「南無アッバ」を生きる ホーム »求道俳句・短歌の作り方
カテゴリー「求道俳句・短歌の作り方」の記事一覧

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

求道詩歌・俳句・短歌の作り方  

 ここでは、初心の方のために、私なりに簡単な作り方のヒントを述べてみたいと思います。

1.求道詩歌とは

 ひとことで言うなら、「道を求める心から詠む詩歌」といえます。普通の俳句や短歌とどうちがうのか、とよく聞かれますが、最初は違いを意識せず、自由に詠めばいいのです。

あえていうなら、普通の詩歌より、少し聖書の言葉を取り入れたり、神や信仰を意識した詩歌を作ってみましょう、という運動です。

2.具体的には

会員の皆さんの作品を見ていただくのが一番だと思います。
○機関紙「余白の風」を毎月発行していますのでご覧ください。
カトリック新聞(4045号)2010年3月28日付にも紹介されています。

3.どのように作るのか

あなたがすでに、俳句・短歌などを作っておられるなら、いままでよりちょっと生き方や信仰、求道ということを意識しながら作ってみましょう。

もしあなたが初心の方なら、次のような作り方を例として、あげておきます。わたしが実践しているやり方です。

①神に向かう――聖書の一段落か一節をゆっくり読んで黙想し、印象に残った言葉を書き出してみる。典礼暦に沿った箇所がいいかもしれません。

 例えば、これを書いている今日は「受難の火曜日」なので、「ヨハネによる福音書」13・21-33、36-38
 「裏切り」「ユダ」「ペトロ」・・・

②自分に向かう――ときに吾にかえって身辺を見渡し、気づいたことを書きとめてみる。
「今朝の空は澄み渡っている」・・・・

③右の二つを工夫してつなげてみる。

<ユダとペトロの裏切り今朝の空すみわたる>――このままで、自由律作品としてもよいでしょう。

<ユダペトロ裏切りの空すみわたる>――五七五に整えて俳句になりました。

④もうひと工夫(推敲)
 ここで聖書に戻ると、場面は「夜」です。そこで、

<ユダ仰ぐ裏切りの月澄み渡る>――「空」を「月」に替えて、また一句。
さらに、
<裏切りし弟子をみつめるまなざしは朧の月をこえて清けし>――こんな短歌にもなりました。

4.継続は祈り

だれでも最初からうまくはできません。自分のスタイルを限定せず、いろいろためしてみましょう。極論をいえば、あれこれ工夫したあげく、作品が完成しなくてもいいのです。工夫していく過程そのものが「祈り」なのですから。

5.会員になるには

機関紙「余白の風」(月刊A4版2ページ=サイドバーから見本が見れます)に毎月必ず作品が掲載され、掲載紙2部をお送り致します。年会費二千円。サイドバーからメールでお問い合わせください。

経験上、「求道詩歌」の継続は仲間意識によって支えられることが多いので、できるだけ会員になることをおすすめします。

「余白の風」主宰 平田栄一(10・3・30)

category: 求道俳句・短歌の作り方

thread: 求道詩歌

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

求道俳句の作り方3-句またがりと言葉重ね  

<あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる>
(ヨハネ1/19-28より)

  わが内にわが知らぬ方住む二日  栄一

 中七下五が句またがりになっています。
 内容は聖句をアレンジしました。


  父老いて吾が老いを知る三日かな

 毎年定例の親族の集まりにて一句。

 ただでさえ短い俳句のなかに、
同じ言葉「老い」をあえて重ねることで、効果が出る場合もあります。

その場合、わざとらしくならないように気をつけましょう。

category: 求道俳句・短歌の作り方

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

俳句の作り方2-手始めは日記として  

俳句を日記として書くのも楽しいものです。
聖書と歳時記をいつも傍らにおいて置くと、便利です。

一月一日(木)神の母聖マリア

<時が満ちると、神は、その御子を・・・・お遣わしになりました。それは、・・・・わたしたちを神の子となさるためでした。

あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。>
(ガラテヤ4・4~7より)

アバと呼ぶ霊の誘い初日の出

元朝や目覚めの一声南無アッバ

時満ちてアバの子となる年立ちぬ


 「アッバ」とは、イエス様がお話しになっていたアラム語で「おとうちゃん・パパ」といった意味の幼児語。

イエス様にならってわたしたちも、「アッバ、おとうちゃ~ん」と叫びたくなるとき、わたしたちも「アッバの子」であることが保証されているという。

category: 求道俳句・短歌の作り方

thread: 求道俳句

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

やさしい求道俳句の作り方1-はじめに  

今日から連載します。

先日も、何人かの方から、
「あなたは、求道(読み方は「きゅうどう」でも「ぐどう」でもいいです)俳句

というのを、提唱しているけど、
それは、どんなものですか?

また、ふつうの俳句と、どこか違うのですか?」
と、こんな質問を受けました。


俳句を20年くらいやってきて、自分では、その作法のようなものを、
それほど意識したことはなかったのですが、

あらためて、問われてみると、
知らず知らずのうちに、自分なりの作句法を実行している。


どんな俳人でも、それなりの作り方というのは、あるのでしょうが、
できあがった作品そのものを、公開する人は多くても、

いわゆる俳壇の有名俳人でないと、そういうものは、
なかなか公表しないようです。


わたしはけっして有名ではありませんが、
細々とですが、「余白の風」という機関誌や若干の本なども書いてきて、

改めて「作り方」を聞かれたことをチャンスに、
ここで、「求道俳句」について、

その作り方--おもに、まったくの初心者を対象にして、
少しお話させていただこうと思ったのでした。


「これから、俳句でもやってみようかな、
でもむずかしいのはいやだな」

と思ってる方を、念頭において、
やさーしく書いて行きますので、

よろしかったら、お付き合いください。


そして、コメントや質問などもいただけると
ありがたいです。

では、スタート!

category: 求道俳句・短歌の作り方

thread: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop