「南無アッバ」を生きる ホーム »○書評
カテゴリー「○書評」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

それぞれの野望  

テキスト:講談社:遠藤周作歴史小説集2(1995年発行)

p9「それぞれの野望」
天正10年6月2日、京都、早朝。
カリオン神父、聖堂へ。
                        
前日、徳川家康、京都泊。
信長の訃報。 
    
17
羽柴秀吉、備中、石井山にて。
近習たちの思惑。
秀吉の教育方針--競わせる。

水攻めの高松城

26
カリオン神父、本能寺の変を知る。




章名はないが、第1章にふさわしく、速いテンポで、
人物の思惑や、生い立ちに触れながら、
登場人物が、本能寺の変を、知る場面を、
わかりやすく、描写している。
スポンサーサイト

category: ○書評

thread: 歴史大好き!

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

ノーマン・V・ピール『積極的考え方の力』  

過去に、もう4半世紀も前だと思う。
著者ピール氏の「40の御言葉」といった本を、購入して、読んだ覚えがある。
ピンク色の表紙だった。

さて、その『積極的考え方の力』で強調されているのは、いたって単純な一事。
聖書の御言葉を暗記して、心に刻むということ。

たしかに牧師としてのピール氏ならば、正統な処世法なのだ。
そこで私も、さっそく、以下のような方法を紹介します。

category: ○書評

tb: 0   cm: 0

朝自習の読書時間に。。。。  

西村京太郎『津軽・陸中殺人ルート』
ひたすら、西村京太郎を読んでいる中学生がいるそうで。
全部でもう、400作くらいあるのだろうか。
よくもまあ、こんなにトリックが考え出せるものだと感心する。

この作品も、現役刑事と家族が脅迫・誘拐され、カメさんが殺人犯に仕立てられるという、とんでもないところから出発する。

・・・・が犯人でないとすると、自分たちは、全く間違った道を歩いてしまったのだろうか?
十津川は、せわしく、煙草を吸った。なかなか、煙草がやめられない。
「この際、疑問を、全部、並べてみようじゃないか」
(6章)

何気ない一文を取り出してみたが、十津川は行き詰ると、こうして、同僚相手に、疑問点を洗い出し、対話する。

これが、実は、読者の頭を整理する役割をして、筋を復習させているわけで、こうしたところも、西村の「読みやすさ」人気の秘密なのだろう。

category: ○書評

thread: ライトノベル

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

剣客商売4「天魔」  

新潮文庫(新装版) 池波正太郎

連作。江戸風情人情のんびり気楽

秋山大治郎と佐々木三冬の純愛も嬉しい。

文体のリズムもよく、文字も大きめで、読みやすい。

category: ○書評

thread: 本の紹介

janre: 小説・文学

tag: 江戸風情    人情  のんびり  気楽 
tb: 0   cm: 0

講座 日本のキリスト教芸術3 文学  

http://www.bp.uccj.or.jp/book.php?CD=00611
書中「詩歌」「キリスト教俳句の系譜」のなかで、「余白の風」にも投句くださっている新堀邦司氏が、平田栄一についても書いてくださっています(168-169頁)。

以下、この本の中で、興味深い点についていくつか触れます。
まず、シリーズ「1音楽」「2美術・建築」で、それらは読んでいないのですが、この「3文学」については、B6版290頁弱のなかに、「小説」「詩歌」「児童文学・戯曲・評論」と、その中の各項目とも、偏りがなく、非常にバランスよく書かれ、編集されているということ。

しかし、その結果、当然ですが、個々の作家についてはどうしても網羅的で、急ぎ足になってしまいます。
この本でパノラマ的に全体を見、興味がある作家については、各項ごとに付された参考文献を当たるのがいいでしょう。

そういう意味では、人口1%しかいない日本のキリスト教芸術のガイドブックとして最適な本です。

category: ○書評

thread: 本の紹介

janre: 学問・文化・芸術

tag: キリスト教  俳句  井上神父  平田栄一  詩歌 
tb: 1   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。