「南無アッバ」を生きる ホーム »「南無アッバ」への道
このページの記事一覧

*本日、南無アッバの集い・講座、予定どおり行います*新刊句集『星屑のアダム』サイン本直売もあります。  

第111回「南無アッバの集い&平田講座」のご案内
2019年9月28日(土)
PM1:30~3:00
於:四谷・幼きイエス会

内容(予定):
・新刊句集『星屑のアダム』について
・摂理を詠む(続)
・苦しみからの神学

参加費:1,000円

どなたでもお気軽においでください。

前回欠席された方、初めての方、1回だけ参加の方も大歓迎!

どなたにもわかりやすいように進めますので、ぜひお出かけください。

テキスト・今後の日程・会場案内図

★変更・中止のお知らせ等は、このブログにアップしますので、お出かけ前に今一度、ご確認ください。


category: 南無アッバの集い&四谷講座

tag: 心の琴線に触れるイエス,すべてはアッバの御手に,「南無アッバ」への道,
tb: 0   cm: 0

夜盗虫すべてのみこむ摂理かな  

このところずっと、「摂理」ということについて考えています。

『カトリックのカテキズム』No.321
「神の摂理とは、全被造物英知と愛をもって究極の目的に導かれる、神のはからいです。」

「摂理」は、あまり口にされなくなりましたが、キリスト教にとっては、信仰の根本にかかわることです。

気をつけたいのは、摂理=運命ではないということ。

運命は有無を言わせない冷たいもの。

摂理には、アッバの「英知と愛」が根底に流れています。


category: 求道俳句一言

tag: 心の琴線に触れるイエス,すべてはアッバの御手に,「南無アッバ」への道,
tb: 0   cm: 0

2019年度、南無アッバの集い&平田講座の日程  

「風編集室」主催の南無アッバの集い&平田講座「井上神父の言葉に出会う」を次の日程で行います。
途中から、または1回のみの受講も可能です。

○日程:原則として、毎月第4土曜日です。
2019年
2月23日(土)
3月23日(土)
4月27日(土)
5月25日(土)
6月22日(土)
7月27日(土)
8月24日(土)
9月28日(土)
10月26日(土)
11月23日(土)
12月28日(土)
2020年
1月25日(土)
2月22日(土)
3月28日(土)

○時間:13:30~15:00

○場所:幼きイエス会(ニコラバレ)会議室(03-3261-0825 四谷駅麹町口前)地図

○講師:平田栄一

○受講料:各回1,000円 当日、受付にてお支払いください。

○内容:下記文庫を補足しながら、井上洋治神父の説く日本人のキリスト信仰について考え、分かち合います。

○テキスト:『心の琴線に触れるイエス』(聖母文庫 525円 当日販売もあります。)

○問合せ:平田栄一 メール

*事前申し込みがなくても、参加可能です。



category: 南無アッバの集い&四谷講座

tag: 心の琴線に触れるイエス,すべてはアッバの御手に,「南無アッバ」への道,
tb: 0   cm: 0

平田栄一著『すべてはアッバの御手に』-井上洋治神父の言葉に出会うⅡ  

井上洋治神父の言葉を通して、主イエスに出会う旅へ。。。
subetehaabbanomiteni005.jpg
アッバ神学案内書、第2弾!

*一日本人求道者である著者が「出会った」井上神学の一端を正直に紹介します。井上神父のアッバ神学からイエス様に出会うことを願って。

*「風」誌連載中のエッセイ「井上洋治神父の言葉に出会う」第二部に加筆・訂正して、まとめました。

聖母文庫 定価500円(税別)

聖母の騎士社から求める

amazonから求める




category: ○著書

thread: 聖書・キリスト教

janre: 学問・文化・芸術

tag: 心の琴線に触れるイエス,「南無アッバ」への道,
tb: 0   cm: 2

日本人にわかるキリスト教を求めて

南無アッバの集い&平田講座

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

全記事表示リンク

リンク

検索フォーム

▲ Pagetop