「南無アッバ」を生きる ホーム »アッバ讃句コーナー
カテゴリー「アッバ讃句コーナー」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アッバ讃句コーナー(第12回)   

「風」第99号2015年秋掲載

*選者コメント

遠き日の一日を借りて田水張る  佐藤淡丘(豊田)
梅雨寒や心の棘のありどころ
蝸牛殻に潮騒宿しをり
青あらし水甕の水溢れざる
あぢさゐとひらがなでかくうなじかな

 井上神父さまが、お亡くなりになられても「アッバ神学」は、今も私の中に生きています。その実践の場は、早朝の「会神の丘」であります。自分を無にして、キリストへの「信入」です。
 キリストの中へ自分を棄てる。そのとき、みたまの力により、塵芥のように大地に溶け込み、心から「南無アッバ」と唱え、そして癒されてゆくのです。アーメン、南無アッバ。

*③「蝸牛」にとっての「潮騒」は、それこそ数億年の遠い記憶かもしれません。⑤最近、初孫娘が生れました。こんな光景がいつ見られるのか、楽しみです。

平和旬間バトンを握り南無アッバ  F・フランシスカ(八王子)
九条が揺れる震度に目を覚ます
十字架の平和しみじみと八月
留守番をしたと嵩増す夏の草
熱風の街生かされているふしぎ
緑蔭の清風に会う南無アッバ

*②公民館だよりに、「九条守れ」の句を載せなかったことで世論が沸騰している。市は「世論を二分するテーマは避けるべき」と勝手に判断する前に、全公務員に課せられている「(「この」=現行)憲法尊重擁護の義務」(九九条)があることを忘れてはならない。

忘れ易きなづき脳を励まし記憶をたどる あれは あの時 南無アッバ 魚住るみ子(練馬)
嬰児はすとんと寝入りぬ母を呼び泣きゐしものを母の乳足らひ 南無アッバ
春深しバス停二つまどろみぬ

*①「老いは今まで頂いてきたものを一つずつお返し申し上げる時」と井上神父は常々おっしゃっていました。その寂しさのなかにあっても「南無アッバ」②老いる程に、私たちはこの「嬰児」の単純さ、素直さに学ぶべきなのでしょう。

向日葵や果てるところに君がゐる  片岡惇子(名古屋)
壊れゆく命を包み百日紅
百日紅風に逆らひ瞬に散る
蝉時雨半音下げて祈りの刻
八月や言葉失ひロザリオ繰る
八月やどの道行くも焦げ臭き

*どの句にも日常と非日常の対比が巧みに表現されている。④「蝉」も「祈りの刻」には音程を変える。⑤「ロザリオ」を唱え始めてしばらくすると、心と頭が澄み切ってきて唱える「言葉を失う」時がある。共感。

学童の声に負けじと苗育つ  西川珪子(一宮)
うすものや母の墓なり南無アッバ
戦なき世を願ふ八月の水
大き種抱へる枇杷の原罪は

*近年とみに暑い日本の夏は、考えさせられる事件や話題も多い。③集団的自衛権、原子力発電所再稼動問題・・・「八月」の死者の声いかに。④「大き種」に象徴される人間の「罪」。むろん「枇杷」に責任はない。

飛び去らず我に寄り来る蛍かな  ユックリン(広島)
飛び立てず我に寄り添う蛍火よ

*二句並べての出句、味わいの違いを考えさせられる。①強い「蛍」②弱い「蛍」という印象がまずあって、しかし、「寄り来る」より「寄り添う」方に、人生同伴者の親近感は深いかと。

著作集伝へ行くらむ師の思ひ  赤松久子(高知)
師とつま亡夫と同じ命日桃の花
指細り結婚リング右の手に
ヘルパーと別れを惜しむ五月闇
愛らしき地産地消の苺かな
友よりのトマト食みつつ南無アッバ

    使えなくなったカード(詩)
 神父さまにさし上げようと/用意していたイースター・カード//お目にご負担がかからないようにと/考えに考えぬいた短い言葉の下書き//それらを地上に残して/ あなたは/ アッバのみ許に行ってしまわれた。//下書きは破ってしまったけれど/このカードは誰にもあげず/ずっととっておきますね。/ 南無アッバ

*④それが今生の「別れ」にならないとも限らない。井上神父に最後にお会いしたとき、不自由な身体をおして見送ってくれた。神父は「最期」と覚悟していたのかもしれない。

鳥たちは瑞枝に歌ひ復活祭  新堀邦司(昭島)
復活祭の花を献げて父母の墓
地ビールの名も「深大寺」ほろ苦し
父の日や少し濃い目のウイスキー

「風」(井上洋治神父追悼特集)を一晩で読ませていただきました。一度もお会いする機会がなかったのに、井上洋治神父様のお人柄と「南無アッバ」の信仰を身近に感じることができました。読み終えて、私も思わず「南無アッバ」と口に出してしまいました。「南無アッバ」は、神様の寛やかな愛に包まれていることへの心からの感謝が込められた言葉ですね。
 神様への全幅の信頼から発せられた言葉ですね。よほど身近に神様の存在(共在)を感じられなければこの言葉は口にできないと思います。
 井上神父様のご提言の中で、「下からの神学」「即自然的神観」には共鳴するものがあります。

*新堀さん、ありがとうございます。このところ、生前は井上神父と直接面識のなかった何人もの方から、このように神父を慕うお言葉を頂いており、心より感謝申し上げます。

桑の木に登れば見える主の姿  平田栄一(蓮田)
患難は望みを産めり秋の山

 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=平田栄一
スポンサーサイト

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

アッバ讃句コーナー(第11回)  

「風」第98号2015年春掲載

*選者コメント
神父様のご帰天一周年に寄せて
ひと枝の啓翁桜たてまつる師の道行に沿いて送れよ  金尾哲也

 道行に啓翁桜咲きいでし南無アッバの祈りに添いて  金尾裕子

*本誌九七号井上洋治神父追悼特集拙作<登りゆく目白坂には満開の河津桜が風に吹かれり>と同じ現場での作歌とみました。それぞれに神父様との思い出は尽きない。同信の道ずれとして、ご縁と絆を改めて思う。

南無アッバ山茶花真白二人目の産月近きまご孫娘を労る  魚住るみ子(練馬)

南無アッバ肩冷ゆる夜半目覚めたりアッバの祈りめつむりとなふ

*年明けに米寿を迎えられる由、おめでとうございます。私の亡父が米寿の祝いの時、まずは母に感謝の言葉を述べていたことを思い出します。どうぞいつまでもお元気で。

南無アッバ二人目曾孫も男の子なり降誕祭のその日生れぬ

*「二人目も男の子」!末は神父かイクメンか。昔は家の跡継ぎとして男子出産を喜んだものですが、今はまた違った楽しみがありますね。おめでとうございます。

真中に主が居て日溜り草の花  片岡惇子(名古屋)

*いつも「主」が中心にいる日常は、心も安定する。

落葉の全てが終り祈りの時

*「全て」が終わったように思える時こそ祈りの始まり。

時雨るるや生かされ生きて生かされる

*「生かされる」ことと「生きる」こととが一致する瞬間。

一瞬の決意寒水手に受ける

*お手紙に「今年はあれもこれもでなく、一点だけ励んでみます」と「決意」を新たにされていました。わたしたちの信仰も、「南無アッバ」の「一点突破」型でいい!

大寒や寂しさだけが固まりぬ

*「寂しさ」は「固まり」、喜びは拡がるとも。

この冬木早暁の月かかりけり  佐藤淡丘(豊田)

この道や冬満月の影や濃し

 冬暁の天空は、なんと美しいことだろう。上弦の月に明けの星(金星)が、風鈴のように寄り添い神秘な輝きを放ってくれる。
 この神聖な光を体にくるみ、「南無アッバ」と唱え、大地に三度跳躍を繰り返すとき、心身共に、宙と一体化する感覚にとらわれるから不思議である。これを信仰というのでしょうかね。お笑い下さい。

*「会神の丘」では無限に俳句やアッバ讃句が生まれそうですね。そうした宗教体験は、「宙と一体化する感覚」と共に、淡丘さんの血肉となって信仰を成長させてくれるのだと思います。

連嶺や一つ残りて春の星

摘みたればさみしき記憶なずな薺かな

早朝、「会神の丘」で独り祈るとき、一陣の風が、まさに「おみ風さま」となって通り過ぎるのを何度か味わうことがあります。
三位一体の神さまは、こうして触れんばかりのお恵みを下さるのですねぇ。
再びひれ伏して祈りました。南無アッバ、南無アッバ、と。

*「会神の丘」での「南無アッバ」。これが淡丘さんの「一点突破」ですね。昔、ある神父様に「最近ロザリオをやっているのですが、これをやっていれば何か見えてきますか」と聞いたことがありました。すると、「十年続けたら、何も見えなくてもいい、ということが見えてくるよ」と言われたことを思い出しました。

淑気満つ南無よアッバよLET IT BE  瀧野悦子(京都)

*「南無よ」がユニーク。修辞的にはおかしいのですが、その心はよくわかります。私なども、よく「アッバさま」などと言ってしまうのですね。そのまま訳したら「おとうちゃんさま」ですから理屈では間違いでしょう。しかし祈り言葉は理屈ではありません。お任せの心から思わず出てくる言葉を大事にしたいと思います。「南無アッバ」「おみ風さま」・・・のように。

会ふ度に大きくなりし孫七人戦無き世を祈るアッバに

*世代交代は寂しくもありうれしくもある。

今ここが神の国だと神父説くアッバとわたしそしてあなたも

*神の国は完成に向けて、すでに始まっている。

復活の頃に良くなるきっとなる癌病棟に友をのこして

*希望は確かに私たちを支える。それを気休めというのは傍観者の言葉。

み恵みで旧友と会ふ秋の昼  赤松久子(高知)

友情に時の隔ては無かりけり

昔のプロテスタントの友人が、東村山から訪ねて来てくれました。二人の体調と生活日程から、実際に会える瞬間があるなど奇跡としか思えず、「アッバは本当に必要なものはちゃんと与えて下さるのだ」と、しみじみ感じたことでした。

*お友達との再会を準備してくださったアッバ。その喜びと感謝の気持ちが御作に表れています。クリスマスカードありがとうございます。そこに記された一句も頂きました。

星々の示すブラックホールかな

*輝く「星々」が指し「示す」のが、「ブラックホール」という暗闇――あたかも神の「無」のようです。

宇宙より見ゆる高知の小さき灯よ

*逆に、高知から見れば皆「小さき」星々よ。

禁断のエデンの林檎甘かりし    新堀邦司(立川)

*「わかっちゃいるけど止められない」。人の業や欲望はどうにもならない。しかしそういう、どうしようもない私たちが構成するこの世を、アッバは裁かず「然り、よし!」とされた。

立つときも小鳥は赤き実を零す

*「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがありますが、どんな所からも去るときは必ず痕跡を残すもの。できるだけ良いものを残したいのが人情ですが、そうはいかないのが人生。そこに「ゆるし」の福音がある。

体調も心も崩れてみ光とあう  山本久子(庄原)

*「み光」や「あう」など、ひらがなが生きている。幼子の心そのまま、なるがまま。

この痛みを大切に南無アッバ

*こういう境地は「十字架の逆説」がわからなければ出てこない。

南無アッバ、薬をポケットに列車に乗る

*なぜか芥川の「蜜柑」を思い出しました。

冬の空一人が逝きて一人あ生る  平田栄一(蓮田)

*井上神父様が亡くなられてはや一年。私のところには昨年七月に初孫が生まれました。時代の移り変わりを感じます。

片言に読める福音日向ぼこ

倫理説く聖句は嫌い銀杏散る

*生前、神父様から「道徳主義から脱した日本のキリスト教を模索してください」とお手紙を頂いたことがありました。

罪の棲む身にも望みや曼珠沙華

*アッバの前に素直に頭を下げること、そこに希望が沸くという福音。

草萌や信じるもののあるように  早見紀美恵「驢馬」
伝えてよ校庭はみな牡丹雪  あざ蓉子「花組」
夕顔や薬を忘れないように
裸木や徐々に夫婦になってゆく  森須蘭「祭演」
巻き戻し出来ぬ人生蜜柑剥く
 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=平田栄一

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

アッバ讃句コーナー(第10回)   

「風」第97号2014年夏・秋掲載

本コーナーも、今回は井上神父追悼特集としたいと思います。
たくさんのお悔やみや作品を頂きました。感謝申し上げます。
その中から佐藤淡丘さんの御文より――
「井上洋治神父さまが、お亡くなりになられました。とてもさみしい気分の毎日です。
「アッバ神学」の道にたどり着いたのも、俳誌「余白の風」とのであいが、きっかけです。この間、平田主宰より、井上神父の求道者的性格の強い文章に接し、正に孫弟子である私が、「南無アッバ」の実践と確信に至った、この十年を、今も不思議な想いでふり返っています。心からありがとうございました、と申し上げます。南無アッバ。 深悼」

以下、お寄せ頂いた追悼作品より紹介します(◎○選者推薦作)。

初蝶の美妙な距離を待ちわびる  佐藤淡丘(豊田)
○ぼんぼりや枝の先なる花の冷
糸桜と毛筆で書く机辺かな
囀りの上半分を眺めゐる
しみじみと仰ぐ桜よ歳足らふ

○さくらさくら天より届くエールかな  瀧野悦子(京都)
春召さる洋治神父にありがとう
南無アッバアッバよアッバよ南無アッバ今日も明日も南無南無アッバ

苺一つになって心は豊かなり  西川珪子(一宮)
○雛納め末期もここに飾りたし
白菜鍋二人がいいな一人言
咳込めば痛みし胸の冥さかな
風花や舞いつつ消ゆる人の逝き

木蓮やふと立ち止まり過去を見る  赤松久子(高知)
今をこそ生きてゐるらし白木蓮
想ひ出はアッバに捧げ今日生きる
文旦の香り目に沁み南無アッバ
師を偲ぶ季節となりぬ四旬節
○南無アッバ枕許には師の〝讃句〟
師のみ前感謝とともに百合捧ぐ

病棟で一期一会の分かち合い  フランシスカ井上(八王子)
検査待ち祈る時間を給わりて
満開を見下ろす異界から花見
◎南無アッバ教えし人の南無アッバ
逝く人へ桜を添えて南無アッバ

南無アッバ 南無アッバとて逝きましぬ  魚住るみ子(練馬)
○一途にも南無アッバの道みもとへとゆきたまひし跡われら従きゆく
汚染水もれ出づるにもすべの無くそれでも原発を続けますか

豌豆の花咲く忘れ伸びきりぬ  片岡惇子(名古屋)
春愁や鏡の中の我が素顔
主の遺言聖書を詠みし風光る
生きた水求め上りし雪の川
○復活の命の恵花吹雪
知ったから主の道探す春の泥

○春一番吹く風にのり師は天へ  宮坂佳子(横浜)

「風」よりの開いた手紙読み進み神父様が、と訃報を知る  横田晴美(入間)
温かき人柄が包むミサ思う懐しき声聞こゆ神父様
○わが苦難見抜いたように近づきて「駅までどうです、歩きませんか」
神父様ふいといかれた天国はどんなところでございましょうか
 
童心の道こそ命と喝破した井上洋治神父は逝けり  平田栄一(蓮田)
二十代失業中の吾にさえまともに対せし神父の悲愛
寄贈誌より
○風鈴のあの世この世の音となる  あざ蓉子「花組」
○波郷忌の二合の酒をあたためぬ  新堀邦司「日矢」
 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=平田栄一

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

アッバ讃句コーナー(第九回)  

「風」第95号2013年冬掲載

蝉の声あまり聞かざる年なりき  赤松久子(高知)
台風の過ぎたるあとのちぎれ雲
被災地を癒し給へや秋の風
キリストに惹かれて歩む霊の道
亡き夫は〝風〟に惹かれし人なりき

腰の痛みにペイン・クリニックに通い始めた由。お辛いことでしょう。そうした中でも、「被災地」に思いを馳せ、また亡き御主人やお子様への思いを温められる。まさに「無我」も「主我」もありません。

十字架に孤独預けてあじさゐに降るしめやかな雨を見てをり  井口萬里子(三浦)
信仰はおのおの深くしまひゐてミサ終へし後の茶をくつろげり
黙想の庭に鳥の音 騒音は遥か下にて渦まきてゐる

①イエス様の「十字架」に合わせて私たちの「孤独」や「つまづき」「弱さ」を捧げましょう。アッバはそれらを「共感」「祝福」「強さ」に変えてくださいます。そこに「福音」がある。③二つの「音」の間を一字空けてみました。

和やかな語らひ想ふ須波なる南無アッバの家健やかにこそ  魚住るみ子(練馬)
南無アッバ朝戸出心清しきを今日のひと日に恙あらすな

「風の家」須波分会を立ち上げた荒木さんとるみ子さんは、井上神父を通しての旧知の仲。お二人とも温厚なお人柄で、南無アッバを生きておられます。

台風やノアの箱舟空のまま  片岡惇子(名古屋)
韮の花傷つき見えし主の十字架
青柿や怒り捨てつつ赤くなる
修院を風にまかせて秋の蝶
マリア像祈りし両手秋つかむ

①ちょっと考えさせる句。「箱舟」が「空」ということは、新たな大地へノア他生き物たちが希望を持って降り立ったからか、はたまた途中で台風にみまわれて・・・?!

ごんぎつね足に絡まる彼岸花  佐藤淡丘(豊田)
古びたる聖書いとほし秋初め
ふくよかな母の面影白桔梗
紙芝居昔語りにいわし雲
名月や木の間がくれに従いてくる

私事ですが、昔吾子に、初めて「ごんぎつね」のアニメを見に連れて行った時、「かわいそうだ~」と、心配になる程いつまでも号泣したのでした。その長男も今や三十路。おかげさまで無事に新家庭を築いています。

主を賛ふバッハに長き夜をあづけ  瀧野悦子(京都)
秋さぶやまあるくなりぬ夫の肩
秋日差す洋書のならぶ襄の部屋
弾いてみたき八重のオルガン秋澄めり
深秋や新島邸に神在まし

③~⑤NHK「八重の桜」も終盤ですね。これを機に、私たちとしては日本人とキリスト教というテーマを一人一人考えてみては、と思います。カトリックの方ではちょうど「信仰年」の総括が行われています。

形見なるロザリオ古りぬ敗戦忌  新堀邦司(国立)
空蝉のなほ執着の姿かな

井上神父は「どんな人でもその死後に残すものは大きい」とおっしゃっていました。まして私たち日本人キリスト者にとって、「形見」として「ロザリオ」が残されれば、その方の一生の信仰が語りかけてくるでしょう。

「ルルドへの行進」の絵のよな宵の空瞬くうちに色は移りて  小林昌子(甲斐市)

シルクロードの印象的な絵を書いた平山郁夫画伯ですね。

孫たちと笑いの中の西瓜わり感謝のうちに南無アッバアーメン  藤居康二郎(竹原)

お子さんやお孫さんたちと近くの海に海水浴に行かれた時の御作。第五句(結句)が破調になっている(九音)件ですが、五音(定型)+四音なので、このままで気になりません。

愛が足りないミモザが塀をはみ出して  神野紗希(「祭演」四五号より)
現世いま歪みはじめる花筏

これらの句に出てくる「愛」や「現世」をキリスト者として読んでみると、また新しい発見があるように思います。

たましいの打ち寄せられる春の暮  あざ蓉子(「花組」六〇号より)
虫の夜や本を開けば死者のこえ

3・11で失われた多くの命。しかしその「たましい」は、アッバの懐で永遠に憩います。

十字架に「渇く」イエスや酷暑ゆく  平田栄一(蓮田)
髪洗う毎に御国は近づけり
主の御名の力や如何に大豆蒔く

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

憎らしき彼も神の子春愁い  平田栄一(蓮田)  

聖櫃の開け放たれし聖土曜

ある読者が、拙著『俳句でキリスト教』の書評に「キリスト教的な素材は日本語で切り取られた日常の中に置いて違和感は無い」と書いてくださいました。キリスト教求道俳句をめざす私たち日本人キリスト者にとって、これほどうれしい言葉はありません。

 ――アッバ讃句応募規定――
 井上神父の「アッバ讃句」にならい、皆さんの南無アッバの祈りを短い求道詩歌にしてお送りください。「風」読者であればどなたでも応募できます(無料)。「~~南無アッバ」という形のほか、俳句・短歌・川柳・自由律・一行詩などでもけっこうです。採否選者一任。投稿先=「余白の風」主宰・平田栄一

category: アッバ讃句コーナー

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。