「南無アッバ」を生きる ホーム »○求道詩歌
カテゴリー「○求道詩歌」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道俳句誌「余白の風」第228号 2017年9月発行  

以下はブログ版です。*紙媒体の実物は↖サイドバーをご参照ください。


俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。

会員作品とエッセイ *選評
   
名古屋・片岡惇子
ヒロシマの叫びとどかぬ蝉時雨
長崎の平和願う鐘炎暑する
雷鳴や祈りの中に小さき者
夕立に洗われ透けるマリア像
被昇天のマリア涼しき風残し
蝸牛みんな悲しみ運んでる

*①②原爆の悲劇が忘れ去られているような国際関係が心配されます。③人間の無力とともに、アッバにゆだねる謙虚さをもつ「小さき者」⑥一人一人が自分の十字架を背負ってついてきなさい、と主はおっしゃる。

豊田・佐藤淡丘
裏山の奥よりはじむつくつくし
新涼や二の腕さすり語りあふ
鷺草の小さな決意みつけたり
睡蓮水の余白に映るもの
にいにいのこゑをつゝみてゆだちかな

わが裏山には「百段坂」(実際には九十六段)がある。毎朝これを、歩く、またぐ、昇って降りる。これらの動作は、よく考えれば全てが「片足立ち」が基本です。
よたよたしながら、その動作を意識することが、老化の防止、即ち「ウィズ・エイジング」だと自負しているところです。南無アッバ

*なるほど「アンチ――」ではなく「ウィズ・エイジング」なのですね。「片足立ち」――私もこの頃朝のウォーキングといくつかのエクササイズを決めて実行しています。お仲間入り、よろしく、南無アッバ。

大阪・島一木
群集の顔の数だけ咲く花火
通過する電車の窓も花火見る
花火見るとき鉄橋がいつも邪魔

*見ている花火がどのようなものであったかより、それを見ている一人ひとりの人生に想いを致します。悲喜こもごも、思い出のアルバムが作られる。

昭島・新堀邦司
国境に青き山脈聖五月
ロ短調ミサ曲を聴き聖五月
梅雨疎まし男にもあり更年期
父の日や父といふ字が小さく見ゆ
みどり児を抱く聖母や合歓の花

*③④ジェンダー問題が何となく女性中心に語られているような昨今、男性の更年期、イクメンのうつ病なども取り上げられつつあります。

高知・赤松久子
マグダレナ一人隠遁秋の山(聖人伝より)
ベランダに立てば吹く風秋の風
師のテープ胸熱くなり南無アッバ

 うらみ、ねたみなど、肯定はしない/しかし/自分でギーッと努力するのでなく/イエスの愛の前に立って/自分のきたなさをみとめて/お願いします――と/合掌するのです/と、神父さまはおっしゃった/南無アッバ

*井上神父さまのお話は、いつも現実に即していました。自分の罪深さを認めた上で、それを自力でなんとかするのでなく、重点が南無――お任せ、アッバにゆだねる、というところにかかっています。

八王子・F・井上
遠い日の感動が湧く槍穂高吉田画伯の気骨いまだに
庭の隅見知らぬ花が楚々とたつ天使が運ぶ慰めのたね
がたがたと早のキッチン動き出すアッバ、アッバとつぶやきながら
終活に逸る気持ちに釘をさす思い出という過去の化け物

*①「遠い日の感動」④「思い出という過去の化け物」過去は解釈によっていかようにも、今を生きる糧にもなり、また毒にもなります。

板橋・松風人
ウクレレや賛美の響き暑気とばす
みず求めつがい番と翔びする赤トンボ
我を呼ぶ炎暑に聳ゆ竜舌蘭
*松風人さん、ご入会ありがとうございます。本会「余白の風」は、詩歌の文学的な出来を第一に問うものではありません。「南無アッバ」の祈り心をごいっしょに養いましょう

蓮田・平田栄一
  今日の言葉               
自分で自分が納得できる物語が作れればいいんだと思う。
  *                     
「人間は、常に自ら進んで自分の心を変え、再び出発点に戻ることによってのみ、何か新しいことを始める大きな力が与えられるのである。これを可能にするのはゆるしである。」(ハンナ・アーレント)
  *                     
「日本人は、少なくとも八月六日から十五日の十日間は、正気に返らなければならない。」(大岡昇平)

練馬・魚住るみ子
プネウマ聖霊とふおみ風さまにつつまれて安けくぞあるわれらなれこそ
暗門の滝に真向ひ水の風さんき山気の風を胸深く受く
一陣の吹き降す風白神の山々の上めぐりゆくなり
  『風の道』                
砂丘の上砂ずぶずぶとたどきなし奈落へ通ふと言ふにあらねど

*①宗教とは、受容の安らぎであると井上神父はおっしゃいました。②③その安らぎを最も身近に感じられるのが、自然への親近感でしょう。


平田講座要約(第四七回)2014-5続
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)

ルカも教会の調和的傾向が強いので、『使徒行伝』など見ると、過激なパウロ主義を弱めようとする傾向があります。たとえば、エルサレム会議の調和的解決――一五・二〇=「使徒教令」の『レビ記』一七~一八章にもとづく四つの禁令は、『ガラテヤ書』二章では決議事項になっていません。貧しい人への配慮だけです(二・一〇)。「使徒教令」はアンチオキア事件(二・一一)以降に、ヘレニストとヘブライストの調和を望んで制定されたとするなど、ルカは彼のイスラエル――イエス――教会という直線的な救済史観にもとづいて、「使徒教令」を『使徒行伝』に入れることで、旧約イスラエルとキリスト教会の連続性を主張したかったのではないかと思われます。

またアレオパゴスの説教は失敗したかのような印象を与える(一七・三二~三三)のも、パウロ主義を弱める意図がうかがえます。
ただ、「無条件のゆるし」の福音は、イエスもパウロも一致していることは、特筆すべきことです。イエスに会ったことがないパウロがゆるしの福音の本質を見抜いたということになります。

同(四八回)2014-6
北森神学VS井上神学に関して、石川耕一郎さんと八二年一月に対談した井上神父が、直後(おそらく二月)に、サンドメルに出会って「目から鱗」状態になったという、その経緯を見てきました。

ポイントは、サンドメルの視座――新約聖書全般を「パウロの立場を中心課題として理解しようとするサンドメルの視座」――パウロ文書→新約の他文書という歴史的順番から、パウロ主義が、その賛否はともかく、すべての新約文書に大きな影響を与えていた、ということです。

<■痛む父と慈しむ父
p・53
こうして二つの神学を見た上で、比較のためあえて図式化してみると、次のようになるのではないでしょうか。
まず神学の出発点として、問題意識の持ち方が両者で異なっています。北森神学の問題意識は、わが罪の解決というところに重心が置かれているといってよいでしょう。それに対し井上神学ではまず、罪より苦しみの問題に関心が向けられています。この点では最初の佐古氏との比較と同様です。>

【板書】
<神学の出発点の比較>
北森、佐古:わが罪
井上:苦しみ
(復習p.26)

南無アッバの集い&平田講座(毎月)
於:四谷ニコラバレ、
日時9/23(土)13時半、
10/28(土)同、
11/25(土)同

―「余白の風」入会案内―
どなたでも参加できます。購読のみも可*年六回奇数月発行(実物は↖サイドバーの見本をご覧ください)*年会費千円(送料共)*採否主宰一任 *ブログ「南無アッバを生きる。」に掲載します。
お問合せ、見本誌申し込みは↖余白メールにてお願いします。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

求道俳句誌「余白の風」第227号 2017年7月発行   

俳句は祈り
yohakunokaze227.pdf
「南無アッバ」の心を養います。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

求道俳句誌「余白の風」第226号 2017年5月発行  

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ *選評

八王子・F・井上
カタクリの祈るかたちに魅せられて
痛みまた恵みとなりし南無アッバ
十字架の道ありがたく有りがたく
過越していただく命南無アッバ
後なんぼ大切になる南無アッバ

*②③ご親族やご自身の病、老いを真摯に受け止める姿が清々しい。「十字架の道」はけっして滅びの道ではなく、再生の道、再会の道であることを、主は証明されました。

練馬・魚住るみ子
紅梅にぽつり二輪ひらき初め咲き盛りゆくくれなゐぞ濃き
雪山に消えしいのち生命よ南無アッバ アッバ アッバ祈るのみ南無
愛用の手さげ失せたり南無アッバいきさつなべて覚えずありぬ
  『風の道』
復活節の今宵を君の額づけるパドヴァなる聖アントニオ教会

*②若き貴重な命が失われた事故。ご本人たちの無念と親御さんの悲しみは測り知れない。①同時期、新しい命が同じ自然のなかで育まれている。

名古屋・片岡惇子
囀りや目覚めよと声近くなり
生き様に残るものなし雪解川
残雪や解けたる傷は主のこころ
あなたの他行く道なきや四旬節
生かされて草餅美味しミサの後
復活祭古き衣を脱ぎきれず

*②「復活とは、神の懐に蘇ることだから、そういう切り口で考えるならば、神様の記憶に残っているというほうが、たしかなものかもしれない。・・・私の生きた証しも神様の中に残るということだと思えます。」(井上洋治『我等なぜキリスト教徒になりし乎』)九七頁)

豊田・佐藤淡丘
山おろす花となりけり山桜
葉桜や風を呼ぶさへあどけなし
乾坤や花の一撃目が眩む
白れんや天の蝋燭消さず待つ
遠目にも手招く辺り若葉摘む

日の出の時刻がお正月の頃から比べると、一時間程早くなりました。「会神の丘」への切り通しも足の下から明るくなり、ひとり祈る秘密の場所。ここも折からの曙光に照らされ、身震るいするほどの「しじま」を与えて下さいます。五体投地の我に囀りが被さります。アッバ・アッバ・南無アッバ

*とてもよい季節になりました。②花が散った後の「葉桜」が「あどけなく」初々しく感じられます。寒い世情と裏腹の自然に慰められます。

大阪・島一木
春立ちぬ讃美の声の湧き立ちぬ
十字架はひかり鶯けきよと鳴く
教会の名もなき草として萌ゆる

*①「立ちぬ」のリフレインが、新しい年度への期待を膨らませます。②あの「十字架」がなぜ「ひかり」なのか、そこがキリスト信仰のミソです。③名は消えて仕事は残る春の暮 栄一

昭島・新堀邦司
身の内に恙ありけり春遅々と
春二番三番相模は風の国
鎌倉に花を咲かせて基吉忌
今日からは残る寒さと呼ばれけり

*①「恙ない」に越したことはないけれど、アッバの業は「恙ある」時、所にこそ顕著に働く、という信仰。「私は弱い時にこそ強い」(二コリ一二・一〇)

高知・赤松久子
気がつけばアッバの恵み風薫る
聖五月おみ風さまよおいでませ
ち小さき街囲む山々春霞
原発は狂気の沙汰よ春の月
黄砂去り青き山々甦へる

*①そう、私たちはつい「アッバの恵み」を忘れてしまう。そんなとき草花や「風」が気づかせてくれます。②「おみ風さま」に導かれた井上神父の「風の家」も、発足三十一年目となりました。南無アッバ

東京・富山紗和子
年重ね晴耕雨読の時を得て「ありがたきかな」の言葉もれくる
きさらぎの小さき庭に光みち寒咲花菜ふきのとうつむ

*①これまで一生懸命生きて来たからこそ「晴耕雨読」が「ありがたい」。

蓮田・平田栄一
十字架の果てにおみ風薫りけり  ヨハ一六

イエスの苦難の死を通して、わたしたちに注がれる神さまの息吹=聖霊を、井上神父は「おみ風さま」や「守導者」などと造語した。勧善懲悪の恐い神でなく、どこまでも赦す神アッバ。そのまなざしは、おみ風さまにより、時間と場所をこえてわたしたちに届く。


平田講座要約(第四六回)2014-3続
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)

ご遺体と半日いっしょにいて――暖かな一日でした――帰途、わたしはバスで目白に出ず、目白坂をてくてく降りて江戸川橋まで歩きました。風景はかなり変わっていますが、三十年前のことが懐かしく思い出されました。

求道の一心で、あの坂を汗だくになりながら登って行った夏の暑い日。個人的に初めて井上神父に会ったのが、あのカトリックセンターでした。そこでひとしきり、神父の本を間にして、いま考えたらもったいないような個人レッスンを受けたのでした。

問答が終わると、たいていは神父の方から「ところであなた、今日これから予定は?」と聞いてくださり、二人で目白坂を居酒屋へ下りて行くのでした。

最後は苦しまずに逝ったらしいと、四年前に私の父が同じ時期三月六日に逝ったときと同じ思いで安心していたのですが、お葬式に行って、カテドラルの最前列で、直接町野さんから聞いた、井上神父の最期は実は、つらい話でした。こうおっしゃっていました。
三月七日(金)午前四時頃、神父は不調を訴え、かなり苦しそうだったので、町野さんが「救急車を呼びましょうか?」と聞いたそうです。すると「うん」と返事をした。

それから三つの病院を回ったが、どこも救急扱いで早く対処してくれた。しかし途中苦しがって――もうそのときは片手がマヒしていたらしい――手を振り回して、「アッバ、アッバ、アッバ」と、もがくように繰り返していたそうです。かなり苦しそうだったということです。

それを聞いて、勝手に「安らかに・・・」などと思い込んでいたことを申し訳なく思いました。
神父はだんだん弱っていく中で、ゲッセマネの祈りを繰り返していました。今日は、井上神父が作った「苦しみのなかでの祈り」をコピーしてきました。これは、具体的にある信者さんのために作った祈りだと、言っていました。

最後は、三食とも町野さんが食べさせ、二、三分おきにトイレに行かせ・・・といった状態だったそうです。町野さんも限界だったと思います。私は思わず、町野さんの小さな手を握って「大変だったでしょう、ありがとうございました」と言いました。
晩年の井上神父は、話のたびに、老いの厳しさを語っていましたよね。

ここに、自分のサイトからダウンロードしたCDを持て来ました。二〇一一年の「風の家」二十五周年と翌二〇一二年の二十六周年の井上神父様の講話です。

このなかで神父は、老いの厳しさを語りながらも、「アンマン空港で聞いた男の子のアッバ、アッバという叫びを、毎晩思い出しながら、ゲッセマネの祈りのように、アッバ、アッバ、と唱えています。アッバはこういう私たちの祈りを必ず聞き入れてくださっていると思います。それは、今すぐどうこうとは言えないかもしれませんが、人生の最後の完成――死ぬ時に、その人にだけ、アッバが手を広げてお迎えに来てくださるのだ、そう思っています。」と、近況を語っています。

「しかし、それが最後の時まで続けることができるのか、はなはだ自信がないので、ここにおいでくださっている皆様に、私が最後の時まで南無アッバとお祈りを唱えて、アッバのお迎えを受け入れることができるように、お祈りしていただきたいと、思います。よろしくお願いいたします。私も、皆様の上にアッバの安らぎがありますように、お祈りさせていただきます。」と結んでいます。(つづく)


南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時5/27(土)13時半、6/24(土)同、7/22(土)同

―――――「余白の風」入会案内―――――
↖サイドバーをご覧ください。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

枝の主日の枝に棘ある痛みかな  

今週の「聖書と典礼」表紙絵は「十字架のキリスト」

category: 平田栄一求道詩歌(4)

tb: 0   cm: 0

求道俳句誌「余白の風」第225号 2017年3月発行   

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ *選評

高知・赤松久子
人気(ひとけ)無き被災地に咲く桜花
薫風や君歩まれし南無の道
春の川グライダーの如き鳥一羽
川に落ち光つづける蛍かな
菜種梅雨憂さかかえつつ南無アッバ

*①東日本大震災から六年、多くの人たちの労苦が続きます。「主のわざに励みなさい。主にあっては、労苦は無駄になることはないからです」(一コリ一五・五八)

八王子・F・井上
右近列福 四百年を経て平和
如月の恵み右近に集う杖
剣捨てて右近クルスと共に在り

*高山右近の生き様は、自分にとって本当に大切なものは何か、ということを常に考えるように、というメッセージのように思えます。

練馬・魚住るみ子
残生を幾年と数ふあらたまの朝(あした)の陽光(ひかり)満ちわたりたる
吹雪くとふ北国の空や南無アッバ日差しを背(せな)に浴みて歩めり
車内の人大方スマホをなぞりゐる隣席スマホに小人が踊る

*「今年卒寿の私などが来し方を省みて、戦後の社会の変化につれ、孫の世代あたりから、やり甲斐のある仕事を持ち、家事、育児を両立させる健気な生活を、素晴らしい思っています」(第三回Y’s Wonderful Women賞、本人メッセージより)。「残生」といわず、今後ともご活躍を期待いたします。

 名古屋・片岡惇子
優しさが溶す氷の温かき
春浅しゆるゆる下る道遠し
色紙には梅と墨濃くありがとう
祈りかな花芽立つ枝天を指し
存在や足の先まで日向ぼこ
祈りつつ天に向かひつ春うらら

*⑤日向ぼっこをして、足の先まで温まったとき、ふと「存在」ということが意識された、というのです。生きてやがて死ぬということの不思議、有難さ。

豊田・佐藤淡丘
二月尽小鳥が地面を早走る
堰音や稚魚が群れをり水温む
魚跳ねて時の移りし春を待つ
懇ろに踏めば応へる残る雪
雲雀野はト調短調輝けり

「あゝ俳句ができない」。そんなとき、近くを流れる二級河川を北に向って歩くことにしています。〝なでしこジャパン〟の前監督、佐々木則夫さんの好きな禅の言葉、それは、「歩歩是道場」。正に是、俳句道場に使えると、このごろ思うようになりました。一歩前進、二歩後退(?)。続けようと思っています。南無アッバ、南無アッバ

*「歩歩是道場」いい言葉ですね。私も毎日が「求道」「学び舎」と思って過ごしています。なんでも自分を統べる言葉を見つけると、焦りから解放されるような気がします。

大阪・島一木
守りたまへ秋の別れの聖少女
教会の隅の無花果実のなるか
ミサ終はり晴れわたる空小鳥来よ
綿虫や両手ひろげるイエス像
足もとに枯れ葉のつもるマリア像

*④イエスは十字架の苦しみのなかで、両手を広げておられる。意味深長です。十字架はキリスト教の中心とかシンボルなどと言われますが、十字架をどう捉えるかがキリスト教の真髄なのではないか、と最近思っています。

昭島・新堀邦司
ニコライの鐘のすがしき波郷の忌
ゲゲゲ忌は妖怪晴れに冬ぬくし
背伸びして待降節の燭点す
「豪快」といふ酒を酌み忘年会
身につきし独り暮しや年用意

*⑤先日、井上神父の第三回命日祭がありましたが、参加された方が口々に、帰天三年が経っても、ますます神父が身近におられるように思う、と感想を述べていました。天の国の奥様との対話をお続けください。

蓮田・平田栄一
春の日をあまねく入れしガラス窓 

ヨハ一四。イエスは「ガラス窓」のような方。そういう透明な方だからこそ、アッバの暖かなまなざしをそのままわたしたちに注いでくださる。しかし完全に、アッバの息吹を注ぐためには、イエスというガラスはこわれなければ――十字架上に死ななければならなかった。


平田講座要約(第四六回)2014-3
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)

井上洋治神父の三月十七日の通夜、十八日の告別式においでくださった方、ほんとうにありがとうございました。
今日は、第四十六回目の講座になりますが、こういう時でもありますので、講座内容に先立って、皆さんの井上神父との思い出や、エピソード、あるいはお会いしたことがない方でも、本やお聞きになったお話の感想など、自由に語り合い、分かち合いたいと思います。

講座内容の方は、お時間あれば、やっていきたいと思いますので、ご了承ください。
最初に、私のとりとめのない話からさせていただきます。
井上神父訃報のことですが、私が受けた一報は、三月九日(日)第一ミサ中、朝八時三〇分ころ携帯が震えて、折り返しかけた山根さんから受けた電話。発信が山根さんで、こんな早くかかってきたので、電話で話す前に、いよいよ来たんだな、と思いましたから、驚きはしなかった。

そのとき葬儀の日程は決まってなくて、でも「これからは、井上神父が天国から私たちを見守ってくれるんだね」という、妙な安心感を持ったのを覚えています。

虫の知らせというのではないでしょうが、ここ二ヶ月くらい、たぶん、三・一一から三年という感覚も手伝っていたと思うのですが、個人的にもいろいろ目まぐるしい出来事が重なっていまして、思いついたのが、『死ぬ瞬間』で有名なキューブラー・ロス博士の『死後の真実』という講演集でした。遠藤さんは死の直前、この本を読んで「死ぬのが怖くなくなった」と言っています。これを再読したくなった。実は、ちょっとオカルトっぽいところも多々あるのですが、心休まる内容です。
それを再読しだして四、五日経ち、訃報が入ったのです。

お通夜の前日、このまえの日曜日ですが、白梅が咲き誇っていました。午前中は川越のミサに出て、午後は神父様のお顔を見に大司教館に行き、半日ゆっくりごいっしょしました。
安らかなお顔を拝見し、不思議と私には悲しみや寂しさの感じは薄く、生前以上に神父様を身近に感じるような安心感、遠くから見守っていてくださるというより、もっと近く、すぐそばにいつでもいてくださるんだ、という安堵感に、ずっと包まれていました。
先ほどのロスの本の影響もあるかもしれません。

生前ごいっしょに話している時、「私にはアッバがこう言っているように思えるのだよ」という言い方をよくしていたことを思い出します。それは何か難しい問題があって、お祈りした後の結論のようにおっしゃっていました。
そしてその結論は、たいてい、ご自身の反省の弁、ご自身が「控える」べき事を言う時に使われていました。「アッバがここではおまえが謝りなさいと言っているように思えるんだよ。」そんな言い方です。

そういうことを聞くときは、確信に満ちた偉い神父様というよりは、本当に一求道者として、アッバの示された道を、たどたどしくも、素直に、幼子のようによちよち歩いて行かれる姿を彷彿とさせました。
一九八〇年の暮れにお会いして以来三十三年間、私にはまったく気取ったところがなく、自然に接してくださいました。もちろんいつもはやさしかったですが、お怒りになることもありました。

それはたいてい、二人でお酒を飲んで、日本のキリスト教の問題というような話になったとき、生意気な私に対して発せられた叱責でした。
それで私が納得いかず、ぷんぷんして家へ帰ると、よく「今神父様から電話があったわよ」と妻が言う。中身はさっき怒ってしまったことに、私にじゃなくて、うちの奥さんに謝ってるんですね(笑)。そういうところがある方でした。
また、神父様のマンションでいっしょに飲んでいて、調子がでてくると、いきなり「南無アッバ!」と気合を入れて、次の一本を奥から持ってくる、なんてこともありました。

ともかく、神父様との多くの思い出と記憶は、たいていお酒と結びついています。今は飲むとすぐなんでも忘れてしまいますが、神父様と飲んだ時の話は、不思議と内容をよく覚えています。(つづく)


おしらせ:南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時3/25(土)13時半、4/22(土)同、5/27(土)同


―――――「余白の風」入会案内―――――
サイドバーをご覧ください。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop