「南無アッバ」を生きる ホーム »
最近の記事

日本人にわかるキリスト教を求めて

26May2012+011_convert_20120623181132_20120623222548.jpg井上洋治神父は、遠藤周作氏と共に、日本人の感性で正直に受けとめられるキリスト教を一生をかけて模索し、1986年「風の家」をはじめました。このサイトでは、「風の家」運動を引き継ぐ平田栄一が「求道俳句」ほか、日本人キリスト者の道を模索する試みを紹介していきます。お問い合わせ 略歴 著書

今月の南無アッバの集い&平田講座  

3月25日(土)、第81回。

井上神父第3回命日祭報告、
映画「沈黙ーーサイレンス」にちなんだ座談会の感想なども分かち合います。

初めての方も、どうぞおいでください。
皆さんとご一緒に、井上アッバ神学を学んでいきましょう。

↖案内:左サイドバーを参照。

南無アッバ

category: ○お知らせ・報告

tb: 0   cm: 0

求道俳句誌「余白の風」第225号 2017年3月発行   

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ *選評

高知・赤松久子
人気(ひとけ)無き被災地に咲く桜花
薫風や君歩まれし南無の道
春の川グライダーの如き鳥一羽
川に落ち光つづける蛍かな
菜種梅雨憂さかかえつつ南無アッバ

*①東日本大震災から六年、多くの人たちの労苦が続きます。「主のわざに励みなさい。主にあっては、労苦は無駄になることはないからです」(一コリ一五・五八)

八王子・F・井上
右近列福 四百年を経て平和
如月の恵み右近に集う杖
剣捨てて右近クルスと共に在り

*高山右近の生き様は、自分にとって本当に大切なものは何か、ということを常に考えるように、というメッセージのように思えます。

練馬・魚住るみ子
残生を幾年と数ふあらたまの朝(あした)の陽光(ひかり)満ちわたりたる
吹雪くとふ北国の空や南無アッバ日差しを背(せな)に浴みて歩めり
車内の人大方スマホをなぞりゐる隣席スマホに小人が踊る

*「今年卒寿の私などが来し方を省みて、戦後の社会の変化につれ、孫の世代あたりから、やり甲斐のある仕事を持ち、家事、育児を両立させる健気な生活を、素晴らしい思っています」(第三回Y’s Wonderful Women賞、本人メッセージより)。「残生」といわず、今後ともご活躍を期待いたします。

 名古屋・片岡惇子
優しさが溶す氷の温かき
春浅しゆるゆる下る道遠し
色紙には梅と墨濃くありがとう
祈りかな花芽立つ枝天を指し
存在や足の先まで日向ぼこ
祈りつつ天に向かひつ春うらら

*⑤日向ぼっこをして、足の先まで温まったとき、ふと「存在」ということが意識された、というのです。生きてやがて死ぬということの不思議、有難さ。

豊田・佐藤淡丘
二月尽小鳥が地面を早走る
堰音や稚魚が群れをり水温む
魚跳ねて時の移りし春を待つ
懇ろに踏めば応へる残る雪
雲雀野はト調短調輝けり

「あゝ俳句ができない」。そんなとき、近くを流れる二級河川を北に向って歩くことにしています。〝なでしこジャパン〟の前監督、佐々木則夫さんの好きな禅の言葉、それは、「歩歩是道場」。正に是、俳句道場に使えると、このごろ思うようになりました。一歩前進、二歩後退(?)。続けようと思っています。南無アッバ、南無アッバ

*「歩歩是道場」いい言葉ですね。私も毎日が「求道」「学び舎」と思って過ごしています。なんでも自分を統べる言葉を見つけると、焦りから解放されるような気がします。

大阪・島一木
守りたまへ秋の別れの聖少女
教会の隅の無花果実のなるか
ミサ終はり晴れわたる空小鳥来よ
綿虫や両手ひろげるイエス像
足もとに枯れ葉のつもるマリア像

*④イエスは十字架の苦しみのなかで、両手を広げておられる。意味深長です。十字架はキリスト教の中心とかシンボルなどと言われますが、十字架をどう捉えるかがキリスト教の真髄なのではないか、と最近思っています。

昭島・新堀邦司
ニコライの鐘のすがしき波郷の忌
ゲゲゲ忌は妖怪晴れに冬ぬくし
背伸びして待降節の燭点す
「豪快」といふ酒を酌み忘年会
身につきし独り暮しや年用意

*⑤先日、井上神父の第三回命日祭がありましたが、参加された方が口々に、帰天三年が経っても、ますます神父が身近におられるように思う、と感想を述べていました。天の国の奥様との対話をお続けください。

蓮田・平田栄一
春の日をあまねく入れしガラス窓 

ヨハ一四。イエスは「ガラス窓」のような方。そういう透明な方だからこそ、アッバの暖かなまなざしをそのままわたしたちに注いでくださる。しかし完全に、アッバの息吹を注ぐためには、イエスというガラスはこわれなければ――十字架上に死ななければならなかった。


平田講座要約(第四六回)2014-3
(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)

井上洋治神父の三月十七日の通夜、十八日の告別式においでくださった方、ほんとうにありがとうございました。
今日は、第四十六回目の講座になりますが、こういう時でもありますので、講座内容に先立って、皆さんの井上神父との思い出や、エピソード、あるいはお会いしたことがない方でも、本やお聞きになったお話の感想など、自由に語り合い、分かち合いたいと思います。

講座内容の方は、お時間あれば、やっていきたいと思いますので、ご了承ください。
最初に、私のとりとめのない話からさせていただきます。
井上神父訃報のことですが、私が受けた一報は、三月九日(日)第一ミサ中、朝八時三〇分ころ携帯が震えて、折り返しかけた山根さんから受けた電話。発信が山根さんで、こんな早くかかってきたので、電話で話す前に、いよいよ来たんだな、と思いましたから、驚きはしなかった。

そのとき葬儀の日程は決まってなくて、でも「これからは、井上神父が天国から私たちを見守ってくれるんだね」という、妙な安心感を持ったのを覚えています。

虫の知らせというのではないでしょうが、ここ二ヶ月くらい、たぶん、三・一一から三年という感覚も手伝っていたと思うのですが、個人的にもいろいろ目まぐるしい出来事が重なっていまして、思いついたのが、『死ぬ瞬間』で有名なキューブラー・ロス博士の『死後の真実』という講演集でした。遠藤さんは死の直前、この本を読んで「死ぬのが怖くなくなった」と言っています。これを再読したくなった。実は、ちょっとオカルトっぽいところも多々あるのですが、心休まる内容です。
それを再読しだして四、五日経ち、訃報が入ったのです。

お通夜の前日、このまえの日曜日ですが、白梅が咲き誇っていました。午前中は川越のミサに出て、午後は神父様のお顔を見に大司教館に行き、半日ゆっくりごいっしょしました。
安らかなお顔を拝見し、不思議と私には悲しみや寂しさの感じは薄く、生前以上に神父様を身近に感じるような安心感、遠くから見守っていてくださるというより、もっと近く、すぐそばにいつでもいてくださるんだ、という安堵感に、ずっと包まれていました。
先ほどのロスの本の影響もあるかもしれません。

生前ごいっしょに話している時、「私にはアッバがこう言っているように思えるのだよ」という言い方をよくしていたことを思い出します。それは何か難しい問題があって、お祈りした後の結論のようにおっしゃっていました。
そしてその結論は、たいてい、ご自身の反省の弁、ご自身が「控える」べき事を言う時に使われていました。「アッバがここではおまえが謝りなさいと言っているように思えるんだよ。」そんな言い方です。

そういうことを聞くときは、確信に満ちた偉い神父様というよりは、本当に一求道者として、アッバの示された道を、たどたどしくも、素直に、幼子のようによちよち歩いて行かれる姿を彷彿とさせました。
一九八〇年の暮れにお会いして以来三十三年間、私にはまったく気取ったところがなく、自然に接してくださいました。もちろんいつもはやさしかったですが、お怒りになることもありました。

それはたいてい、二人でお酒を飲んで、日本のキリスト教の問題というような話になったとき、生意気な私に対して発せられた叱責でした。
それで私が納得いかず、ぷんぷんして家へ帰ると、よく「今神父様から電話があったわよ」と妻が言う。中身はさっき怒ってしまったことに、私にじゃなくて、うちの奥さんに謝ってるんですね(笑)。そういうところがある方でした。
また、神父様のマンションでいっしょに飲んでいて、調子がでてくると、いきなり「南無アッバ!」と気合を入れて、次の一本を奥から持ってくる、なんてこともありました。

ともかく、神父様との多くの思い出と記憶は、たいていお酒と結びついています。今は飲むとすぐなんでも忘れてしまいますが、神父様と飲んだ時の話は、不思議と内容をよく覚えています。(つづく)


おしらせ:南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時3/25(土)13時半、4/22(土)同、5/27(土)同


―――――「余白の風」入会案内―――――
サイドバーをご覧ください。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

井上洋治神父帰天3周年野の花命日祭  

1部:井上洋治神父追悼式(南無アッバの祈りの奉献の集い)

2部:座談会「井上洋治神父と遠藤周作―『沈黙』(原作と映画)  をめぐって」

予定:山根道公(司会)・伊藤幸史神父・若松英輔・山本芳久・平田栄一

日時…2017年3月5日(日)1部:2時~、2部:3時~5時

場所…幼きイエス会9F(03-3261-0825)(四谷駅麹町口前)

お問合せ… 風編集室(TEL・Fax:086-227-5665)

事前申し込み、会費はありませんので、皆さま誘いあってご自由にご参加ください。一人でも多くの方のご参加を願っています。

category: ○お知らせ・報告

tb: 0   cm: 0

求道俳句誌「余白の風」第224号 2017年1月発行   

俳句や短歌をつくりながら、「南無アッバ」の心を養います。


会員作品とエッセイ(*選評)

昭島・新堀邦司
日本海の秋は空より始まれり
高原に色なき風の吹く日かな
秋天は聖母マリアの藍ふかし
金秋の祝杯あげよボブ・ディラン
神在の出雲に暮し恙無し

*②「色なき風」――「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。」(ヨハネ三・八)信仰とは、自分の理解をこえていても、信頼して委ねること。

高知・赤松久子
ふとん干すヘルパーの背に春の風
老いの手にお札(ふだ)を握る四旬節
土佐の夏海(うみ)おみ風さまの歌うたふ
観じ得ず信ずるのみの我が身かな
髪の毛の数まで知られ南無アッバ

*不安はあっても、②「お札を握」って、④ただ「信ずるのみ」。しかし、⑤「髪の毛」一本まで知られている身は、アッバにお任せすればいい。老いの見事な境地です。

八王子・F・井上
ゆるされてゆるす賜 南無アッバ
師の言葉ふとよみがえる散歩道
南無アッバ老いの荷物を受け止めて
振り向けば軍靴は遠く兄二十歳
気が付けば姉妹そろって山姥に

*①マタイ一八・三三。私たちは無条件無制限にアッバから「ゆるされて」いるという驚くべき事実!だからこそ他者を「ゆるす」ことができる。どちらも、まさに「賜」です。

練馬・魚住るみ子
小春日や卒寿四人のクラス会
身に余る賞気恥づかし秋うらら
日本YWCAよりシニアの為の賞を受く
スーパームーン今し昇るや冬の宵
自らの命を絶ちし愛し子の悌を抱き旅立てり君
   『風の道』
短かる命をわが子に賜ひたる御摂理を尋めむ母の胸はも

*「Wonderful Women賞」の受賞おめでとうございます。長年の音訳奉仕や熱心な作歌ゆえの結果と感服いたしております。今後ともご活躍をお祈りいたします。

 名古屋・片岡惇子
(フィリピン サンマテオにて)
主に押され南の島に発つ冬の日
冬の日や病みてなお道探しをり
路上の子の闇を見つめる南の冬
汗臭き子ら何思ふ目の光
目であいさつ異国の地でのクリスマス
冬の雲我が生き方の計り得ず

*②⑥わたしたちの求道は一生続くのだと思います。この頃昔のノートなど整理していて、今までばらばらだと思っていたことが、「求道」というキーワードで括れるように思い、何か合点できたような気になりました。

豊田・佐藤淡丘
真暗闇なほも一群れ鴨の声
寒北斗ひときわ長く尾を垂れる
弦月に指差し入れて剪られたる
池めぐり寒満月と睦みあふ
衛星の無音に流る夜寒かな

早朝、会神の丘に登るため、ちょっとの間切り通しを抜ける必要がある。冬至十日後先と言って、この時期一瞬ここで真っ暗闇に突入する。この闇の空間がとても神秘的であると同時に、この体感をとても貴いものとして、これを浴び独り悦に入っている。アッバ、アッバ、南無アッバ

*①神は神聖な「無」であり、人間にとっては直接の認識対象にはなりませんから、「闇」であるともいいます。その「真暗闇」であるアッバに、南無の心で人生をゆだねる、「会神の丘」への道はそのまま「南無アッバ」の祈りです。

大阪・島一木
教会といふ薄明に月を置く
讃美する虫か聖堂隅の闇
風そよぎ金木犀に聖歌湧く
聖歌隊解き放たれて秋深し
十字架の空より秋の風は吹く

*⑤〈自らの力に依り頼む「強い」生き方ではなく、イエスとともに、そしてこの世の苦難を強いられている人々とともに、「十字架」を担い続ける「弱い」生き方を選び取っていくこと。そこにこそ、真の「強さ」が、そして「救い」が逆説的に存在する〉(青野太潮『パウロ 十字架の使徒』(岩波新書)まえがき)

日立・武田孝一
天父地上を笑みて見賜うや秋日和
ヘブンリーブルー咲き切りて秋逝かんとす
南無アッバの友らの作読む秋日暖し
中天に百舌の声あり秋逝かす
友らの面偲び読み進むアッバの句

*③⑤井上神父がエレミアスからヒントを得た「アッバ」、そして晩年の境地、祈りとなった「南無アッバ」。著作選集第二弾も刊行開始され、少しずつ広まっているように思います。

蓮田・平田栄一
元旦やアバと呼ぶ霊賜りぬ
人生はマラソンなりや小正月
正月の上座に座る父はなし

あけましておめでとうございます。失礼ながら賀状にかえて、この場で新年のご挨拶とさせていただきます。
今年も共に、作歌作句をとおして、アッバの御心を求めて参りましょう。


平田講座要約(第四五回)2014-2-22

(テキスト『心の琴線に触れるイエス』聖母文庫)
前回は、新年に青野先生からいただいたメールを紹介し、先生ご自身がお認めくださったとおり、青野神学やパウロの信仰義認論も、井上神父や遠藤さんと同様、基本的に母性原理にもとづくものであることを確認しました。

その上で、北森神学と井上神学の対比という課題に戻って、「十字架のイエスの痛み」をめぐり、御子イエスと御父アッバとの関係を考えてみたいと思います。

p・52「・・・だから私には~」(前号参照)の補足をします。

青野さんのいうパウロ神学から見ると、「イエスの十字架」にまず「弱さ」や「つまずき」を見るという視点は、井上神父にも北森神学にもないように思います。つまり、「弟子の裏切り」に対する「イエスの痛み」や、あるいは「私たちの罪」に対する「イエスの痛み」というとき、相手に傷つけられる「神の子」イエスという視点が強調され、「人間」イエスご自身の弱さやつまずきは強調されていないように思うのです。

わかりやすくたとえるなら、井上神父や北森氏のイエス観の方が、この点ではイエスの神(の子)性が全面に出ており、青野氏は人間性が強調――あえていえば「人間くさい」ように思います。こうした点にも、これまで青野神学が一般の教会に受け入れられてこなかった理由があるのかもしれません。

もっといえば、井上神学は、イエスの「やさしさ」を強調しているけれども、青野神学のようなイエスの「弱さ」は強調していないということです。その点では、遠藤さんの「無力なイエス」という感覚のほうが青野さんに近いかもしれません。

p・53
「・・・・私の場合もイエスの痛みというのはもちろんあります。けれどもその痛みというのが、御父の神様までいってしまうとね、なんかこうきついって言うか、息が切れるって言うかな‥‥。

やはりパウロってのは激しいでしょう。北森先生の場合はパウロが中心になっていますからね、私などには何かもう少しこう‥‥そこまで頑張らなくってもね。キリストが秋風に、こうなびいているような感じのところで何とかならないかなと、そういう感じで(笑)。なんていうかな、重すぎるっていうか。

‥‥私のイエスはやさしいのです。イエスのまなざしはやさしいわけですよ。」
(『日本カトリシズムと文学』一九五~二〇一頁抜粋)


南無アッバの集い&平田講座(毎月)=於:四谷ニコラバレ、日時1/28(土)13時半、2/25(土)同、3/25(土)同


平田栄一・新刊『「南無アッバ」への道』
定価800円+税。
聖母文庫☎095・824・2080。
サイン本ご希望の方は平田までご連絡ください。〒込千円


―――――「余白の風」入会案内―――――
どなたでも参加できます。購読のみも可
*年六回奇数月発行
*年会費千円(送料共)
*採否主宰一任
*締切=偶数月二十日
*投稿・連絡先:メール
*本ブログ「南無アッバを生きる」に掲載します。

category: 求道詩歌誌「余白の風」

tb: 0   cm: 0

罪人となられたイエスと共に  

南無アッバの集い&平田講座NO.77より


前回まで、井上アッバ神学の「共にいます神」をめぐって、ブルトマンの非神話化、実存的解釈の重要性についてお話してきました。

今回は、「共にいます神」をめぐって、10月の風の家30周年集会で取り上げた「悲愛」の「悲しみ」ということから、井上アッバ神学+青野太潮神学の十字架の意味についてお話しします。

井上神父はキリスト教で言うアガペーを、日本語でよく使われる「愛」ではなくて、「悲愛」と訳しました。このなかの「悲」というのは、仏教の方で言う「慈悲」や「大悲」の「悲」から連想したといいます。そして大事なことは、これらの「悲」には、単に悲しむというのではなくて、「共に悲しむ」「共に苦しむ」というときの、「共に」ということが含まれているということです。

それでわたしが思い出すのは、これはいつかの井上神父の講座か講演でもお聞きしましたし、個人的にお話ししているときにもよくおっしゃっていましたが、「人生というのは悲しいものだよ」と言うんですね。わたしはこの言葉を最初に聞いたとき、「おやっ?!」というか、正直ちょっと嫌な感じがしたのです。というのは、二十代で教会の門をたたき、神父様にたどり着いたのですが、なぜそういう求道を始めたかといえば、あの頃はあの頃で抱えていたいろいろな問題があり、そうしたことがもたらす「悲しみ」から脱却したい、というのがあったからです。つまり悲しみの解決を願って、期待して神父様を訪ねたのですね。

それがどうでしょう。神父様からは、人生はそもそも悲しいものなのだ、ということを聞く。たしかにしみじみではありましたが、わたしはそういうことを複数回、直接お聞きしたのでした。

しかしその後井上神父について少しずつ学んでいくにつれ、このように「身もふたもない」と思った「悲しみ」の問題が、実は井上神父がいう「悲愛」(アガペー)ということと密接に結びついていることを知っていきました。

10月の集会でも、若松さんが「悲愛」について基調講演をしましたが、座談会では「必ずしも悲しみがいやされることが、救いではないのではないか」という意見も出ました。

わたしもこれをきっかけにして、その後もこの「悲しみ」について改めて考えてみました。するとまず浮かんだのが、青野太潮先生がおっしゃっているイエス様の逆説的な福音ということです。すなわち、『マタイ』の山上の、あるいは『ルカ』の平野の説教として伝わっているイエスの言葉、「悲しむ人々は、幸いである」(マタイ5・4)「貧しい人々は、幸いである」(ルカ6・20)という逆説の福音です。

これらは古来、いろいろな解釈がなされてきました。たとえば、ルカの「貧しい人々・・・」をマタイが「心の貧しい人々・・・」とし、日本の「共同訳」のようにこれを、「ただ神により頼む人々・・・」と解するなどといったようなことです。しかしどれも十分に説得的ではない。それは、これが「逆説」であり、逆説というのは理では説明できないからです。逆説が真理とわかるのは、経験的事実だからです。辞書で「逆説」を引くと、その例として「急がば回れ」というのがあげられています。これもあれこれ考えて真理だとわかったというより、たくさんの人が経験して、「ほんとうにそうだなあ」と納得したので、定着していったのだと思います。

その意味で、ベルクソンの影響を強く受けた井上神父が、頭でイエスの語った真理「について知る」だけではだめで、ほんとうに真理「を知る」ためには、体験しなければならず、そのために「新約聖書は実践指導書(ガイドブック)」である、といっていたことと通じます。わたしは、先ほどの座談会で出た「悲しみは必ずしも癒されることが救いではないのではないか」ということも、イエスのこの説教の逆説――「悲しむ人々は幸い」ということに通じるのではないかと思ったのです。

青野太潮先生の御説を参考にさせていただくなら、このイエスの福音の逆説は、十字架においてイエスご自身が身をもって証することになります。ご存知のように、マルコによればイエスは、十字架上で、あの有名な、不可解な、一見「神の子」らしくない、絶望の叫びをあげて息を引き取ります。

<わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか>(マルコ15・35)

これも古来様々に解釈されてきた箇所です。『ルカ』や『ヨハネ』は、この叫びを「神の子」らしい威厳とやさしさに満ちた辞世の言葉に換えた節もあります。史実は、単に大声を上げられただけかもしれません。井上神父は、死にゆく人の断末魔の意外な叫びだけをあまりにも重視するのは、イエスさまに失礼である、といった見解を持っていました。しかしわたしはこの箇所に関しては、青野先生の御説を支持しつつ、わたしの信じるところを述べたいと思います。

この箇所のショックな点は、まずイエスを「神の子」と告白する福音書にふさわしくないイエスの叫びを(おそらくあえて)載せていることです。すなわち、イエスが「アッバ」(パパ)と呼んで絶対の信頼を寄せていたはずの神に向かって、「自分は一生懸命アッバの御心にそって忠実に生きて来たではありませんか。それなのに最後の最後に、どうしてわたしを見捨てたのですか?!」と、アッバに嘆きとも、疑問とも、不信ともとれる抗議をしているということです。

そしてマルコは、この十字架の目撃者である異邦人のローマの「百人隊長」の口を通して「神の子」宣言をしているのです。つまり、アッバに不信の罪を犯した――自ら罪人となったイエスをこそ、「ほんとうに神の子なのだ」と宣言しているのが『マルコ』なのです。

青野氏は、信仰義認論は、パウロの十字架解釈だ、と言います。どういうことかというと、おそらくイエスに会った事もなく、また十字架の事件に立ち会ってもいなかったであろうパウロは回心前後、イエスの十字架刑死の意味について、一生懸命考え、黙想したのだと思います。

そうして得た結論は、イエスの「十字架」は、直接的にはイエスの生き方の「愚かさ」や「弱さ」や「つまずき」や「(律法による)呪い」を意味するが、しかしそのようにして生きて死んでいったイエスをこそ、神アッバは「よし!」とし、「しかり」を与えているのだということ。すなわち、十字架は同時に真の「賢さ」「強さ」「救い」「祝福」をも、逆説的に意味しているということ。
ローマ書四章五節では、「不信心な者」をそのまま無条件無制限に義とする神アッバが語られています。

<不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。>

ここには、イエスの十字架や死を罪の贖いと信じれば救われる、ということは一切言われていません。「不信心な者を」そのまま「義」とする――「よし」とする――神が受け入れてくださる、ということが大原則になっている。そのうえで、何にも「働きがなくても」そういう神さまを「信じる」=信頼するとき、その信頼がさらに「義と認められる」と言っているのです。例にあげられるアブラハムやダビデの例も、贖いを通しての義ということではまったく言われていない。

そしてイエスは、上のような逆説的福音を説きつつ、ご自身が十字架において絶望の叫びを上げ、「不信心な者」「つまずいた者」「罪人」となられた。「そのようにして」死んだイエスを神アッバは、太古の昔からの御心――無条件無制限のゆるし原則のとおり、「よし!」「しかり」「義」とし、復活させたのです。青野氏は言います。

<すなわち、決定的な救いの出来事としてのキリストの十字架の死は、まさに「弱さ」「愚かさ」以外の何ものでもないのであり、しかもそれこそが、弱く罪深く、そして神なき者が、ただ信仰によってのみ義とされるというパウロの教えに表わされているように、真の救いなのだということである。>(『「十字架の神学」の成立』一八頁、傍点原文)

あるいは、「荒井献氏への批判的対論」のなかでは、次のように述べています。

<いずれにしても、ここ(ローマ八・三b、引用者注)でイエスが「罪」あるいは「罪の肉と同じさま」における存在、すなわち「罪人」と考えられているということの中には、あの十字架の最期において神を疑い、彼自身の上に生起した不条理ゆえに神に抗議するという意味での「罪人」イエスという捉え方の反映はないであろうか。つまりイエスの十字架上の絶叫を凝視することに通ずる捉え方がないであろうか。しかし神は、まさにこの「罪人」イエスをこそ、救済をもたらす者とされたのだ、というのが、パウロの逆説なのではないのか。>(同書、二七三頁)

教会には一般的に、

<この大祭司(イエス)は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。>(ヘブル四・一五)

と伝えられています。イエスの生涯には徹頭徹尾「罪」がなかった、それ以外はわたしたちと同じだった、そのような「神の子」であるからわたしたちを救ってくださるのだ、というのが正式な教会の教えでしょう。

しかし、右に引用したように、イエスを「罪深く、そして神なき者」すなわち「罪人」イエスとして捉えるというのはタブーなのでしょうか? 異端でしょうか? 人間イエスの意図していなかった所で、「なんで私がこんな目に遭わなければならないのですか」と叫んで、嘆いて、自ら「不信心な者」となられたイエス。その「罪人」の頭をこそ、アッバは「無条件・無制限にゆるし」、「よし!」として復活させた。罪の極みまでわたしたちと「同様に」なり、今も「十字架に架けられ給いしままに」「うめき」つつ「共に」いてくださるイエス。

こうしたイエスこそ悲愛の頂点――十字架につけられ、わたしたちを救ってくださる、と言う信仰告白につながるのではないでしょうか。それはアッバにとって、イエスという「作品」における御業の完成です。

わたしたちも、アッバが大事にしてくださった「作品」――人生の完成をめざして、このようなイエスと共に、イエスにならい――弱さと罪深さのなかで、「うめき」つつも「南無アッバ」「南無アッバ」と唱えつづけること、それこそがアッバがわたしたちに望んでおられる生き方なのではないでしょうか。(2016-11-26)

category: 南無アッバの集い&四谷講座

tb: 0   cm: 0

講座・南無アッバの集い

求道詩歌誌「余白の風」

最後の南無アッバミサ

カテゴリ

全記事表示リンク

▲ Pagetop