなたたちが我欲、我執に溺れて人生の道を誤って苦しんでいたとしても、決して自業自得だ、罰を受けるのは当然だなどとはおっしゃらず、羊飼いが羊を肩に担って帰るようにどこまでも探し求め、喜んであなたを抱きしめて、御自分であなたの人生を歩んでくださるだろう。

だから安心して、南無の心でアッバにすべてをお任せして福音のよろこびのうちにお生きなさい。〟師(イエス)はそう人々におっしゃりたかったのにちがいない。
(100頁)


「ガリラヤの春・「旧約聖書」の重圧からの民衆の解放」と題する本章の締めくくりの言葉。

「迷った一匹の羊をどこまでも探し求める羊飼いのたとえ」(『ルカによる福音書』15章4-7節)、「放蕩息子のたとえ話」(同15章11-31節)などを引用、解説しながら、神は自ら、無条件に、罪人に「ゆるしと悲愛」を示され、人生の同伴者となってくださる--「アッバ(おとうちゃん)」と呼べる方であることを、強調している。

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

第4章 洗礼者ヨハネ教団からの離脱とガリラヤ宣教の開始  

●厳父からアッバへ

洗礼者ヨハネ教団と決別し、ガリラヤ地方での師独自の宣教を開始されてからの師の祈りが、・・・・野の花、空の一羽の鳥にさえ配慮をくばり、善人にも悪人にも雨をふらせてくださる母性原理の強い神に向けて、いつも「アッバ」という呼びかけでなされていたということは、疑う余地はない。(80-81頁)

ユダヤ教の血縁、民族主義の狭い枠を打ち破った洗礼者ヨハネに惹かれたイエスが、彼と決別する契機となったのが、「神殿殴り込み事件」(『マルコによる福音書』11:15-17)であったと、井上神父は考える。

その前提として井上神父は、『ヨハネによる福音書』の文脈に即して、この事件をまだイエスが洗礼者ヨハネ教団にいた頃の出来事と捉える。

その根拠として、①共観福音書の編集時の図式化の問題と、②事件の「洗礼者ヨハネによる権威づけ」の問題を置く。

たとえヤーウェの名においてさえ、不正に対して「聖戦」をいどむとき、けっきょくは罪のない庶民の涙がこぼされることになる、神はそういう裁きと罰を下す御方ではない、そういう思いがこの事件を通してイエスをユダヤ教との決別にかりたてていった、というのである。

この父性的神観から母性的神観への転換となる宗教体験が、「アッバ」(「パパ」、「おとうちゃん」の意の幼児語)という、それまでユダヤ人には思いも寄らぬ神への呼びかけとして、表明されるのである。

ここからガリラヤ宣教がはじまる。

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

第3章 ナザレの村からの出奔・洗礼者ヨハネ教団への入団  

●選民意識の打破
後に民族宗教であるユダヤ教の否定と超克のうえに世界宗教を打ち立てられる師が、この時点で、洗礼者ヨハネにお引かれになったのは、まさにこのユダヤ民族がつくりあげていったユダヤ人と異邦人との間の決定的な壁を打ち破ろうとしたこのヨハネの姿勢にあったと思えるのである。(59頁)

ナザレでユダヤ教徒として、エリート教育を受けていたはずの青年時代の日々、イエスは次第に、ユダヤ教の厳父的神観に疑問を抱いていった。

そこに、「メシア待望」を背景に洗礼者ヨハネが現れる。

イエスは家族と別れ、のちに弟子となるペトロやアンデレらと同様、ナザレからはるばるヨハネ教団に入団する。

その決意の根拠は何か、井上神父は、『ルカによる福音書』3章7-9節に答えを見出す。

すなわち、「神はこれらの石からでもアブラハムの子孫を起こすことがおできになるのだ。」

「石からでも」、ユダヤ人が見下していた「異邦人からでも」起こすことがおできになる。

事実ヨハネは、徴税人や(ローマの)兵士にも差別なく洗礼を授けた。血縁と無関係に、「悔い改め」という一点に救いの根拠が置かれる。

要するに、ヨハネはユダヤ教徒の選民意識をこえて、ラディカルに父性的神観・厳父的神のイメージを徹底した人物と考えられる。

この点では、厳父的神観に疑問を抱いたイエスに答えていない。むしろ対極にある。

が、まさに「この時点」では、ヨハネの「ユダヤ人と異邦人との決定的な壁を打ち破ろうとした」姿勢に、イエスは惹かれたのである。

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

第二章 師イエスのユダヤ教への疑惑と反発の芽生え  

●律法のエリート教育
おそらくは、師(イエス)もヤコブも、将来有望な子供として律法学士やファリサイ派からエリート教育を受けておられたであろう。(43頁)

ユダヤ教の律法を第一とする考え方を紹介した後で、井上神父は、「イエスの兄弟ヤコブ」が「義人ヤコブ」と呼ばれていたことから、イエスも生前、相当律法を熟知していたはずだと説く。

イエスの少年期については、福音書からはほとんど何もわからないが、このことは、その後のイエスの思想形成を知る上で、重要な指摘である。

「律法」の「エリート教育」を受けたはずのイエスが、なぜ、律法を軽視するような批判を受けるようになったか、興味がわくところである。


●律法に精通していたからこそ
師(イエス)が「モーセ律法」に精通しておられたからこそ、師ははじめて、その「モーセ律法」の否定と超克のうえに、ユダヤ教を超えた御自分の新しい教え、新しい宗教をたてることがおできになった・・・・のである。(46頁)

当時のユダヤ教で、「モーセ律法」を堅持することを最高として、行き着いた先の律法主義。

その弊害が、いかに貧しい人や病人、「罪人」と呼ばれた人々を苦しめたか。イエスは律法のエリート教育を受け、熟知していたからこそ、その現実に心を痛める。

この章の表題が示すとおり、まさに「ユダヤ教への疑惑と反発」を深めていったことだろう。

旧約思想の否定・超克的イエス理解は、ラディカルに進められる。


●テクトン・イエス
・・・・最も大切なことは、この巡回労働者としての青年時代に、師イエスがガリラヤ地方の貧しい庶民たちと接し、彼らの抱いていた苦しみや悲しみや涙を、痛いほどに御自分の膚で感じとられたに違いないということであり、また同時に、外国のおそらくは子供たちとも接する数多くの機会を持たれたであろうということである。(48頁)

ユダヤ教徒として律法に精通していたイエスが、なぜ、それを否定・超克していくような思想、行動に駆り立てられたのか。

その大きなヒントが、青年時代の大工職人=「便利屋」のような「テクトン」=巡回労働者としての仕事にあったのだという。

なぜならこの仕事が、貧しい庶民の苦しみや涙を目の当たりにし、異邦人の子供との接触をも可能にしたからだ。

ここには、後に祭り上げられていくキリストからではなく、一人の人間としてのイエスからキリスト教を説き起こそうという「下からの神学」的発想が見られ、説得力がある。


●一つの「神の子」証明
この世でも、そして後の世でも、永久に逃れることのできない悲惨と苦しみをいだいて生きていかざるを得なかったこれら庶民の涙を膚で感じとられた師イエスの心に、次第に「このような掟を遵守したくても遵守できない境遇に置かれている哀しい人たちを、神は本当に罰せられるのだろうか。・・・・」という疑問が、そして遂にはユダヤ教の信仰そのものに対する疑問がふつふつと湧きあがってきたとしても何の不思議もあるまい。(52頁)

イエス時代、紀元前63年以降のローマ帝国による植民地政策により、ガリラヤ地方は「貨幣経済導入」による「経済的貧困」と、それゆえに律法を守れない結果としての「地獄の火」の恐怖、という「この世」と「あの世」の二重の絶望的状況に追い込まれていた。

巡回労働者としてのイエスが、この状況を目の当たりにし、当時のユダヤ教の在り方に疑問を持っていく様子が、説得力をもって描かれている。

しかしここで何より重要なのは、師イエスが「これら庶民の涙を膚で感じとられた」という「悲愛(アガペー)」の持ち主であった、ということだろう。

キリスト者が一般の人たちに、「イエスが神の子である」ということの証明をするのは難しい。

たとえそこに「復活」をもってきても、一般の人は即納得はしないだろう。

しかし、私たちの現実を考えたとき、自分と無関係な他者の「涙」と苦しみを、ここまで「膚で感じとり」さらに行動にまで移すことができるだろうか、と想像するとき、それは説得力ある一つの「神の子」証明になっているのではないだろうか。

「これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい・・・・」(ヨハネ8:9)という福音書の一節を思い起こした。

category: 『わが師イエスの生涯』

tb: 0   cm: 0

第1章 師イエスの故郷・ナザレの村(移転中)  

●風土と精神形成
水と緑に恵まれた牧歌的、田園的風土に育ったということが、後の師の教えに極めて大きな影響を与えたということは、否定しえない事実として受けとめられるべきであろう。(21頁)

イエスの神観――アッバ神学を語るに当たり、井上神父が非常に重視しているのが、精神形成における自然や「風土」といった文化史的影響。一般に、キリスト教は、ユダヤ教からの延長として、「砂漠の宗教」→厳父の神観をもつと誤解されやすいが、本質は逆に「牧歌的」「田園的」宗教→慈父の神観を土台にしている、と説く。キリスト教が「旧約」の否定、超克の上に成り立つ、というこの著のラディカルな主張を予想させる言葉。


●「旧約聖書」の必要性
キリスト教会は、たんに護教論的な目的だけではなく、迫害を免れようとするためにも、少なくともローマ帝国に対して、自分たちをユダヤ教の傘下にあるものとして見せることが極めて有効だったのではないか。(31頁)

風土的に言っても、ユダヤ教と全く異なるキリスト教が、なぜユダヤ教の厳父的神イメージを持つようになったのか、それが、ユダヤ教正典たる「旧約聖書」のキリスト教会での扱いによる、という。

本来、ユダヤ教の否定・超克の上にたつはずのキリスト教が、「旧約聖書」を手放さなかったのは、田川建三のいう、対ユダヤ教、対ギリシャ・ローマ思想への護教的目的だけでなく、皇帝礼拝を拒否し、新興宗教として迫害されたキリスト教の弁証のためだったと、井上神父は推測する。


●旧約からの脱皮
いかに師イエスの生涯と教えが旧約思想を否定、超克したものであったか・・・・。

師イエスの生涯と教えとは、この峻(けわ)しい、近づき難いユダヤ教の神観の否定と、超克の上にこそ成り立っている。

そこ(シナイ山周辺)にうかがえるものは、暖かく優しく傷ついた人の心を包み込んでくれる、師イエスを育てたような「母なる自然」ではなくて、どこまでも厳しく叱咤激励する「父なる自然」である。
(31,33,36頁)

井上神父が文字どおり、「命を削るような思い」で書き上げた『わが師イエスの生涯』で、第一に強調されているのが、ユダヤ教とキリスト教の決定的なコントラストである。

それは、上の言葉のように、繰り返し語られる。これまでのキリスト教神学では、「新約は旧約の完成」として語られることが多かった。

すなわち、旧約と新約の「連続性」が強調されてきた。この点でまず、井上神学は大きく異なる。それぞれの風土から生み出された神観は、水と油、断絶ともいえるほどの関係に近い。

以前、朝日新聞に「旧約聖書からの脱皮を」と題した井上神父の記事が批判を受けたが、それはおよそ、旧約との連続性・等価性を前提とするキリスト者からの批判であった。

もとより神父は、旧約のすべての言葉が、アプリオリに「不要」と言っているのではない。イエスの思想を直接支持するような言葉も、膨大な旧約の中には散見できる。


 そもそも旧約の「否定」といい、「脱皮」といい、「超克」という場合、元になる思想・神観を前提としなければ、イエスのそれの斬新さを知ることもできないだろう。したがって、本書でも、多く当時のユダヤ教について頁を割いて解説している。

この点で、マリオン主義とは決定的に異なる。だが、旧約全体として根本にある神観が、イエスの神観とは正反対と言えるほど異なるということなのである。

category: 『わが師イエスの生涯』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 1

求道詩歌誌「余白の風」

南無アッバの集い&平田講座

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

カテゴリ

▲ Pagetop