「南無アッバ」を生きる ホーム »お父さんが作るお弁当
カテゴリー「お父さんが作るお弁当」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

妻よ、ごくろうさま~♪  

赤い花



category: お父さんが作るお弁当

tb: 0   cm: 2

弁当実話  

ある日、昼休みの廊下で、
女生徒「あ、先生!それ、愛妻弁当??」
わたし「ちがうよ。自分で作ってくんだ」
次の日、
女生徒「あ、先生!それ、愛妻弁当じゃない??」
わたし「ちがうっつーの。自分でつくってんだよ!」
そのまた次の日、
女生徒「先生、それ、愛妻弁当でしょ?」
わたし「あのね、自分で作ったんだよー」
女生徒「ほら、やっぱり愛妻弁当じゃない」

=====================
付記:昨日今日は、風邪で寝込んでいる三男坊の分も含めて、三つつくっちゃいますたー。

category: お父さんが作るお弁当

tb: 0   cm: 0

弁当道  

弁当とは何か?!
またどっかで哲学したくなってしまうこの性格。。。業のようです。
さて、3年目の弁当道で、確立した原則とは、
「できるだけ、手間・暇・お金をかけずに、栄養・彩り・味・肉・魚・野菜バランスのよいものを」ということでしょうか。
CIMG1202s.jpg

これ↑も最近の自作ですが、見てわかるように、冷凍ものも嫌いません。
よく「愛情と手間・・・・」などと言いますが、遠足に行くための弁当ではないのです。
息子の勉強と部活、ぼくの仕事に耐えられる実質的なものでなければならん!!
「毎日継続して、波無く作る」というこれが鉄則。
そのなかで、できるだけ飽きないように、工夫する。。。

なんというか、俳句に似ている。
俳句も制約があるから面白いように、あの弁当箱という狭い空間を、いかにすばやく楽しい世界に立ち上げるか、、、、なんだか大げさになってきましたが、けっこう本気です。

category: お父さんが作るお弁当

tb: 0   cm: 7

週明けは、  

お弁当作りも調子がでません。
火水木あたりが調子が出てきます。
金曜日はお気楽に。土曜日は子供だけ登校なので、おにぎり弁当。CIMG1204s.jpg

category: お父さんが作るお弁当

tb: 0   cm: 8

気がついたら、3年目に突入!  

遠距離通学の長男を毎日起こすので疲れた共働きの妻に代わって、2年前、「じゃあ、今度は僕が作るよ」ということで、高校入学した次男のお弁当を私が作ることになった。 どこまで続くか全く自信はなかったのだが。。。。気がついたら、3年目に突入。次男も今年は受験生。

なぜこんなに続いたか? 一番大きいのは、私自身の体調のサイクルが変わったことじゃないか。

今年50。早起きがそう苦痛ではなくなってきたのだ。むしろ、休日など、4、5時に目覚めてしまう。 早朝ミサに行くのも楽しみになった。

30台だったら、とてもできなかっただろう。 老化は着実にやってきて、物忘れはするは、手元は狂うは、、、いやになることは多いのだが、こんなところに、老化の効用があったことに感謝したい。

私が毎朝、弁当を作るせいか、なにかと妻の機嫌も良い。 若いときには味わえなかった、落ち着いた夫婦生活を送りたい。

category: お父さんが作るお弁当

tb: 0   cm: 5

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop