「南無アッバ」を生きる ホーム »井上神父の名言
カテゴリー「井上神父の名言」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

祈りとは  

自分が主である世界から従になる世界に転換するのには、どうしても〝行〟ということが必要です。型に入るということはそういうことなのです。祈りにはいろいろなかたちがあるかもしれませんが、「祈り」というのも一つの行であります。

(『人はなぜ生きるか』宗教のこころ・視点の転換のこと)
スポンサーサイト

category: 井上神父の名言

tb: 0   cm: 0

人生の主役  

私たちの人生というのは、私たちが何かをし、それによって私たち自身を表現するものではなくて、神が――神という言葉がお嫌いな方は、私たちをささえている大自然の生命と受けとめてくださっても結構なのですが――私たちの生涯において己れ自身を表現させるものだ、ということなのであります。
(『人はなぜ生きるか』宗教のこころ・希望がなくて生きられるか)

category: 井上神父の名言

tb: 0   cm: 0

人生で一番大切なこと  

私たちは、健康にしろ財産にしろ友情にしろ家庭にしろ、価値のある大切なものを失って色あせてしまったときに、その色あせ挫折してしまった自分を受け入れることができる心というもの、それが考えてみれば人生で一番大切なことではないかと思ったのです。
(『人はなぜ生きるか』宗教のこころ・人生で一番大切なこと)

category: 井上神父の名言

tb: 0   cm: 0

おまかせ  

元気でね
 機影に手をふり南無アッバ


遠藤氏の『侍』の最後の場面を思わせる。
「ここからあとは、あの方が。。。」

家族、友人、どんなに親しく囲まれていても、死んで行くときは一人。。。

不慮の事故、病気、、、ひとたび別れれば、再び会える保障はどこにもない。。。

最後の最後まで、いや、あの世までも責任をもってくださるのは、アッバお一人のほかない。。。

category: 井上神父の名言

tb: 0   cm: 3

イエスと性  

向かいの席 むきだしの少女の白い腿に
 思わず目を閉じ南無アッバ
(『アッバ讃美』p.13)
神父がエロティズムを詠うということ自体で、驚いたり、眉をひそめたりする向きも、いまだにあるやもしれない。
それならば、「女を見て欲情を抱くものはすでに・・・・」と言ったイエスに性の悩みや問題は最初からなかったろうか?
イエスが救い主であり、神(の子)であるということは、人間として、男性として当然ぶつかるであろう性の問題に、当初から超然としていたこととイコールではない。

それにしても、井上神父のこの一句には、どこにも卑猥さがない。イエスの性に対する感覚も、そのようではなかったか。。。

category: 井上神父の名言

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。