「南無アッバ」を生きる ホーム »『俳句でキリスト教』
カテゴリー「『俳句でキリスト教』」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

日本人の心に根ざすキリストの道を求めて  

平田栄一著『俳句でキリスト教-求道俳句をめぐる心の旅』書評:山根道公

俳句でキリスト教」という本書の題は実にユニークである。

例えば西洋美術で或いは西洋音楽でキリスト教というのであれば珍しくない。

しかし、西洋文化とは対極の最も日本的感性に根ざした日本の伝統的文芸を代表する俳句でキリスト教を語るという点に、本書の他に類を見ない特色がある。


本書は、著者の主宰誌「余白の風」をはじめ、「豈」「紫」「層雲自由律」などの俳誌に発表した句評を、聖書、神、マリア、イエス、使徒、天国、十字架、復活、教会、祈り、信頼、日本人とキリスト教といった項目にまとめ、加筆したものである。

中村草田男ほか有名無名の九十余句の俳句をとりあげ、その句評によってそこにあらわれた日本的感性とキリスト教との関わりを探る本書は、句評の域を越えて、カトリック俳人としてキリストの道を求める著者の生の軌跡が言葉となった求道エッセイである。


著者は、すでに四冊の詩的短文によるエッセイ集を刊行しており、処女エッセイ集『今を生きることば』には、三浦綾子が「常に祈り、聖書に聴く姿勢から生み出された珠玉の人生観!凝縮された思索!より深く生を生きる道が、ここにさやかに示されている」との言葉を贈るほどの、求道精神に裏打されたエッセイストでもある。

この魅力は本書にも遺憾なく発揮されていよう。


ところで、著者は自身が
「俳句に接したときの無条件の和みと、キリスト教に対する構え、この対照的な感覚はどこからくるのか、わからないままに『聖書』と『山頭火句集』を交互に読み、また祈る気持ちで自らも実作するようになりました。

……欧米的キリスト教を無意識に第一と思い込んでいた自分に問題があることに、ようやく気づくようになった」(「『俳句でキリスト教』出版にあたって」『風』七〇号)

と語っているが、この俳句的感覚とキリスト教との距離感への問題意識は、遠藤周作が文学において、井上洋治神父が神学において追求してきた「日本人とキリスト教」というテーマと直結するもので、それに気づいた著者は「はじめに」の中で「俳句によってこのテーマを追求することが、わたしのライフワークと考えるようになった」と述べている。


私は以前、キリスト教詩人八木重吉の詩について、人間と自然を峻別するキリスト教世界からはみ出しているとの批判に対して、井上神学に教えられ、八木重吉の詩を、西洋キリスト教の世界からはみ出しているのであって、日本人の心に根ざしたキリストの道を自ずと生きている姿だと論じた。

遠藤も、自分の書く作品が従来の神学に背くことに負い目を感じていたのが、井上神父の著書の神学的理論が自分の作品の裏付けとなることで、強い支えとなったと語っている。

本書の著者も、井上神父主宰の「風の家」の機関誌『風』に「井上神父の言葉に出会う」と題した連載をするほどに井上神学を深く吸収しており、その結実が日本人の心に根ざすキリストの道を、俳句で語る本書である。


西洋キリスト教との距離感に苦悩してフランスから帰国した遠藤と井上神父が、日本人の心に根ざしたキリスト教の開拓をめざし、自分たちは次世代の踏石となろうと決意を語り、共に歩んで半世紀、遠藤と井上神父が願ったように、二人が切り拓き、置いた踏石を確かに踏みしめ、日本人の心に根ざすキリストの道を求めて旅する者の姿が本書には鮮やかに示されているのである。

(以上『-俳句空間-豈』第43号2006.10より山根氏の許可を得て転載しました。)

category: 『俳句でキリスト教』

tag: 平田栄一 
tb: 0   cm: 0

どの聖書がいいか  

--『俳句でキリスト教』自解・補足-p.17--

本書では一般的な「新共同訳」をメインに使いましたが、そのほかにp.19にあるような「塚本虎二訳」、「文語訳」、「フランシスコ会訳」などを適宜、利用しました。
絶対的にどれがいい、ということはないと思います。どれも一長一短です。古い「口語訳」が新しい「新共同訳」に必ずしも劣るとは限りません。現に田川建三さんなどは、どちらかというと、「口語訳」の方を推していますね。
それから青野太潮さんなどが、「新改訳」をボロボロに言うけど、名訳の部分も多いと思っています。井上神父は「新共同訳」を使う前は、この「新改訳」を使われていました。
その他、教会関係に人気のなかった「新-」の前の「共同訳」なんかもぼくは、わかりやすくていいと思います。
でも、もし「これから初めて聖書読むんだけど、どれがいい?」って相談されたら、上の「フランシスコ会訳」か、最近出た岩波の「新約聖書翻訳委員会訳」をおすすめします。
ちょっと高めなんだけど、これらには、最低限の、あるいはしっかりした解説がついているからです。

category: 『俳句でキリスト教』

tb: 0   cm: 0

『俳句でキリスト教』自解・補足-p.14-  

--「求道俳句」という呼び名について--

当初、「キリスト教俳句」と呼んでいました。
実際、この本のもとになった「余白の風」(もと「層雲青年句会報」)での連載のタイトルは、「キリスト教俳句探訪」と銘打っていたのです。

それがどうして「求道俳句」になったのか?
連載を重ねていくうちに、取り上げたい句には必ずしも、キリスト信仰を明示するようなキーワードがあるとは限らない、ということに気がついたのです。
本書読者は、本文中に、そうことわりながら、いわばキリスト者として強引に読み解いているように思われる句があることに、気づかれるでしょう。なかには違和感を持つ方もいるかも知れません。

しかし、すでに書かれてしまったものが、どのように解釈されようと作者は、基本的に受け入れるほかない。もちろん反論はできますが、反論しなければわかってもらえない、というのは、作品として未熟なのだと思います。私などは反論より静観したほうがいい、と思っています。(それならお前は、なんでこんなところで、ごたくを並べているのだ!と叱られそうですが。。。)

これは文学の、作家の宿命で、しかし読者から見れば、それだけ文学の自由が保障されているということになるのではないでしょうか。

話を戻します。
「キリスト教俳句」→「求道俳句」への変化は、もう一つには、「求道」をキリスト教に限らず広い意味に使いたかった、ということがあります。
仏教の方では、「求道」と書いて「ぐどう」と読ませます。
その場合「求道者」は、どこかではっきりした線は引かれていません。どんなに偉いお坊さんになっても、一生「求道者」であることを、はばかりません。

それが、キリスト教の方にきて、驚いた。
一般に、受洗に達していない、いわばキリスト信仰志願者のことを「求道(きゅうどう)者」といっている。違和感がありました。
いつ、キリスト者は、「でき上がってしまったの?」と思います。
私は、洗礼を受けていようがいまいが、一生求道者でありたいと思います。
そういえば、キリスト教は最初、「主の道」とか「神の道」(使徒18章)、キリスト信者は、「道に従う者」(使徒9章)っていわれていたんですよね。

その上で、仏教や他の宗教を目指す人たちとも、俳句を通して真の生き方としての「道」を模索したい、交流したいと考えたのです。

日本人はそもそも「道」が好きです。茶道、華道、俳句道・・・・何でも道にしてしまう。でも、がむしゃらに道を求める、ってのは、ちょっとちがうように思います。
あくまで、「道楽」でありたい。なんせ俳句は、肩の力を、ふっと抜いたとき、はじめていいものができるから。この点は、本書「あとがき」に書いたとおりです。

こうして肩の力を抜いて、モノを突き放して観る(写生)、難しいことだけれど、自分すら突き放して観る、そういう俳句の求道性というのは、本文でも繰り返し述べているように、宗教の根本=自己相対化に通じるものだと思います。

category: 『俳句でキリスト教』

tb: 0   cm: 0

『俳句でキリスト教』-p.12-自解と補足  

『新俳句入門』、これはいま検索しましたが、復刻版も絶版みたいですね。残念。。。古本なら入手可能のようです。
これは、荻原井泉水(せいせんすい)の自由律俳句のすすめ、ではあるのですが、
「できるかぎり、光の中に出でて、俳句を作ることだ。光の中からじきじきに俳句を探り出してくることだ。」(p.45)
のように、人生論やときに聖書の言葉を思わせるような表現があります。

井泉水は、俳句実作より、どちらかというと、評論や芭蕉研究の方がすぐれているともいわれます。随筆なんかも、味わいのある文章を書いています。
層雲第一句集
田植のあしあらう水も田へゆく水(S21)
宿に来ても宿題の算数のつくつくぼうし(S28)

60歳代の、油の乗った時期の作品です。
また奥様をなくしてからか、晩年は仏教に傾倒し、「作品が宗教的になってしまって残念・・・・」といった批評をされることがあります。私などは、宗教的な句がむしろ好きなほうなので、そんなことはないと思うのですが。。。

category: 『俳句でキリスト教』

tb: 0   cm: 0

『俳句でキリスト教』自解と補足  

--「はじめに」について--
井上神父との出会いについては、求道記にくわしく載せています。ご参照ください。
あの頃の私は、藁にもすがるような気持ちで、「道」を求めていたように思います。
ちょうど、会社を辞めたときで、無職になった不安も大きかったと思います。
しかし、生活が一応安定したとき、「ぜひ洗礼を受けたい」と思った、というのも、いまだに不思議に思います。

それから、受洗したのが1981年、自作の俳句が初めて活字になった(初出)のが1986年で、この5年間は、「洗礼を受けました。はい、救われました!」という感じではありません。
それは、この初出句を見ていただければ、明らかです(本書97ページ参照)。

救いの実感がもてない私は、受洗後も度々神父に詰問するようなこともあり、お世話をかけました。
当時盛んになっていたカリスマ運動や、カトリック受洗前と同じように、プロテスタント教会に出入りしたこともありました。
一方で、頼まれるままに、代父を引き受け--今現代音楽で活躍している作曲家H氏もその一人--るようになり、「こんな自分が・・・・」という後ろめたさを感じないわけにはいきませんでした。

そんな折、やはり身近にカトリック信者がいないという、ある方の代父をした後、洗礼祝い、ということで、都内の質素な木造一軒家に招かれました。
井上神父は表札を指差しながら、「あなた、ここ誰の家だかわかるかい?」と聞きます。
「渡辺」と書いてある。
なんと!あのユマニスト研究の第一人者、故渡辺一夫先生のお宅でした。当然ビビリました。
しかしそんな私も含めて、渡辺婦人らは気さくに話しかけたり、ざっくばらんに大笑いしたり。。。
何か、理屈をこえて、自然体の日本人キリスト者に出会ったような気がしました。

こうして井上神父と、その周辺に集う人たちとの出会い、そして俳句との出会いが、頭で信仰を理解し、構えようとする私の気持ちを、徐々にほぐしていったのだと思います。

category: 『俳句でキリスト教』

tb: 0   cm: 4

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop