「南無アッバ」を生きる ホーム »今、一押しの本!
カテゴリー「今、一押しの本!」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キューブラー・ロス著『死後の真実』を再読中  

久しぶりに再読しています。
3.11からもうすぐ3年、事故や事件など、社会も個人的にも、不条理な思いが募るこの頃。
励ましを求めているのでしょう。

ちなみに、遠藤周作さんがなくなる前、「ある本を読んで安心した」と言ったのは、やはりこの本だったようです。
BINGO!


遠藤さんが、亡くなる前後だったと思う。
キューブラー・ロス博士の講演会記録『死後の真実』という本を読んだ。

これも衝撃的な、そして、正直、気の休まる思いがしたことを、覚えている。

この種の話や本の評判は、書かれた内容以前に、だれが、どんな人が書いたか、という、何よりも、著者の信用度に全面的に依存するだろう。

遠藤さんが、亡くなる前に「ある本」を読んで、「おれはこれで、死ぬのが怖くなくなった」と云った、という話が、死後発行された、アフォリズムにあったと思う。
スポンサーサイト

category: 今、一押しの本!

tb: 0   cm: 0

【書評】新約聖書を知るために必要な旧約聖書を読む  

井上洋治神父は、旧約と新約のコントラストを強調しますが、その両者の神観がどう違うのかを知るためには、旧約聖書にも当たってみなければなりません。
しかし、分厚い旧約聖書。なかなか自力では読み通せません。
そこで、次のような音源が発売されています。

聖書朗読は、無料を含めてネットからもいくつかダウンロードできますが、私が聞き比べたところでは、この日本聖書協会のMP3日本語朗読がおすすめです。
何人かのプロの朗読で、落ち着いた、明瞭な、癖の無い、静かな語り口で、長く聞いても疲れません。
私は毎日の通勤途中に、車の中で少しずつ聞いています。

category: 今、一押しの本!

tb: 0   cm: 0

おすすめ! V・E・フランクル著『それでも人生にイエスと言う』(春秋社)  

繰り返し読むほど、どの頁にも、前向きに生きるための珠玉の言葉が溢れています。落ち込んでいるときにこそ一読を。

講演集なので、同じ著者の名著『夜と霧』より読みやすい。

category: 今、一押しの本!

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。