「南無アッバ」を生きる ホーム »『心の琴線に触れるイエス』
カテゴリー「『心の琴線に触れるイエス』」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

『心の琴線に触れるイエス』-日本人のためのキリスト教入門  

井上神学初の本格的案内書が手軽な文庫サイズで登場!
平田栄一の新刊!06年12月発行(聖母文庫)定価525円(税込)

kokoronokinnsenn-small.jpg
ISBN4-88216-274-1

*こんなキリスト教があった!日本人の感性に合った信仰を求めつづけてきた井上洋治神父の言葉を、著者の体験を交えながら、わかりやすく解説――はじめての井上神学案内

*日本人の自然な感性で受けとめられるキリスト教を求めて――遠藤周作の畏友・井上洋治神父のキリスト教を、一求道者の目でわかりやすく解説

*イエスとともに、アッバの風に己を委せきって生きる――日本人求道者のためのキリスト教――井上洋治神父に長年師事してきた著者の体験にもとづく格好の井上神学入門書。

*「風」誌連載エッセイ「井上洋治神父の言葉に出会う」第一部(1)~(10)を大幅に加筆・訂正して、まとめました。

○お求めは、聖母の騎士社アマゾン書店

06年12月16日のアッバミサで、井上神父ご自身&山根道公氏が本書を紹介しています。(MP3)

category: 『心の琴線に触れるイエス』

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 1

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop